フォト
無料ブログはココログ

2019年3月11日 (月)

C嬢の「祝賀会兼送別会開催」の巻

 またまた更新が遅れております。仕事、公民館、旅・・・が忙しいわけであります。
 去る2月22日(金)でありますが、予告のとおり、
天然宙(そら)ガールC嬢さん「寿祝賀会兼送別会」が開催されました。
 長野市役所近くの
「味美亭」さんにて、店主のご厚意により貸し切りにしていただき、午後18時からはじまりました。
 まずは乾杯であります。

1 我々は、仕事も年齢も別々ですが、ただ一つ、「星好きな仲間」であります。三々五々、集まってきます。
2 K会長がC嬢に記念品のプレゼント。
3 とてもご満悦のC嬢。ただし、年齢は誰にもわからない!?
4 メンバーが増えてきました。
5 おやおや、酔っ払いが出現しはじめています。お~い、祝賀会だゾ。
6 ダメだ、貸し切りは(笑)。理性を失ってしまう。
7 ついには、当の本人が、このありさま~。
 いや~盛り上がりました~~。普段の観望会より多くのメンバーが集まりました。
 どうやら横浜に嫁に行ってしまうらしく、言ってはいけないかもしれないけれど、地方にとっても、きらきらにとっても貴重な人材だったのではと思います。
 まあ、星好きが集まる天文業界?からは脱退しないでくださいね。そして都会よりも長野の方が星はよく見えますので、たまには顔を出してくださいね。

2019年2月17日 (日)

バレンタインデーの巻

 去る2/14はバレンタインデーでしたね。全国の男性の皆さん、いくつもらえましたか!
 イケメンでもない私も「昔は」たくさんもらいました。さて、どうしてでしょう?

 なぜなら、バブルだったから~~~。(
チコちゃん風)。
 担当先のおばちゃん達から10個とか。スナック行って5個とか(笑)。バブルでしたね。
 
 でも今は時代が変わりました。数を争っている場合ではありません。というわけで、今年の私はこんな感じ。
 

Hako 馬頭星雲の箱。キレイ。ところが、今日食べようとしたら、書斎のウッカリ陽のあたる場所に置いてしまっていたため、少し融けてた~。どうやら、信州にもが訪れそうに。
 Naka_4 EARTHとJUPITERがちょっと融けてます(笑)が、昨年、地球に大接近したMARSは原型をとどめておりました。
 わ~い、嬉しいな。しかもウマイ。幸せでした。

「第十六回長野灯明まつり」開催の巻!

 またまた更新が遅れております。
 これはひとえに、歳をとったから。なのでしょうか(笑)。

 先日、今年も長野灯明まつりが開催されました。何と第16回となります。毎年、一番寒い時季に開催されるお祭りであります。

 早速、初日2/6、仕事を終えてから撮影に出掛けます。もちろん、朝から通勤バッグにはミニ三脚、カメラなどをしたためております。しかし、寒いんで、服装は完全防備であります。

 既に「灯明」が並べられています。ボランティアさんが毎年、設置と撤去をなさってくれておりまして、本当に頭が下がる思いであります。

S1
S2
 この日はラッキーなことに「快晴」。ならば、昨年は20分で断念した「ライブコンポジット」を敢行するしかありません。
 そして意を決して、60分に挑戦することに。
 試行錯誤を終え、シャッターをカチッ。撮影風景はこんな感じ。
Shu1 結局、北極星を入れるために縦位置で撮影することに。
 そして1時間後、できあがった写真がこちら。
S2019020660 ISOは最低のLOW。
40秒×90枚(=3,600秒)のコンポジットであります。この間、推定1,000人以上の人が視野内を歩いていきましたが、低感度のため写りません。上から3分の1、やや右の星たち+ポラリスは「こぐま座」の(ひしゃく型の)星々です。中央の最下部の星の軌跡は、りゅう座の2.7等の恒星のようです。

 しかし、さぶかった~~~。三脚を中央通りのど真ん中に置いているので、蹴とばされないように常に近くにいなければならないわけでありますが、その間、1枚も写真を撮るわけではないので、しゃがんだりして、さも撮影しているようにしたりとか大変でした。おまけにトイレが・・・。

 以下、写真でお伝えします。
Shujiya_hito おなじみの「藤屋御本陳」。こちらは高感度撮影。
Shujiya こちらは低感度撮影。歩く人々は写らない。
Sjizou 「六地蔵」。

 この後、薄暗い善光寺本堂内で
「天然宙(そら)ガールC嬢」とバッタリ。どうやら毎年の宿坊の食事会だったようです。
 2/22(金)には彼女の「(寿)祝賀会兼送別会」が開催されることが決まっており、その話をちょっとだけしました。乞う、ご期待!

2019年2月 4日 (月)

きらきら「定例会」開催の巻

 またまた更新が遅れております。
 去る1月26日(土)、だいたい3カ月に1回開催している
「きらきら定例会」が開催されました。平成30年度の第3回であります。

 今回のテーマは「カメラと望遠鏡の基礎知識」。講師はアルゼンチンタンゴダンサーT氏であります。
 会場の長野市立博物館。こんな感じで16時から始まりました。

S1 プロジェクターも用意されています。
 そして、一眼レフカメラやミラーレスカメラの「絞り」「シャッタースピード」などのお話に。このことは皆さんご存知のとおり、カメラの基礎なのですが、それを実際にプロジェクターで生中継してしまおう!というのが今回のコンセプトであります。
 そして「絞り」の話。

 こちらが、私のOLIMPUS OM-D E-M10Ⅱを使用して実験したときの写真。
S11 こちらが「絞り」をF22にして撮影した写真。近くにある古そうなカメラにピントを合わせ、背景を比べてみます。
S12 こちらが、F3.5の写真。
 注目は、背景のボケ具合。開放にしたほうがボケが大きいことがわかります。これは参考になりますね。
S22 次に、シャッタースピードの実験。こちら、1/20秒ぐらい。 S21 こちらは感度(ISO)を上げて1/200秒。
 ボカしているので分かりづらくすみません。

 そして、この日は「カミングアウト」がありました。
 
天然宙(そら)ガールC嬢がどうやら「寿退社」!おー、きらきらからも「寿退会」
 いや~、いつの間に(笑)。
 
 
C嬢さん!星や月がホント好きでしたね。星や月は相変わらず美しいので、星好き仲間の業界?で今後もよろしくお願いします。
 最後に記念撮影です。
S30 さらに、この後、「高級中華レストラン〇ー〇ヤン」に移動して大宴会。
Sb さらにメンバーが加わり、夜は更けていきました。おわり。

2019年1月24日 (木)

「イプシロンロケット4号機」打ち上げ成功!の巻

 去る1月18日、革新的衛星技術実証1号機である「イプシロンロケット4号機」の打ち上げが成功しました。めでたいめでたい。
 このロケットは、「革新的衛星技術実証1号機」というらしく、どうやら7つの人工衛星が搭載されているようであります。(写真はイメージ)

Sip  そのうちの一つが、人工的に流れ星を創り出す!というベンチャー企業の人工衛星。株式会社ALE(エール)という企業。
 直径10mm程度の特殊な素材の粒をこの衛星から放出し、ある一定の範囲内に人工流れ星をつくる!という計画であります。2020年春に広島・瀬戸内地域で見られるよう、初回の放出を行うらしい。200km四方程度から見ることができる、というほどの精度で放出され、どうやらエンターテインメント的な要素が強いらしい。

 これに対し、天文ファンをはじめ違和感どころか「なんじゃそれ」的な意見がSNSで交錯しているわけであります。

 まずは、(株)ALEの説明。
https://shootingstarchallenge.com/

 そして、反対意見。
http://reflexions.jp/tenref/orig/2017/11/13/2685/

 それぞれ意見があるとは思います。(株)ALEの思いもあると思います。
 私の意見です。(株)ALEは現在のところJAXA等から技術的な支援を受けてようやく衛星の打ち上げに成功しましたが、一切、事業所得は得ていないと思われます。スポンサーに支えられているわけです。
 スポンサーが投資をする、という時点でビジネスなんですね、これは。投資して、その後、資金を回収する、というのが投資です。美しい星空や、ましてや偶然に観ることができる流れ星を投資、そしてビジネスにしてはいけませんね。一定の侵してはいけない領域があると私は思います。
 既に多額の投資がなされていますし、打ち上げちゃったので、どうか、岡島社長さん!これっきりにしてもらえませんか!
 今回のミッションで、正当化している研究の目的のすべてを成就していただき、少なくとも次号は断念して天文少女・少年に戻りましょう!

«1/6(日)、部分日食観測会の巻