フォト
無料ブログはココログ

2017年12月11日 (月)

恒例の「忘年会」開催の巻!

 去る12月9日(土)、恒例の「きらきら忘年会」が開催されました。
 場所は、これまた恒例の
「スナックベニス」を貸し切り。
 この日の参加は、
霧の川中島I氏、県S協会OBのT氏3号、アルゼンチンタンゴダンサーT氏、元博物館プラネのおねいさんA嬢、働くサラリーマンK氏、パートナーコーディネーターY氏・・・このあたりまでは正しいと思うのですが・・・続けます。博物館S氏2号、パートナースマイルC嬢、博物館S氏1号、妙高高原美人R嬢、イケメンパートナーTくん、星のソムリエ公務員S嬢。
 
以上、年齢順でありますが、あくまで推定であります。だいたい、若い方から並べているのか、逆なのか・・・ご想像にお任せします。
 以下、写真にてお伝えします。

S1_3
 やたら陽気に振舞う、星のソムリエ公務員S嬢。最近、よく飲むようになってきた(大歓迎)。
S2
 いつものパートナー2名。
S3
 妙高高原から駆け付けた妙高高原美人R嬢も、何か怪しい。
S5
 元祖、いや失礼。レジェンド、もっと失礼。永遠の美少女博物館プラネのおねいさんA嬢も酔い酔い。
 以上、実況でした。

2017年12月 6日 (水)

「冠着山」登頂の巻!

 先日、12/3でありますが、今年最後の登山!になるのかどうか分かりませんが、とにかく「またとない好天」に恵まれることが確実であったので、なるべく眺望の良い里山を探しました。そして、千曲市の「冠着山(かむりきやま)」に登ってみることにしました。
 冠着山は別名
「姨捨山(おばすてやま)」と言われているわけでありまして、あの、「うばすて伝説」が生まれた山です。標高は1,252m。

 そして急遽メンバーを募ったところ、物質研究系山ガールA嬢と、星のソムリエ公務員S嬢と3人で登ることとなりました。
 

S11015 冠着山のふもとのキャンプ場を10:15に出発。すぐに急坂となり、ぼくのようなおじさんは息が切れます。
 しかし、頂上からみる山々を想像しながら頑張ります。以下、頂上付近から撮影した写真です。
S7 東方向。左に根子岳、右に四阿山。
S10 そして浅間山。真ん中ちょっと左のピークは、先日登った「黒斑山」。
S11 北西を見やれば左から、おなじみ鹿島槍ヶ岳、五竜岳、唐松岳、そして白馬三山。
S12 真北。左は雨飾山山系。右は戸隠連峰、そして高妻山。
S15 左から戸隠連峰、高妻山、焼山、黒姫山と妙高山はやや重なっています。
S28 そして北東方向は、「長野盆地」。左上方の最も高い山は、斑尾山。
S29 さらに長野盆地を望遠で。おー、我が社が何とか確認できる!
S30 もう一回、北アルプス。左のピークは唐松岳。そこから右下に続く尾根が「八方尾根」。
S22 
星のソムリエ公務員S嬢と記念撮影。
S21 
物質研究系山ガールA嬢と記念撮影。なんとなく、私が引率しているように見えますが、実は違うんです。物質研究系山ガールA嬢星のソムリエ公務員S嬢をエスコートしてくれています(笑)。
S23 山頂で3人でラーメンを食す。
S35 そして下山後、坂城町の日帰り温泉へ。 

 この日は星のソムリエ公務員S嬢が運転してくれて、私はと言えば入浴後、早速「一杯」開始。
 
物質研究系山ガールA嬢は、最初は遠慮していたものの、ご覧の生ビールを口にした瞬間、ホンネが出ちゃいました。

 
「うまっ!」

 無意識のまま出ちゃったようです(笑)。その後、次に登る山はどこにしようか、登山談義が途切れることはありませんでした。

2017年11月26日 (日)

「第1回長野県天文愛好者連絡会」へ参加の巻

 昨日、11月25日でありますが、第1回「長野県天文愛好者連絡会」が松本市「あがたの森文化会館」にて開催されました。
 今年度、「長野県は宇宙県」でさまざまなイベントを実施しており、このブログでも紹介してきましたが、その中で、長野県内で活動している天文愛好家で一度集まろう、ということで今回の会が実現しました。
「塩尻星の会」さんが段取りをしてくださいました。この場をお借りし、感謝申し上げます。

Srogo 我々、きらきらは5名が参加。13:00ちょうどの特急しなので松本市に向かいます。この日の参加は、霧の川中島I氏、イケメンパートナーTくん、星のソムリエ公務員S嬢、天然宙(そら)ガールC嬢、そして私であります。しかしながら到着すると、上田市のHさん、同じく上田市のWさん、そして、大西教授もいらっしゃるので、総勢8名での参加であります。
 会場のあがたの森文化会館は旧松本高等学校の校舎で、重要文化財になっております。
 教室のような部屋には、約60名が集合。国立天文台准教授の縣秀彦氏、そして、野辺山宇宙電波観測所の衣笠健三氏、長野高専教授の大西浩次の3名がこの会の「顧問」であります。大西先生は、「ほしくま」のかぶりものを着けています(笑)。

Spb253807 そして12ぐらいの団体および個人で活動している方などがそれぞれ自己紹介します。我々きらきらは、設立の経緯のこと、光害調査のこと、最近ではながはくパートナーと融合し若手も交え盛り上がっていること、などを私がお話しいたしました。
Spb253805_2 自己紹介のあとは、今後のあり方、すなわち、事業の継続性を中心に話し合われましたが、詳しくは、別の機会にお話ししたいと思います。ぜひ、来年もスタンプラリーを実施して欲しいですね。

 その後、松本駅前に場所を移動し、19時から懇親会であります。

S20171125_212011
S20171125_212017_2
 そして、翌日11/26の信濃毎日新聞に早速、掲載されました。S20171126_101817 きらきらは、星好きの仲間です。他の愛好家と交流もしていきたいと思っています。また、活動の原点でもありますが、さまざまなイベント開催により、市民、とりわけ小学生~中学生に夢を与え続けられればいいなと思っています。しかし、あんまり組織づくりであるとか、形に当てはめるようなことをして、星を見る機会が少なくなってしまうことは望んではいません。
 今後ともよろしくお願いいたします。

2017年11月21日 (火)

「長野県天文愛好者連絡会(11/25)」に参加予定です!

 こんばんは。
 イベントへの参加のお知らせです。
 我々、
「しなの星空散歩会きらきら」は、来たる11月25日(土)に松本市で開催される「長野県天文愛好者連絡会」に参加いたします。
 
「長野県は宇宙県」の活動のひとつとして、長野県内で活動している天文愛好家が、初めて、集まるわけであります。
 このような機会を設けていただきました皆さまに、まずは感謝申し上げたいと思います。
 詳細はこちらをご覧ください。
http://ssc01.jp/nagano/index.html

 新聞報道もなされました。
Simg_20171121_0001 精鋭、5名で参加予定です。有意義な、建設的な意見交換ができるよう、がんばってきます!!!

2017年11月 8日 (水)

ライブコンポジット in 日の出埠頭!

 11月6日、実に久しぶりの東京出張。業界の講習会みたいなものへの参加でありますが、出張と言えば定刻、すなわち17時で終わるのが利点。
 というわけで、にわか得意の
ライブコンポジットを試す大チャンスとあって、講習会終了と同時に「日の出埠頭」へ直行であります。果たしてこの場所が良いのかどうか、行ってみるまでは分かりませんでしたが、「ビルなどの夜景、星、飛行機」をライブコンポジットで撮影してみるゾ!ということで現地に18時頃到着。
 しかし、この日は、
トランプ大統領が来日していて、各地で厳戒態勢が敷かれています。駅のコインロッカーやごみ箱が閉鎖。空には常時、数機のヘリコプターが飛んでいます。
 埠頭の観光船乗り場の職員に許可を得て、海辺に三脚を構えます。
Ssuma カメラの後ろ側からスマホで撮影。そして撮れた1枚目がこちら。
1 おなじみ、
レインボーブリッジでありますが、左の橋脚の上方に明るい星が。これは、やはり皆さんおなじみの「フォーマルハウト」(この日は1.17等)。光害が激しいですが、1等星は写ります。トータル5分露出であります。左上部の星は、くじら座の「デネブカイトス」(2.04等

 少しアップでマンションの辺りを撮影。向かって右方向に羽田空港があるとあって、飛行機が頻繁に通過していきます。海上の左半分の光は定期船の光。
 2
 ヘリコプターも写り込みます。3
 撮影中、日の出埠頭に旅客船が入港してきてしまいました。
Spb063399_3
 そして反対側。ビルの上の輝星は、こと座のベガ(0.03等)。手前の明るい帯状の光は、ゆりかもめ。
Spb063406
 夏の大三角形も撮影してみる。(画像処理で協調)
S
 右下がこと座ですが、トリミングしてみます。
Skoto こと座の平行四辺形(3.25~4.34等星)の4つが横になって見えています。そして驚きなのが、ベガの右上に二重線の星が。これはおなじみ
「ダブルダブルスター」(4.59等星と4.67等星)
 というわけで、肉眼ではベガしか見えていませんでしたが、ライブコンポジット撮影では、大都市の東京でも5等星程度までは見えるんです!
Spb063408 もう1枚。ビルの上にベガ、左上はアルタイル。

 というわけで、1時間半ほど埠頭で撮影。寒くもなく、夜景を楽しみながらの撮影でした。おしまい。

«「黒斑山」登頂の巻!