フォト
無料ブログはココログ

2017年9月25日 (月)

恒例の「博物館まつり」開催の巻

 一昨日、9/23(祝)でありますが、恒例の長野市立博物館の「博物館まつり」が開催されました。
 我らがきらきらと天文グループパートナーは総勢10名の布陣でお客さまを「おもてなし」します。
 集合は8:30。博物館友の会の各サークルのメンバーの方々とともに準備にとりかかります。

 我々の作戦。
①昼間なので見えるわけがない「土星」を望遠鏡で見せる。
②晴れたら本物の「月齢2.8の細い月」を見せる。
③北アメリカ皆既日食を望遠鏡で見せる。

 

 まず①でありますが、大好評であります。見えるわけはないのでありますが、我々の看板も偽りが無いわけであります。どうでしょう?
1_2 そして親子連れを中心にお客さまが大勢お越しになります。混んできました。
2 真剣に覗いてくれています。可愛らしい。4 おっと、望遠鏡の先にあるものは???
8
5 霧の川中島I氏と県S協会OBのT氏3号の皆既日食写真も展示されています。昼休みがないぐらいの忙しさでした。
 皆さん、お越しいただきましてありがとうございました。毎年、同じような企画でありますが、楽しんでいただけたでしょうか?

 隣のブースでは「磨臼」(=するす)という昔の道具の実演中。コメのモミ殻が付いた状態から皮をむき玄米にする道具であります。

Sp9232590 そして次は「唐箕」(=とうみ)という、同じく昔の道具の実演中。
Sp9232586 風を送って、コメとモミ殻・塵などを峻別する機械であります。

 このように長野市立博物館のまつりでは、さまざまなイベントが実施されており、一日中いても飽きません!皆さまの、またのご来館をお待ち申し上げております。

2017年9月21日 (木)

サッカー天皇杯!AC長野パルセイロ敗戦!

 今日の話題はサッカー天皇杯。既に、FC東京(J1)、ファジアーノ岡山(J2)を破り、ベスト16入りしている我らが「AC長野パルセイロ」でありますが、昨日9/20、ベスト8をかけて戦いました。
 19時キックオフとあって、KFC(きらきらフットボールクラブ)(笑)の3名は、渋滞をなんとかかいくぐって南長野Uスタジアムに到着。
 今日の相手は、
「ジュビロ磐田」であります。現在、J1の18チーム中、6位という強豪であります。
 S20170920_190738 ナイター試合ということで、美しくライトアップされたUスタジアムのピッチ。J1のチームとの公式試合は初とのことであります。
 やはり、ボールのつなぎ、スピードでは相手が1枚上。しかし、守備が機能して前半を0-0で折り返し。
 後半早々、宇野沢選手が角度のないところからシュートしましたが、残念ながらオフサイドの判定。その後、カウンター攻撃を受け、相手の奇跡的なヘディングシュートが決まってしまい1点献上。
S20170920_201344 その後の猛攻も相手に阻まれ、結局「0-1」で負けてしまいました。
 残念だった!よく戦った!
 3度目のジャイアントキリングはならなかったけど、可能性は感じられた。
 さあ、リーグ戦の戦いに戻ろう。残り全勝だ!

2017年9月 1日 (金)

アメリカオレゴン州コーバリス「皆既日食」の巻(おまけ)

 皆既日食を堪能した後、部屋に戻ってさらに祝勝会であります。しかしながら、次の日、早朝3時にはここコーバリスを発たなければならないので、片づけをしながらの祝勝会であります。現地のテレビも盛んに皆既日食のニュースを流しています。 

 なかなか撮影機材というのは複雑でありまして、例えば、赤道儀やその三脚などはネジなどをはずして分解しないとスーツケースに入らないわけであります。酔い酔いになりながらも何とかスーツケースのフタが閉まるまで片づけができました。 

 夕方からは現場において日本酒で乾杯した仲間を中心にホテルで夕食会。みんないい表情です。非常に和やかであります。

Simg_6998

 そして翌朝、早朝にポートランド空港に移動すると混んでる混んでる。けっこう日食観測目的の方がいるのではないでしょうか。S20170822_054458 そして空路、国内便でラスベガスに向かいます。

  到着すると暑いこと。40度はありそうです。まずはバスに乗って市内観光であります。
Simg_7017

 そしてショッピングセンターのフードコートで昼食。しかしアメリカの食べ物はすべて超BIG!大盛り、特盛りであります。神戸市のティーチャーK氏(写真右一番手前)などは、カレーとナンのセットにちょっともう一品チキンを注文したらそちらにも1人前のインディカ米がついていて、見ただけで満腹。大笑い。
Sdsc_1327

 
 広いショッピングセンター内をおじさんグループがウロウロウロウロ。そこに救世主とも言うべき「ABCストア」が。コンパクトな店の中にさまざまなものが売っています。私はかなりここでお土産をゲットしました。
 
 おまけの割りに話が長くなりますので写真中心にしますね。
 
 宿泊先の「モンテカルロ・カジノホテル」です。バカでかいです。Simg_7098 1階はほとんどカジノになっています。そして街に繰り出します。
Simg_7054_2

 しかし暑いのでこのへんでバドワイザーで一服。Simg_7074
 
 夜は夜で「トリム」というモノレールに乗って「噴水ショー」を見たり、散策です。

Simg_7147Simg_7135

 そして次の日は「グランドキャニオンツアー」。地図好きの私にとっては、まさに憧れの場所。しかし19人乗りの小型飛行機は揺れたり突然降下したりで怖かった・・・。
 
Simg_9497 以下、写真にて。
Simg_7265Simg_7323Simg_7327

翌日、早朝にアメリカを出発。日本時間で825日の14時ごろ、無事、羽田空港に戻ってまいりました。
 

特に、このツアーでご一緒させていただいたメンバーの方々。本当にありがとうございました。T氏と私とでいつも大騒ぎしていたものですから、ご迷惑に感じられた方もいらっしゃるかも知れません。この場を借りてお詫びいたします。またいつかお会いしましょう!ありがとうございました!

2017年8月31日 (木)

きらきらは今年も「リレー・フォー・ライフ」に参加します!

 皆さんこんばんは。ワールドカップ出場を決めましたね!ヤッター!

 きらきらイベントのご案内です。
 来たる9月17日(日)でありますが、
「リレー・フォー・ライフ・ジャパン2017信州長野」に参加します!「リレー・フォー・ライフ」についてはこちらをご覧ください。
http://relayforlife.jp/shinshu_nagano/

 篠ノ井中央公園に夕方集合し、晴れていれば望遠鏡を設置し、参加者の方に楽しんでいただこうかな、と思っています。
 ご都合つく方はご協力をお願いいたします。ただし、深夜になりますのでご留意ください。
Srfj_2


2017年8月30日 (水)

アメリカオレゴン州コーバリス「皆既日食」の巻(その2)

 いよいよ、その2であります。現場はこんな感じであります。まさに「日本晴れ」であります。
S20170821_092950
 こうして入念な準備をしている間にも、太陽はどんどん欠けていくわけであります。
S3
 しかし、何のまねでしょうか。上空に変な小型飛行機が飛んできて、わざと飛行機雲を作っていきます。
 それがこちら。
Sora 美しく?描かれた白い線がぜんぜん消えず、我々の構える場所からちょうど太陽に架かりそうな位置で、大変迷惑であります。
 
そしてこちらは、愛媛県のみかん農家Nが撮影してくださった我々二人の後姿であります。お揃いの日食Tシャツであります。(実はこれ、県S協会OBのT氏3号自作のTシャツで、私は強制的に着用させられているわけであります。)S6

そして、皆既日食といえば、その直前、数秒間にダイヤモンドリングが現れる「第2接触」がクライマックスでありますが、現地時間で1016:53。あと15分あまりとなってきました。この瞬間が楽しみで何年も前から計画し、ウン十万円かけて重い荷物を持ってここアメリカに渡航してきたわけであります。しかもピーカンの快晴。それを思うと感慨深いものがあります。
 

そのときであります。大変なことが起こったわけであります!何と、すぐ横で「梨汁ブシャーッ」とばかりに勢いよく放水が始まったわけであります。いったい何が起こったのでありましょうか!?どうやら、芝生の乾燥防止用の「スプリンクラー」が自動的にニョキニョキ30cmほど顔を出し、放水を開始したわけであります。「???」に包まれる面々。 おそらく10時ピッタリにタイマーセットされていたのでは(笑)。

 なぜか芝生の脇に赤道儀を構えていた運の悪い県S協会OBのT氏3号は、荷物と足元に放水を受けています。慌ててフタ状のものと手ぬぐいで何とか最も近い放水口を覆ったものの、2m間隔で20基ほど設置されているスプリンクラーの猛威が続きます。東風に乗って前方の放水口から霧が舞い上がり、レンズに水滴が着きます。コンダクターのK氏も駆けつけてくれましたが、なす術はありません。これはもう笑うしかありません。そのときの動画はこちら。
(注:音あり1.93MB)
「housui_1.mp4」

 5分ほど噴射してようやく自動的に止まり、やれやれと思った瞬間、今度は前方のハンマー投げの芝生に向け、大量の放水が始まりした。風向きで大量の霧が舞ってきます。
Daihousui 
とにかくえらいことであります。この放水はいつ止まったのか全く記憶にありません。
 
「あと5分です」との時計係さんの声が聞こえます。あと数分でダイヤモンドリングであります。心を落ち着かせるしかありません。

 第2接触直前には「フィルターをはずす」という重要な任務があります。「20秒前」の合図でフィルターをはずした直後、「シャドーバンドが見える!」という県S協会OBのT氏3号の声が。「えっ?」。シャドーバンドとは、第2接触の30秒ぐらい前でしょうか、地面に縞模様が現れ、サラサラと波のようにというか小川が流れるように動くものです。「すごいシャドーバンドだ!」との大声に、本来ならばダイヤモンドリングの撮影に集中しなければいけないのに、思わずスマホを手にして動画撮影を開始してしまった私。もう完全にパニックです(笑)。そのときの動画は下記YouTubeのリンクをどうぞ
 https://www.youtube.com/watch?v=JG1cLYrozsI


 ある意味、貴重な映像が撮れましたが、ダイヤモンドリングは露出不足でこんな感じ。
S

気を取り直して、バシャバシャとシャッターボタンを押し続けます。露出を変えて何枚も何枚も。
Simg_6793
Simg_6803
 もちろん、空を見上げて肉眼でも見ます。重なり合う縁が濃いピンク色に染まり、神々しい姿を見せています。プロミネンスもいくつか肉眼で確認できます。
 外部コロナを撮影し、今度は同時に撮影していたビデオの露出を変え、外部コロナが映るよう調整します。
Simg_6818_3
Simg_6854_3 そして第3接触に備えてカメラの露出を調整しようとした瞬間、接触が始まってしまい、またもダイヤモンドリングはうまく撮影できず!
Simg_6856 時計係さん、どうして第3接触の秒読みしてくれなかったのでしょうか。きっと皆既日食の美しさに没頭して声も出なかったのでしょうか。
 
こうして、パニック状態のなか、皆既時間が終了しました。

Simg_6871_2

 

 何度か見たことのある面々も、皆、口々に、「今回の日食は、かつて見た中で一番すごかった。太陽が燃えていた。」と言っていたのが印象に残っています。濃い赤というかピンクに縁取られた姿は神々しくもありましたが、それより「畏怖の念」と「畏敬の念」を抱かせるものでありました。
 

 ほどなく、「さあ、乾杯しましょう!」との県S協会OBのT氏3号の声が。その右手には900cc日本酒の紙パック、左手には小さめの赤い紙コップが。
 近くにいらっしゃったツアーメンバーが集まり
「乾杯!」
S8
 左から、 愛媛県のみかん農家N氏、神戸市ティーチャーK氏、トカラのリベンジ果たした埼玉T氏、県S協会OBのT氏3号、私=宴会部長、東京在住美人姉妹ならぬ美人従姉妹Mさん、Tさん。(合ってますか?)

 これ、第3接触から10分後のことですよ。 

 私はと言えば、ビデオの撮影だけはうまくいったので、早速、YouTubeに投稿。
こちらをクリック!!!(拡散希望!)
https://www.youtube.com/watch?v=SRAavGQYiQs

とにもかくにも、大成功でありました。楽しいメンバーに恵まれた素晴らしい日食ショーでした。

«アメリカオレゴン州コーバリス「皆既日食」の巻(その1)