フォト
無料ブログはココログ

2017年6月19日 (月)

「プラネタリウムコンサート」開催の巻!

 去る6/17(土)、長野市立博物館プラネタリウムにおいて、コンサートが開催されました。
 この日の出演は、「信州音楽集団 rent, Eure」。長野市立博物館のHPの案内によると、「信州音楽集団 rent, Eure による生演奏とプラネタリウムの美しい星空をお楽しみください。」とのことであります。
 
rentさんとEureさん(いずれも個人ではなく5人ぐらいの若者グループ)の2部構成であります。
 この日のプラネタリウムは
超満員であります。どうやら地元では人気のある音楽グループで、ファンが大勢、ここプラネタリウムに応援に来ている模様であります。
 そして始まり始まり。プラネタリウムを暗くして星空が投影されるなか、演奏が始まります。
 すると、何と心地よい音楽なのでしょうか!
スバラシイ!ホント、2つのグループとも「星空」にピッタリ合うオリジナル曲で楽しませてくれます。そして私は、だんだん「睡魔」に・・・・襲われるわけであります。どうも「睡魔せん!?」。
 いやいや、ちゃんと聞いておりましたよ。
 コンサート終了後は、天気予報に反して?外は晴れているわけでありますから、博物館前庭で観望会であります。

S1 
 少し暗いですが、パートナーコーディネーターY氏のドブソニアンを出して観望であります。木星がよく見えております。
 私はといえば、最近、購入した
「OM-D E-M10 Mark II」によるライブコンポジット撮影の練習であります。初めてであります。
S2 
 まあ、雲が通るたびに途切れる星像でありますが、徐々にいい写真が撮れるよう、機能を覚えていきましょう。
S3 これは、パートナースマイルC嬢が私のカメラに興味を示し、やおら「撮ってみた」写真であります。ちょうど、ボカシを入れなくてもよい、良い写真となりました。そして、もう1枚、傑作です。出演しているのは、だいたいいつものメンバーであります。
S4

「ライトダウンキャンペーン」始まります!

 相変わらず、カラ梅雨と言いますか、今日6/19の長野市の空は快晴であります。
そんな中ではありますが、今年も恒例の
「ライトダウンキャンペーン」が始まります。
 パンフレットはこちら。
S 
 まずは
6/21(水)。この日は「夏至ライトダウン」であります。そして7/7(金)は「クールアース・デー・ライトダウン」であります。日本全国、津々浦々。20時から22時までの2時間程度、一斉にライトダウンします、と言いますか、みんなでライトダウンしましょう!
 そして、昨年同様、長野駅前でイベントが開かれます。19時から
「キャンドルナイトコンサート」であります。みなさん、昨年のように駅前に集合しましょう!
 長野市のHPはこちら。

  https://www.city.nagano.nagano.jp/soshiki/kankyo/17671.html

 そして「未来のために、いま選ぼう~COOL CHOICE~」のHPはこちら。環境について見つめ直したいものです。将来の人類のために。
  http://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/about/

2017年6月12日 (月)

久し振りの「タケノコ狩り」の巻

 確か、6月7日に甲信地方が梅雨入り。その後、パラパラした雨は降ったものの、落ち着いた天気であります。
 そしてこの日、6月11日は、待ちに待った
「タケノコ狩り」の日であります。
 10年ぐらい前でしょうか。我々、きらきらは長野市信州新町にある、北アルプスの眺望が良いこの場所で、ペルセウス座流星群観測会やバーベキューなどを楽しんでおりました。ところが、最近、利用しなくなり、ふとしたきっかけから「よし、行ってみよう!」ということになったわけであります。
 個人の方が自分の土地を切り開き、開放している場所でありますが、何年も行っていなかったので、私はと言えば前日に「下見」をする気合いの入れ様であります。
 一番、気になるのはやはり天気。ところが、その心配をよそに、ほぼ快晴であります。この日の参加者は、だいたいいつものメンバーであります。7人を乗せたセレナ号は、1時間もかからず現地に到着。そして到着直後に撮った写真がこれ。
S1 まさに、快晴であります。何という絶景でしょうか。メンバー全員、ご満悦であります。
 しかしながら、この日は「タケノコ狩り」。いざ、出陣!全員でヤブの中へ向かいます。畑の向こうの左寄りが竹ヤブであります。
 ヤブの中のタケノコはこんな感じ。淡竹(はちく)という種類のタケノコであります。

S2 根元のほうにピントが合ってしまい、見づらいですが、まさに「竹ヤブ」の中に生えているわけであります。けっこうな傾斜があって歩きづらい竹ヤブを何とかゴリゴリ進みます。バラ科植物のトゲが刺さったりします。
 そして、7人が30分ほどで30~40本のタケノコをゲットしました!

S3_2 いい汗をかいた後は、宴会であります。今日のメニューは、タケノコ汁、タケノコご飯、タケノコ焼き、焼肉、そして、ここ信州新町の名物ジンギスカンであります。
 
S5 こんな感じであります。
 そして
天然宙(そら)ガールC嬢は、タケノコで作ったおちょこでスパークリングワインを。S4
 宴会の全体図はこんな感じであります。屋根付きで、何と快適なのでしょうか。何と、アルプスを見るための双眼鏡も設置されています。非常に良心的であります。S6
 ほどなく、料理長=私の作品、すなわち「タケノコご飯」が炊きあがりました!こんな感じであります。何と美味しそうなのでしょうか。S7
 すばらしいコントラストのタケノコご飯の写真であります。
S8 実はイケメンパートナーTくん妙高高原美人R嬢が、そのへんにあるアウトドアグッズで「レフ板」を作ってくれていたのでした。
 というわけで、久し振りの「タケノコ狩り」。大成功の巻でありました。

2017年6月 8日 (木)

「環水平アーク」現るの巻

 私はと言えば、ソフトテニスだけは今も趣味でやっております。会社のクラブに入っていて、若者らと練習をしているわけであります。前にも書いたとおり、7月に県大会がありますので、その大会での優勝を目指して頑張っているわけであります。なお、この県大会は予選などはなく、「出ます!」と宣言すれば出場できる仕組みになっているわけであります(笑)。
 その練習があった
6月3日の土曜日。いつものように長野市北部の我社のテニスコートで練習をしていたわけであります。この日は、上空に寒気が入り、6月なのに肌寒い天気。
 もしや、例のやつが・・・出るかも。それは何らかの原因により、空で起こる現象であります。経験上、それを感じていたわけであります。
 そしてまさに「乱打中」に見えてきました。それがこれ。
S1 これはスマホでの撮影であります。七色が鮮やかに現れています。テニスコートの隣は野球場であります。
S2 これは、慌てて(車で5分の)我が家に戻り、EOSで撮影したもの。かなり濃い色が出ています。後方の雲の位置、濃さがめまぐるしく変化し、環水平アークの七色の濃さもその都度、変わります。
 そしてテニスコートに戻ります。

S3 拡大するとこんな感じ。練習している仲間に、これは珍しいからスマホでの撮影を勧めます。
 夕方の民放ニュースで、このような見え方の部分が放映され、これを「彩雲」と言っていましたが、それは間違いです。ちゃんと「環水平アーク」と言ってくださいね、NBSさん。

S5 何回か見ている現象でありますが、今回のものは、色が濃く出ていました。後方の雲の出方で、環水平アークの見え方も変わることを、よく理解できました。
 毎年、5月~7月に見られる現象です。まだまだ見られるチャンスはありますので、昼間も「空」に注目です!

2017年6月 5日 (月)

「家観望会」実行の巻

 最近の夜と言えば、月と木星が絶好の観望時期を迎えております。というわけで、6月1日(木)の夜、今シーズン初となる「家観望会」を実行いたしました。
 まあ、暖かい時季に年間数回以上やっておりますので、珍しいわけではありませんが。ただし、気まぐれであります。
 しかし、家の配置の関係、また、となりの道を隔てた3階建てのアパートの関係で南中付近に対象がいないとダメなわけであります。

 GP赤道儀・三脚は車に積んであったので、あとはMT-130を乗せて電源をつなぐ程度の軽作業。
 
Sp6010902 そして現在83歳の父親と81歳の母親を庭に招待します。既にパジャマに着替えている模様であります。頭には1本の毛も生えていないように写っておりますが、耳の上から後頭部にかけては奇跡的に毛が生えている状況にあります。天頂?付近は何も生えていない状況にあります。(将来、不安な筆者であります。)
 Sp6010904 まるで記念撮影のように構える父母。どうやらカメラを向けられると、それなりの恰好をしなければならない、そういう時代を生きてきた模様であります。「自然体に!」と5回ぐらい言ってもこのとおり。
 しかし、この老夫婦、意外や意外。星が大好きなのであります。ものすごいリアクションで喜んでくれるので、このような機会を増やしたいと思っています。

 ところで、この日の月齢は6.7ということで、ほぼ上弦。
 LV-4mmだと200倍になりますが、老夫婦とともに月を観望していると、奇妙な谷のような構造を発見。スマホでの撮影ですがこちら。
Stuki1 左下にナイフで切り付けたような細い谷が。
Stuki2 中央やや上部の谷。調査したところ、
「ヒギヌスの割れ目」という谷だそうです。
 ほどなくガスが出てきてしまい、観望会は終了であります。
 お気軽なこのような観望会の機会を増やしたいと思っています。

«パルセイロトップチーム、富山に辛勝!