フォト
無料ブログはココログ

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月 4日 (月)

光害調査地点選定会議 in 博物館

 4月3日は、きらきらの本拠地、長野市立博物館にて、今年度以降の光害調査地点の選定会議がありました。

 「しなの星空散歩会きらきら」は平成4年(1992年)に発足し、翌平成5年(1993年)以来、毎年4、5月に、継続して長野市内の光害の調査を行ってます。

調査地点はいまや250地点(登録されている地点全て合わせると400地点以上・・・)となっていますが、会員の減少傾向と、年々着実に進行する、平均年齢の高齢化(!)を踏まえて、今年度のきらきら総会で、調査地点を「もうちょっと減らさない?」ということで、絞り込むことになったのでありました。

 そして4月3日の選定会議に至ったわけです。

 会議参加者は「きらきら」生みの親 O氏、そして創立以来のメンバー、S会長、きらきらレーサーT氏、そして私(=M氏3号。一応、副会長ということになってます)。

 選定の基準は、第一に「地点がまんべんなく散らばること」。

 やはり、これが大事でしょう。ただし、中心市街地は、調査地点が近くても変化が出やすいため、密度を濃くして、郊外に行くに従って、散らばりが「疎」になるようにしました。

そして選定基準の第二は「会員の住まいに近いこと」。

 これも大事ですね。

 まんべんなく散らばるようにしたくても、調査候補地点の近くに会員がいない場合には、除外せざるを得ません。何といっても、光害の調査は継続がモノを言いますから、とにかく継続しやすいことが「いちばん」です。

 選定基準第三は「過去の調査実績があること」。

 まあ、これも当然でしょう。調査地点を絞り込む以上、過去の実績が(ある程度)あることも、継続性の観点から大事です。

 継続性と言えば、我が「きらきら」は、光害調査の成果として、平成11年と平成19年に「星空の街・青空の街全国協議会会長賞、団体部門、天の川賞」を受賞しております。

 このうち、平成19年の受賞時の模様は ↓ に載せてます。

http://skyquest.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-3956.html

 こうした成果も引き継がないと、諸先輩方に申し訳ないことになるのであります・・・。

 そんなわけで、調査員は12名、全36地点が「必須調査地点」として選定されました。

 もちろん、余力があればこれ以外の地点も調査する、という前提ですが、一人3箇所は必須として、「スカイ・クオリティ・メーター」で3回計測、結果をS会長にメール又は郵送で報告、S会長は自作のプロッターで、「長野市光害マップ」を作成する、ということになったわけです。

 調査開始は今月下旬から。このブログでも結果を発表していきますので、是非ご覧ください。

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »