フォト
無料ブログはココログ

« きらきら「炭火愛好会」BBQの巻 | トップページ | 「乱視」の話 »

2011年5月15日 (日)

「炭火焼き星見キャンプ」の練習

 星見に欠かせないものと言うと、皆さんは何を思い浮かべますか。

 まずは望遠鏡。これは当然でしょう。接眼レンズや星図、星雲星団のガイドブックなど、観望に必要な「付属品も含めてですが。

 次に挙げろと言われれば、個人的には「お酒」と来るのですが、車に望遠鏡を積み込み、自分で運転して日帰り、というパターンが多いので、残念ながら「星見酒」ができる機会はあまり多くありません。

 そうなるとコーヒーとか、体を温める飲み物が次に来るのでしょうね。

しかし・・・。

私の場合には断然「炭火」が来るのです。

私が「炭火」にハマるきっかけになったのは、ご存知M氏1号、2号と、数年前に戸隠で星見キャンプをしたことです。今日はその話をしましょう。

秋本番で、すっかり晴れ上がった、とある土曜日の夕方、私は「今日は星がよく見えそうだ」と、M氏2号に戸隠行きを持ちかけました。

M氏2号と言えば、「宴会部長」として名高いアウトドアの達人であります。

M氏1号も誘い合わせて、急遽戸隠に「星見キャンプ」に行くことになったのでした。

戸隠に着くと、M氏2号は手際よく、バーベキューコンロに着火財を置き、それに「屋根」をかけるように「竹の炭」をかぶせていきます。

この着火財、キャンプ用のジェルなどではなく、何と、よく「忘年会」の宴席などで見かける、卓上コンロ用の固形燃料です。

M氏2号(宴会部長)によれば、「これで十分」なのだそうです。

炭を組み終えたら、すぐに点火。

炭っていうのは、火が十分につくように、勢いよくウチワで扇がねばならないと思ってましたが、M氏1号も2号も

「放置プレイ」。

「ウチワで扇がなくていいの?」と聞いてみると、お二方とも「必要なし」のお答えでした。

実際そのとおり、何もしなくても、着火財の上に屋根のように覆いかぶせた竹炭には、どんどん火がつき、勢いよく炎が上がり始めます。

「よっしゃ。炭に火がついたぞ!」 しかし、M氏1号も2号も何も焼こうとしません。

「焼かなくていいんですか?」と聞いてみると、やはりお二方とも「オキ火になってから焼くからいい」という話で、この間には勢いよく上がる炎でお湯を沸かすことに専念している模様。

やがて炭火が「オキ火」になったところで、ようやく肉を焼き始めます。

 M氏1号が、ジンギスカン(羊肉ですな)の入ったビニール袋を切ります。

・・・が、普通、家ではまな板で「ひとくちサイズ」に切ってからフライパンで焼くのですが、何と、M氏1号はビニール袋の中の肉片を切らずに、そのままどんどんバーベキューコンロの上に乗せていきます。

 

「え・・・!? そりゃ肉片がデカ過ぎでしょ。切らなくていいの??」と思ったのですが、炭火で焼くと何ともおいしくて、でかい肉切れをかぶりつきで「ハフハフ」食べると、これがまた何ともウマいのです。

 別に細かく切らなくたって、炭火で全体を柔らかくしてしまえば、とてもおいしく、贅沢にいただけることが実感できたのでした。まぁ、アウトドア好きならば、この辺は常識なんでしょうね。

 肝心の星見のほうは、戸隠について1時間程度で曇ってしまったので、M31アンドロメダ大銀河やM39散開星団、M27あれい状星雲、M57リング星雲くらいを見れただけだったので、不満が残るものになってしまいました。

 それで余計に炭火の印象が強く残る結果になったのかもしれません・・・。

 私が「炭火」にハマってしまったのは、それからです。

 さすがに家の中で肉を焼いてしまうと、煙がすごくて、「煙感知器」が作動して消防車が来てしまいそうになるので、肉は駄目です。魚も駄目・・・。

 ではどうするか。

 今のところ、お勧めは、「ウインナー」(皮なしタイプが特におすすめ)、鮭のホイル焼き、エリンギ、しいたけ、焼きおにぎり、お餅あたりです。エリンギやしいたけは、醤油を垂らして焼くと、まさに絶品です。

 これなら、ほとんど煙も立たないし、問題はありません。

 そして、存分に焼いて舌鼓を打ったら、最後にサツマイモを輪切りにして、アルミホイルで包み、炭に突っ込みます。

10分から15分で、いい匂いがしてきますので、その段階で爪楊枝などで刺して、容易に突き通れば「完成」です。

 このサツマイモがまたおいしいんですね。

 このくらいの火加減になってくれば、「焼きマシュマロ」もお勧めです。

 あぶる位の焼き方で十分です。外側はパリパリ、中はとろーり溶けてるマシュマロはおいしいですよ。

 ただ・・・。これは「いつか星見に行ったときにやりたい」と思って「ときどき家で練習」しているのですが、いっこうにそれが実現せずに来てしまいました。

今年こそは、「炭火焼き星見キャンプ」を実現しようと思っています。

というわけで、本日も「星見キャンプの練習」ということで、家の中で(換気には十分注意しつつ)、ウインナーとシイタケの炭火焼きを楽しんでおります。

いつか「実践」したいと思いつつ・・・。

« きらきら「炭火愛好会」BBQの巻 | トップページ | 「乱視」の話 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「炭火焼き星見キャンプ」の練習:

« きらきら「炭火愛好会」BBQの巻 | トップページ | 「乱視」の話 »