フォト
無料ブログはココログ

« 2012年3月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年5月

2012年5月21日 (月)

部分日食ご近所観望会

5月21日(月)、本来ならば、宴会部長M氏2号を中心とした遠征部隊に参加しているはずですが、仕事の都合で長野市を離れるわけに行かず、やむを得ず自宅近くでの「ご近所観望会」と相成ったのでした。

長野では食の最大は7時35分ごろで、9割近くが欠けて見えます。

6時30分、窓から「日食グラス」で見てみると、一部が欠けてます。

と、そこへかねてより約束をしておりました、ご近所の方が呼びにこられましたので、早速8cm屈折を自宅前の駐車場に設置。

口径を4cmに絞り、太陽投影板を取り付けて、導入します。

大勢で見る場合には、たぶん、これが一番ですね。安全な上、写真に撮るのも楽だし。

折よく、黒点も見えています・・・が、このサイズだと「日食グラス」では見えないでしょうね。

「黒点を初めて見た」という方もおられ、「投影板」作戦は成功のようです。

だんだんご近所のみなさんが集まってきます。その数20人以上に達し、ちょっとしたイベントになってきました。

持参の「日食グラス」も人から人へ渡り歩き、大活躍の模様。

ここで私から日食観望会では定番(と思われる)提案をします。

「穴の開いたものをお持ちになれば、その影の中に、欠けた太陽が見えますよ。」

ということで、ご近所さんが「穴あきオタマ」を持ってこられました。

早速試してみます。

おお!ちゃんと欠けた太陽がオタマの影の中にいくつも見えます。

これが結構インパクトありまして、みなさんこの光景を携帯やデジカメで撮影しておられました。近くの木漏れ日の形も「綺麗な三日月」の形になってます。

やがて7時35分。食の最大です。

この頃になると、さすがに空が少し暗くなり、寒気まで増してきたような感じを受けます。みなさん、一様に「空が暗くなった」と言っておられました。

ここで残念ながら、私は出勤のためタイムアウト。

望遠鏡を撤収し、自転車で出勤です。ご近所さんも喜んでおられたようで良かった・・・。

出勤途上、木漏れ日があれば必ずチェック。だんだん太陽が太りだしている模様。

職場に付く頃にはかなり太陽も太ってきていました。

・・・ところで、遠征部隊のほうですが、下見に行った静岡は曇りの予報ということで、予定を変更。群馬に出動し、無事「金環日食」を堪能できた模様(うらやましい・・・)。

今年、私はちょっとツイてなくて、金星の太陽面通過の6月6日も仕事を抜けられないということで、大変残念であります・・・が、今回は天候に恵まれ、長野でもかなりの欠け具合で、金環の雰囲気を感じることはできたのでありました。

2012年5月 3日 (木)

金環日食「下見ツアー」の話

 4月28日、29日、宴会部長M氏2号の発案で、5月21日に迫った「金環日食」の下見ツアーに、静岡方面に「出動」いたしました。

参加者は宴会部長M氏2号のほか、「日本酒命(ニホンシュノミコト)」M氏1号、アルゼンチンタンゴダンサーT氏、そしてM氏3号(私)の4名。

日食ファンでもあるM氏2号が、事前に入念な調査を行い、「中心食帯」がどこを通るかを書き込んだ地図を準備してくれました。

この中心食帯の中心に近いほど月は太陽の真ん中を通り、金環日食が「綺麗なリング」に見えるのであります。

 まぁ、そんなに「ど真ん中」でなくたって、あんまり変わらないらしいですが・・・。

 ということで、一行は一路、山梨・静岡方面へ移動。

 途中、身延山久遠寺に立ち寄り、少し戻って、本栖湖では「千円札の裏面どおり」に、朝霧高原では本当に間近に見える、富士の眺めを楽しんだ後、「宴会部長地図」が指し示す、「中心食帯ど真ん中」の名所「三保の松原」を目指します。

 宴会部長号搭載の「混んでいる方面の太い道へ、何が何でも案内しようとするカーナビ」と格闘しつつ、B級グルメで有名な「富士宮やきそば」を食べ、白糸の滝を観光しつつ、車は東海道五十三次で有名な「由比」に到着。

 ここで国道1号に入り、次いで同じく五十三次の宿場町「興津」を過ぎ、やがて静岡市清水区(旧 清水市)の中心街に入ります(ここは「ちびまる子ちゃん」の舞台になったところですね)

 道中、宴会部長は、さかんに「生の桜エビと、しらす丼が食べたい」と主張するも、沿道にはそれらしき店がなかなか見当たらず・・・。

 あの辺でデカイ看板を出せば、吸い寄せられるように観光客が集まると思うのだが・・・。

 とか何とか言っているうちに車は三保に到着。

いよいよ当日の日食撮影適地を探します。

海岸沿いの開けた場所を見つけ、トイレが近いことも確認。いくつか「候補地」を選定できたのでありました。

翌日は「三保の松原」を観た後、「日本平」に立ち寄り、東海道五十三次の宿場を一路「江戸方面」へ。

かの安藤広重の描いた浮世絵「東海道五十三次」の中でも「傑作」とされる「保永堂版」を思い浮かべながら走ります。

「興津」(力士を運ぶ人足の絵ですね)を過ぎ、「由比」(海に迫った山から富士を眺める旅人が印象的です)と来て、冬景色を描いた名画として知られる「蒲原」を通過、「吉原」に次ぎ「画面からはみ出るばかりの富士山」が大迫力の「原」近くで国道一号を降り、五十三次ではないけれど、これまた有名な「千本松原」へ。

この「千本松原」もまた、金環日食「中心食帯」の「ど真ん中」であります。

海岸沿いには和歌にも歌われた「田子の浦」が一望できる、見通しのよい場所もあり、「ここも撮影地の候補にできるね」と一同納得。

その後は沼津港の「魚〇し寿司」でおいしい寿司をいただきます。

ここで宴会部長もようやく「生の桜エビ、生しらす」を堪能でき、満足の様子。

食後はGWの観光客で賑わう、沼津港付近のお土産店などを一回り。

目の前で揚げてくれる、「揚げはんぺん」(マヨネーズがよく合います!)も堪能。

こうなってくると、やっぱり海が近いって言うのはいいなぁと思いますね。

長野は海がないからなぁ・・・などと思いつつ、海産物を土産に帰途に着きます。

途中、これまた中心食帯直下の「裾野市」を通過、山中湖、河口湖を経由して、長野に引き上げたのでありました。

・・・ところで。

はなはだ残念でありますが、私は金環日食当日、仕事の関係で長野市を離れることができないのでありました。

「下見に行っといて何だ」という話なんですが、残念であります。

次に金環日食が日本で見られるのは2030年6月1日

北海道中央部で見られるそうです・・・って遠いなぁ。時間も距離も・・・。

まぁ、また機会はある(?)ということで・・・。

「しなの星空散歩会きらきら」総会

3月24日(土)、すっかりおなじみになった、飯綱町のペンション「ハローララ」「しなの星空散歩会きらきら」の総会がありました。

参加者は「きらきら」創設時以来のメンバー、O氏( ↓「古戦場花火大会での“ゲリラ観望会”」で登場)、

http://skyquest.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-f66a.html

 そして、博物館のKさん( ↓ の「恒例のえびす講花火大会」で登場)、

http://skyquest.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-42d9.html


さらに名古屋からはるばる参加のK氏(さきの双望会で「超広角病」を発症した(と思われる)方です。詳細は ↓ をごらんください・・・)、

http://skyquest.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/2011-db96.html

そしてT氏2号( ↓「中条道の駅での「いきなり観望会」」で登場)、

http://skyquest.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/index.html

 その他、「きらきら」の事務を支える(ことになった)I氏、さらに新人の「K氏2号」が初参加するなど、賑やかになりました。

もちろん「きらきら」S会長、日本酒命M氏1号、2号、3号、ダンサーT氏も参加です。

この日、私はというと仕事の関係で残念ながら「ちょい参加」しかできず、レポートしようにも「ネタ」があまりないのが残念ですが、ひさびさに顔を合わせるメンバーもありまして、なかなか中身の濃いものになったのでありました。

一応、当日の決定事項を書きますと、役員(会長、副会長)は留任、事務局はI氏にお願いする旨、そして(お約束の)決算認定と予算案の決定・・・といったところです。

総会後は恒例の「大宴会」です。

しかし・・・。

私はというと、残念ながら「とんぼ返り」で家に帰らねばならず、車の運転のため「アルコールなし」という何よりつらい宴会となったのでありました。

・・・だからというわけではありませんが(いや、あるかも?)、曇ってて星も見えないしということで、早々に撤退。

家で飲みなおしつつ、「これはあんまりレポートできる内容はないな~」ということで、(予告しておきながら)アップがここまで遅れたのでありました・・・。

・・・恐縮です。

« 2012年3月 | トップページ | 2012年7月 »