フォト
無料ブログはココログ

« 2012年7月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年8月

2012年8月28日 (火)

「胎内星まつり2012」に参加!

8月24日(金)~26日(日)、恒例の「胎内星まつり2012」に参加してきました。

参加者は「日本酒命(ニホンシュノミコト)」M氏1号、宴会部長M氏2号、アルゼンチンタンゴダンサーT氏、観望会担当M氏3号(私)、T氏のアルゼンチンタンゴダンサー仲間(現地集合しました)のMさん、Nさん御夫妻、Aさでした。

 例によって金曜日の夕刻、宴会部長号にアウトドア用品一式と積み込み、現地へ出発です。

 高速道路利用で夜11時過ぎに星まつり会場に到着。

 

星まつり一日目の夜は、各ブースとも明かりがなく(本番はやはり二日目なので・・・)、光害がなく、満天の星空が広がり、天の川も見えていました。

 これだけの星空を前にして、何もみない手はない・・・はずなのですが、何せ眠く、宴会部長の13センチ反射でいくつか星雲星団を流し見て撤収、夜食の「カップラーメン」を食べてそのままテント泊。

 翌日からは「星まつり本番」となりました。

 以下は「印象に残った順」のイベントです。

○アクアマリン・コンサート

昨年はボーカルのSACHIKOさんが「オメデタ」のため「お休み」になりましたが、昨年9月に無事男の子を出産されたようで(おめでとうございます!)、晴れて星まつりに復帰です。

やはり星空コンサートのメインです(と私は思う)ので、復帰を楽しみにしておりました。

特に印象的なのは、やはり代表曲の「COSMOS」ですね。

合唱曲としても有名です。

ところで、この「COSMOS」の歌詞には、「君も星だよ」というくだりがあります。

確かにそうなんですよね・・・。

というのも、宇宙誕生の当初は、「水素」しかなかった(らしい)のですが、宇宙誕生以来、150億年にわたり、星が「核融合」をしたり、時には「超新星爆発」を起こして、鉄や金やカルシウムなど、様々な元素を作り出した結果、現在この世を構成するあらゆる物質が生み出されたといわれてます。

要するに、地球上の海や山や川、そこに住む動植物も、もちろん人間のどなた様も、「全て星が燃焼して作り出した元素で出来ている」わけで、COSMOSの「君も星だよ、みんな、みんな・・・」とか、「君のぬくもりは、宇宙が燃えていた遠い時代の名残(なごり)」、さらには「100億年の歴史が、今も体に流れてる」という歌詞は、「確かにそうなんだよな~」と、こういう事情をよく知る天文ファンにとっては、まことに心に響く詞なわけであります。

○太陽

 というわけで、「現在燃焼中の星」、太陽であります。

 アクアマリンなどの星空コンサートに先立つこと6時間、真昼間の灼熱の中、見るとすればやはり太陽しかないでしょう・・・ということで観望。

結構「黒点」も見えていて、活発に活動していることが伺えます。

この超高温の中で、水素と水素が核融合して「ヘリウム」という元素を生み出しているわけですね。

太陽表面には、地球のサイズよりも大きい(と思われる)大型の黒点も出現してます。

これは星まつりの「国際光器」ブース前に設置してある、バーダープラネタリウム社の「アストロソーラーフィルター」を装着した望遠鏡で見たのですが、これとは異なり、世の中には「プロミネンス」を観望できるフィルターもあります。

代表的なのはコロナド社の「コロナドフィルター」。

胎内星まつり会場でもデモ展示されてます。

これで太陽を見ると、アーチ型のプロミネンスが連なって見えて、素晴らしい眺めです。倍率を上げると大迫力!

このプロミネンスは、30分くらい経ってから見ると、形が変わっているのが分かります。

天文ファンの中には、太陽にハマっている方も結構おられますが、確かに面白くて、見てて飽きないですね。 

○ダブルダブル・スター

こと座にある、肉眼では一つの星に見えて、望遠鏡の低倍率では二つの星に見え、高倍率にするとそれら二つの星が、それぞれ二重星になっているのがわかる、という大変面白い星です。

星空コンサート終了後に、星まつり会場に設置の「ビクセンFL」屈折で見ると、見事に4つの星が分離して見えていました。

このFLは、私にとっては憧れの「フローライト」素材を使った屈折望遠鏡で、「いつかは欲しい」と思っているものであります。

想像以上の素晴らしい見え味ですね。

その後、高橋製作所のTOA屈折望遠鏡でもダブルダブル・スターを見ました。

こちらはFLよりも口径が大きいだけあって、ちゃんと4つの星に分離しているのが分かります。

これらの望遠鏡の性能からすれば、容易な対象なんでしょうが、私の25cmドブソニアンだとこうは見えてくれず、142倍で見ても、星と星がくっついて、雪だるまのようになっているのが見えるだけだったりします(泣)。

まぁ、25cmドブソニアンは、そのぶん、密集した球状星団を個別の星々に分解するとか、渦巻銀河の「腕」をみるとかのように、何よりも大口径が必要となる対象には強いんですけどね・・・。

 星まつり本番の二日目、お昼には、定番の「牛串」が登場します。

M氏1号 ニホンシュノミコト様が、手馴れた包丁さばきで牛ステーキを切り、串に通してネギマと一緒に七輪で焼き、皆で存分に堪能。

夕方にはT氏のアルゼンチンタンゴダンサー仲間も到着、メガド○キ○ーテで購入の「メガ盛り牛肉」を投入。炭火焼肉大会となりました。

残った牛肉は「牛丼」へ・・・って、どんだけ牛肉食べるんだよツアーになったのでありました。

今回は宴会部長が料理長なだけあって、このほかにもサラダやカレーライス(言わずと知れた牛肉入り)も出てきます。

さらにはT氏持参のスイカも出てきて、これらを「つまみ」に、白ワイン、赤ワイン、日本酒等々が乱れ飛ぶ宴会が深夜まで続き・・・。

 三日目になると、さすがにメンバーも疲労が見えてきましたが、朝の「カレー焼そば(しつこいようですが牛肉入り)」で元気を取り戻し、福島回りで、T氏イチオシの「白河ラーメン」を食べて、長野に引き上げたのでありました。

2012年8月12日 (日)

AC長野パルセイロ応援ツアーの話 ~ その2 ~

8月11日(土)、地元長野のサッカーチーム「AC長野パルセイロ」のJFL公式戦(HONDA FC戦)の観戦に行ってきました。

参加者は、日本酒命(ニホンシュノミコト)M氏1号、宴会部長M氏2号、M氏3号(私)の3名に、宴会部長の同僚Aさん

権堂発の「まちなかシャトル」で行ったのですが、観戦のチケット(通常1,000円です)と往復のシャトル代込みで1,500円と格安。

「まちなかシャトル」車内には、窓にパルセイロ選手のサイン入り写真が貼ってあり、雰囲気出てます。

車中、土橋アンバサダーが、選手に関するクイズやエピソードを話してくれるという趣向で、サービスいいじゃん!

しかも、土橋さんにじゃんけんで勝った12名には、ハーフタイムに選手のサイン入り写真が貰えるという、おみやげつき(どの選手のものかは抽選で)。

結果はというと、最初の三回はグー、チョキ、パーを全て出してくれるというアンバサダーのサービス(たまたまかも?)に助けられ、M氏1号、3号(私)がいただくことになりました。

ちなみに宴会部長は「読み過ぎ」がタタり、4度に渡り土橋アンバサダーと「あいこ」になり、サイン入り写真には届かず。

じゃんけんをしている間に、シャトルバスは会場の南長野運動公園球技場に到着。

前にも書きましたが、ここはピッチと客席が非常に近く、臨場感あるサッカーを見ることができます。

本日は、長イス座席が一杯のため、芝生に座り込んでの観戦。

この芝生席は、傾斜が緩いので手前が見えにくく、せっかくの「ピッチと客席の近さ」を活かしきれていない状態・・・。かといって芝生で傾斜がキツかったらズルズル滑ってしまう・・・。

 今日の観客数は2,500人超だったそうですが、あのスタジアムにしては結構埋まっている状態です。

芝生でギチギチに詰めれば、もう少し入ると思うけど、そんなに余裕はないよね・・・。

AC長野は毎試合観客3,000人を目指しているそうだけど、こういう条件の中での話なので、そりゃなかなか難しいよね。もう少し、ちゃんと席に座れるスタジアムにすれば、もっと来る人が増えるんじゃない? という話をしてました。

少なくとも我々のようなサッカーに疎い、天文同好会の「やじうまリピート率」は確実に上がりそうであります・・・。

チームの方はというと、AC長野パルセイロは現在JFLの首位、対するHONDA FCは5位。相手も強いです。

しかも、このHONDA FCには前回のアウェーゲームで0-4と大敗してますので、今日はその雪辱戦ということになります。

AC長野のゴール裏サポーターは、オレンジのレプリカユニフォームを着て、でっかい旗を振りながら、皆して飛び跳ねたり、鳴り物を鳴らしたり、始終歌を歌ったりで、なかなか大変。

すげーな・・・。まぁ、あの人たち若いからいいけど、この暑い中、同じことやれと言われたら、M氏1~3号全員、10分で「ダウン」確実な運動量だったりします。

 浜松から来られたHONDAのサポーター(遠いところ、よく来てくれました!)も、所狭しと横断幕を張り、声を張りあげてました。

 我々はというと、例によって例のごとく、一杯やりながらの観戦です。

宴会部長M氏2号は白ワイン、私は赤ワイン(このへんはお約束)。

しかし、最近体調を気づかっている(らしい)M氏1号「日本酒命(ニホンシュノミコト)」様は、あろうことか、「焼酎の麦茶割り」という、似合わないこと、この上ないブツを飲んでおりました。

・・・がしかし、やはり「ミコト様」がこれで済むはずはなく、帰りにミニパックの日本酒を旨そうに飲み、「やっぱり日本酒はうまい」とご満悦でありました・・・。

肝心の試合ですが、前半15分、向選手のゴールに続き、37分には宇野沢選手もゴール。

やはりホームゲーム。ゴールのたびにスタンドは大いに盛り上がります。

前半終了のあたりで、「今日は勝てるぞ!」という雰囲気になってきました。

 後半もゴールラッシュが続き、終わってみれば5-0の圧勝!

 試合そのものの描写はむちゃくちゃアッサリしてますが、これが天文同好会の限界というものでありましょう。・・・恐縮です。

 そういうわけで(?)、前回の0-4敗戦を十分に補って余りある結果に満足し、ハーフタイムにM氏1号は今日2ゴールの向選手の、M氏3号はGK諏訪選手のサイン入り写真をいただき、意気揚々と祝勝会に出かけたのでありました。

2012年8月11日 (土)

切手の話 ~ その2 ~

今日は「原村星まつり」の日です・・・が、本日は、長野市民祭り「長野びんずる」と重なるうえに(まぁ、これは毎年のことですが)、遠征部隊の中心となる宴会部長M氏2号が、「びんずる」に職場ぐるみで参加決定・・・。

という状況で、さらに「月が盛大に明るくて、せっかく原村に行っても星雲星団はほとんど観望できないし、BBQだってこの間やったしなぁ・・・」ということで、「今年はお休みするか・・・」と自宅で大人しく骨休め(いいわけ?)。

 そんなわけで(?)、久々に戸棚から切手のストックブックを取り出して、5倍ルーペで眺めます。

切手の図案は本当に様々で、有名な浮世絵や絵画、彫刻、国宝の数々、各地の国立公園、国定公園の風景、動植物、さらに海外の名画や世界遺産まで、次々に綺麗な図案を堪能でき、眺めていると何だか幸せな気分になってきます(お手軽な人間なもので・・・)。

それに、切手を眺めていると、いつどこで買った(あるいは、親に買ってもらった)ものか、浮かんできますね。

 例えば「特殊教育100年記念切手」

大きな手が子どもたちを包み込んでいる、暖かい印象の図案の切手は、「私が郵便局で初めて購入した記念切手」だったりします。

 さらに「佃公彦」さんが描かれた「ラジオ体操50年記念切手。

 これは「ながの東急」に常設の切手販売コーナーがあった小学生時代(ちょうど切手ブームでした)に、親にねだって買ってもらったものです。

 このときは、「既にその月の小遣いを使い果たしている」という状況下、買い物をする親から少し離れた切手店の前で、ガラスケースの中を眺めながら、行きつ戻りつ、意を決して無心した覚えがあります。

 そのほか、近所の本屋(切手ブームのころには、本屋でも記念切手が売っていた)で、小遣いをはたいて購入した国宝「法隆寺」の切手高かった・・・)や、「松陰百年祭PTA大会記念切手」(ちょうど小遣いの残額ギリギリだった・・・)が目に付きます。

 実のところ、大人になって、切手趣味が復活してから買ったものの方が、いわゆる「有名な切手」は多い(「月に雁」や「見返り美人」など)んですが、思い出に強く残っているのは、「そんなに有名じゃないけど、子ども時代に苦労して入手した切手」のほうなんですよね。

 そんなわけで、同じ切手であっても、その価値というのは、たぶん人によって異なるんでしょうね。

切手の市場売買価格は「切手カタログ」に載ってますけど・・・。

 まぁ、「切手を眺めながら、なにやら思い出してニンマリするの図」というのは、傍からみて、「ちょっと引いてしまう」光景かもしれませんが・・・。

« 2012年7月 | トップページ | 2012年12月 »