フォト
無料ブログはココログ

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月22日 (月)

宴会部長、環水平アークの撮影に再度成功!

宴会部長より、7月21日に再度「環水平アーク」の撮影に成功したとの一報が入りました。

 今度のは前回に比べて(ちょっと)薄めですが、ちゃんと写ってます。


 今度は加えて「日暈(ひがさ、または、にちうん)」の撮影にも、併せて成功した模様です。

 以下、同氏よりのレポートを掲載いたします。

---------------------------------------------------------

またまた、環水平アークの撮影に成功しました。

本日は高校野球観戦。母校長野高校vs長野日本大学高校という北信のライバル校同士の戦いを見に、なんと諏訪湖スタジアムまで行ってきました。近所の長野県営球場でやってくれればいいのに~。

長野高校が0対8と大きくリードを許し、迎えた7回裏の攻撃。6回までに打ったヒットは、私が得意?なソフトテニスでも難しい、カットされた小フライが2塁ベース前に落ちるという内野安打1本のみ。

敗色濃厚、しかもコールドだよ。そんな場面で、相手は11番のピッチャーを出してきました。


 こういうときこそチャンスが。フォアボール、センターオーバー3塁打、内野ゴロ・・・

 3分で2点を取り、コールド負けを回避・・・。

どうして試合経過をこんなに克明に説明するかと申しますと、あのままコールド負けしていたら今回の撮影はできなかったと思われるからなんです。

7回裏、2点を返したのが11:25。8回表の相手の攻撃が始まって間もなく、環水平アークが出現したのに気づき、バックネット裏で撮影ができないため、慌てて撮影できる場所に移動。発見時より七色が少し薄くなっていましたが11:35頃、何とか撮影できました。周りの高校生には、何を撮影しているんだろうと不思議がられましたが・・・・。

先日の環水平アークも12:10なので、昼ごろの太陽高度が高いときに現れるんです。


 今日は「日暈(ひがさ、または、にちうん)」も出ていました。これは太陽から22度離れたところに出る、よく見るやつです。天気が下り坂の前兆と言われています。

日暈が22度、環水平アークが46度、それぞれ太陽から離れた場所に見られるのは、上空にある氷の結晶が六角形であるため、六角形ならではのプリズム効果で規則的に同じ場所に現れるんだそうで、ここではその説明を割愛させていただき、機会があれば報告します。

なお、試合は2対8で長野日本大学高校が勝ち、4回戦に進みました。数年前、甲子園で2勝したチームなので、甲子園目指してガンバレ!!!


環水平アーク

20130721a

日暈(ひがさ)

20130721b

2013年7月20日 (土)

炭火焼BBQとAC長野パルセイロ観戦の話

13日(土)は、ひさびさに炭火焼きBBQをやろうということで、宴会部長M氏2号、日本酒命(ニホンシュノミコト)M氏1号、アルゼンチンタンゴダンサーT氏、観望会担当M氏3号(私)で、長野市内某所にて、「七輪BBQ」を敢行いたしました。

例によって例のごとく、メ〇ド〇キ〇ー〇で肉野菜、そして「飲み物」を仕入れて「某所」へ移動。本格的にBBQ宴会を開宴いたしました。

 本日のメニューは至ってシンプル。牛肉一直線。プラスアルファで焼きモロコシ」という状態でありました。

 やはり炭火焼肉はうまいの一言。醤油を塗った焼きモロコシもイケてます。

 箸が進む進む。酒も進む進む!

 そして気が付くと、やはりいつもの如く、単なる酔っ払いの集団が出来上がっていたのでありました(酒を飲まない(飲めないとも言う)T氏を除く)。

 本来であれば、BBQのあと、T氏が本日の担当を務める「いいづな歴史ふれあい館」「星空観望会」になだれ込み、久々に星空を堪能する計画だったのですが、ここで日ごろの行いが出て、空は曇るばかり。

 午後3時半頃に至るも天候は回復せず、ついに観望会は中止と決定(星の禁断症状が出てきてしまった。そろそろ、満天の星空のもと盛大な観望会をやりたいものです・・・。)。

 失意に沈む中、宴会部長から発案。「AC長野パルセイロ対FC琉球の試合観戦」であります。

 キックオフは4時からなので、前半戦途中からなら十分に見れるじゃん!

 ということで、速やかに宴会場を撤収、一同、宴会部長号に乗り込み、南長野のスタジアムに向かって出撃。

 運転手は、「今年こそ、“きらきらレーシング”の名前で、エコマラソンに参戦する」と決意表明した、アルゼンチンタンゴダンサーにしてレーサーのT氏。

 さすがレーサーT氏。やはり速い! 気が付くと南長野に到着です。なんという速さだ!(ヒント:私が酔っていた)。

 試合は前半途中で0対0のまま。早速入場。観戦開始です。

 FC琉球は、昨年までAC長野を率いられた薩川さんが監督を務めてます・・・ということで、ちょっと複雑な気持ちになりますが、やはり地元チームに勝ってほしい!!

 後半に入り、一同はオレンジ色のサポーターが集団で飛び跳ねたり歌ったりと熱心に応援を繰り広げるゴール裏へ移動(楽しそうに見えたもので・・・)。

 試合のほうは、何度か惜しい場面を経て、ついに今季セレッソ大阪から期限付き移籍の岡田選手がゴール!

 これが決勝点となって見事1対0で勝利!

 勝った! ということは、お約束の勝利のラインダンスが始まります。

 選手がメインスタンド、バックスタンドに挨拶を済ませ、いよいよゴール裏に挨拶に来られます。

 ここで選手も、サポーターも、肩を組みまして、いよいよラインダンスの始まりです。

 ララララ ラララ~ ラ~ラ~ なぁがぁのぉ~ 

 楽しそうです。酔っ払いの目には、にわかに宴会が始まったように感じます。

 宴会となれば、参加しないわけにはいかんでしょう!

 ということで、宴会部長以下、我々も見よう見まねで「ラインダンスもどき」を開始。

 ただ、やはりそこは体力のないオヤジ、しかも酔っ払い。大して飛び上がれないので、皆ほとんど靴底が地面から離れることなく、途中コケそうになりながら、左右にズリズリ移動しただけで終了・・・。

 はた目には、何ともあやしい動きに見えたことでしょう。

 が、本人たちは、これで結構ご満足です。

 ということで、当初の予定は変更となったものの、牛肉と酒で膨れた腹(若干トウモロコシ入り)を抱え、勝利の余韻にひたりつつ、一同家路についたのでありました。

〇追伸

 宴会部長M氏2号より、「彩雲」の撮影に成功したとの一報が入ってまいりました。以下同氏のレポートを掲載いたします。

-----------------------------------------------

 先日、環水平アークを目撃し、写真とともに報告いたしましたが、今度は「彩雲」に巡りあい、撮影できました。

 2013年7月11日(木)、この週は早い梅雨明けのせいで日本列島全体が猛暑。いや、猛暑だから梅雨明け宣言した?

 とにかく午後からは環境ISOを取得しているオフィスに勤務する私は喉がカラカラに。その思いは皆、同じらしく飲み仲間のM嬢と喉を潤しに行くことに。

 そしていつもより早めにオフィスを出て長野駅前を目指して歩き始めたところ、6日の梅雨明けが、ちょい早すぎたんじゃないの?

ぐらい不安定っぽい雲量の多い空に、「七色に光る雲」を見つけました。

 この日の日没は水平線で19:03。長野市中心部は西側に「旭山」なる標高785mの山が聳えていますが、撮影時刻の18:21は、当然日没前。写真下部の屋根は、長野市庁舎です。撮影はまたまたギャラクシーSⅢです。

 ところで、「週間長野」という毎週土曜日にタダで信濃毎日新聞に折り込んでくるタブロイド版の地方紙には、6月22日の「環水平アーク」を「彩雲」と紹介しておりました。撮影者兼投稿者が誤った見解だったのかも知れませんが、ちょっと残念です。

 環水平アークは太陽の下方向46度付近に現れるため、6月22日のは明らかに「環水平アーク」なのです。

 撮影時刻の6月22日の12:11の長野市における太陽高度は75.9度。そこから46度を引くと高度約30度に現れたこととなり、認識と一致しています。

 まあ、空ばかり見ていて側溝に落ちないようにしたいなあと思っております(汗;;;)

 ちなみにM嬢は、すごいね!と言いつつも足早に駅前を目指して10mほど前方を歩いておりました。ほどなく喉を十分に潤させていただきましたので、報告を終わりにしまーす。ぼくよりお酒強いんです・・・。

201307111821

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »