フォト
無料ブログはココログ

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月31日 (土)

善光寺御開帳「にぎわいイベント」の「まちかど星空観察会」日程が決定しました!

  ちょっと久し振りになってしまいました。
 
 先日以来、お伝えしております善光寺御開帳「にぎわいイベント」「まちかど星空観察会」ですが、先日の話し合いを経て、市の担当者にお伝えしてまいりました。ご協力ありがとうございました。
 日程などが下記のとおり決定しましたのでお知らせいたします。
 

 名称が標記の「まちかど星空観察会」になりました。
 
実施場所が「セントラルスクエア」に正式に決定しました。
 
開始時間は時期により異なるので、パンフレットや専用ホームページでは、「日没のおよそ30分後から開始」としました。
 
同じく天候に左右されますので、「曇天・雨天の場合は中止」と記載してもらうことにしました。

 
問題の駐車場も何とかスタッフ用駐車場を確保できそうです。

正式な実施日は以下の9日間です。開始時間は「およその予定」を表示しています。まだ、パンフレットやホームページ上では紹介されていませんが、そのうち掲載されると思われます。

 

実施予定日

開始時間

主な観望対象

善光寺の行事

4月4日(土)

1800

月(皆既月食)、木星、金星

前立本尊御遷座式

4月24日(金)

1830

月、木星、金星

 

4月25日(土)

1830

月、木星、金星

中日庭儀大法要

4月28日(火)

1845

月、木星、金星

 

51日(金)

1845

月、木星、金星

 

52日(土)

1845

月、木星、金星

 

522日(金)

1900

月、木星、金星、土星

 

523日(土)

1900

月、木星、金星、土星

 

530日(土)

1900

月、木星、金星、土星

 

例年の御開帳期間中の例では、明るい時間帯は大賑わいの中央通りも、夜になると店も閉まり、閑散としていて寂しかった、との意見が多数寄せられたとのことで、 「まちかど星空観察会」が期待されているようです。みなさま、ご協力をよろしくお願いいたします。

2015年1月19日 (月)

金星、水星が大接近!

 信州の冬は、ホントさぶいですねえ。正月太りが治らない今日このごろです。
 先日、話題の
「ラブジョイ彗星」についてはお伝えしましたが、「すいせい」は「すいせい」でも、惑星の「すいせい」。すなわち「水星」が観望好機を迎えています。

 1月15日に東方最大離角となった、水星ちゃん(親しみをこめて)。
 しかし水星ちゃんは、太陽に近いため、最大離角の頃でも地平線からの高さが非常に低いわけであります。かの有名な「地動説」を唱えたコペルニクスは、生涯に一度も水星を見たことがない、という噂があるくらいです。コペルニクスさんはポーランドという緯度の高い場所で観測していたから、とも言われています。

 ところが、長野からは見えちゃうんですねえ。しかも今回は、金星と大接近!
0112 

 今回、金星と水星が大接近した1月11日は残念ながら天候に恵まれず、翌1月12日に撮影しました。
 しかしながら、ラブジョイ彗星と同様、我が家のベランダからの撮影なので、実はこんな感じです。電柱と電線をかいくぐっての撮影でした。

0112_2

2015年1月13日 (火)

速報!ラブジョイ彗星見えてます!

 最近、世間を騒がせているラブジョイ彗星
 会社から帰宅し、
さきほどから我が家のベランダで撮影しております!現在、オリオン座の縦長の長方形を形成する右上のγ星(1.6等星ベラトリクス)と、天頂に近いおうし座α星(0.9等星アルデバラン)、そしてラブジョイ彗星が二等辺三角形を形成しています。南の天頂近くを眺めると、ベラトリクスとアルデバランが富士山の左斜面、アルデバランとラブジョイが右斜面、ベラトリクスとラブジョイが広い底辺って感じです。
 今現在、ラブジョイ彗星は、天頂近く、そうですねえ南を向いた角度で75度から80度ぐらいですかねえ、南中を少し過ぎたあたりを宇宙遊泳しております(笑)。

 なんとか撮影できましたので、超速報版でお送りします(撮影時刻20:31。いま21:21。)
 ただし、ベランダなので極軸合わせができず、ピントあわせもままならない状況での撮影です。歩けば揺れるし(汗;)。

Photo 我が家の古いビクセン130mm反射望遠鏡の直焦点にて撮影。焦点距離720mm、ISO1600、25秒露光。

 ついでと言っては何ですが、M42も撮影してみた。やっぱ、明らかに光害が激しいです。ISO3200、10秒露光。
Photo_3
 以上、速報を終わります。もう少し撮影して撤収予定です!
 
霧の川中島I氏からもメーリングリストで情報が入っています!外に出ることができる方は双眼鏡で十分見えるので、見てみよう!

2015年1月 7日 (水)

善光寺御開帳のとき、本堂と回向柱をライトアップ!?

 ご覧になった方も多いと思いますが、昨日、1月6日の信濃毎日新聞1面に「夜空に輝く回向柱、本堂と合わせライトアップ」なる記事が掲載されていました。
 「なぬ?」と複雑な気持ちで記事を読みました。
 「複雑な気持ち」とは、なかなか説明が難しいのですが、第1に、とりあえず
「光害」が増えるのかな、と。悲しい性(さが)です。第2に、にぎわいイベント「街角観望会」への影響はあるのかな、と。
 では、記事の要旨を見てみましょう。

 「長野市の善光寺が、今春の御開帳の期間中、夜間に本堂と回向(えこう)柱をライトアップすることが5日、分かった。御開帳期間中では初の試み。御開帳では日中に参拝客が長い列をつくるため、
混雑を和らげ、夜間の参拝で宿泊客などの増加にもつなげる狙い。(中略)ライトアップは御開帳期間中の毎日、日没後から午後9時まで実施する。善光寺信仰の基となる「極楽浄土」をイメージし、本堂などを金色に照らすという。普段は夕方に閉める本堂外陣も初めて午後9時まで開放する。(中略)同奉賛会によると、過去最多の673万人が参拝した前回(2009年)の御開帳では、回向柱に触るための行列が最長500メートル以上になった。奉賛会は北陸新幹線(長野経由)金沢延伸などから、今回の参拝者の目標を700万人超としており、混雑対策も検討していた

 整理すると、日没~21時まで金色のライトアップを行う。その理由は、美しさとかではなく、混雑を和らげるため。ということでしょうか。

 
 となると、街角観望会への影響がかなりあるということになります。つまり、
観光客が夜間にも大勢訪れる可能性があるということです。観望会はセントラルスクエアで実施すると思いますが、準備を周到にしておいたほうがよさそうですね。

2015年1月 3日 (土)

謹賀新年!

 皆さん、明けましておめでとうございます。

Photo 
 

 新年早々、「ダイヤモンド槍ヶ岳」を狙ったものの、カスってしまった私ですが、本年もよろしくお願い申し上げます。(直前に自分がだいぶ北にいることが分かり、急いで南に車を走らせたが、住宅やら電柱やら邪魔で僅かに遅れてしまった!)
 明日は、さらに南に移動しなければならないことになる。まあ、天気次第でしょうか。
 ちなみに東の方へ目を向けると、笠ケ岳がピンクに染まり、月齢12.3のお月さまが煌々と輝くすばらしい光景でありました。
Photo_2
 さて、本年は、いろいろな天文現象や、天文に関するイベントがあります。天文現象としては、4/4の皆既月食、7/上旬の金・木・月の競演、10/2アルデバラン食などがあげられますが、詳しくは天文ガイド、天文年鑑等をご覧ください。なるべく、このブログでもご紹介していきます。
おーっとその前に、三大流星群のひとつで1月4日がピークの
「しぶんぎ座流星群」がありますので晴れたら空を見上げてみましょう。お手許に1月3日の長野市民新聞がある方は、博物館S氏1号執筆の記事が詳しいです。
 あとは、昨年、諸般の事情で行かれなかった星祭り、双望会などの仲間との交流もがんばらないといけませんね。
 あとはトレッキングとパルセイロの応援も・・・。

 

 既報の、善光寺御開帳の「にぎわいイベント」街角観望会のお話を掲載したところ、早速、須坂の方から 「私もぜひお手伝いさせてくださ~い!」というメールをいただきました。ありがたいことです。近日中に、打ち合わせをしたいと思ってますのでよろしくお願いします。何かご意見のある方は、このブログにメールくださ~い。成功させましょう。

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »