フォト
無料ブログはココログ

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月29日 (水)

「まちかど星空観察会」実況の巻

 数え年で7年に1回(つまり、6年に1回・・・未年と丑年)の盛儀、善光寺前立本尊御開帳も、あと32日で終わりです。というか、まだ25日目。
 この御開帳にお越しになるお客さまをおもてなしする「にぎわいイベント」のひとつ
「まちかど星空観察会」は、昨日まで4回開催しましたが、連日、大賑わいなわけであります。ありがたい限りです。(つまらない情報ですが、反省会も4回開催されたわけであります。)
 初回、4月4日の皆既月食のときには曇ってしまいましたが、善光寺阿弥陀如来さまのおかげでしょうか、4/24、4/25、そして昨日4/28の3日間は晴れまして大賑わい。
 望遠鏡で半月近い月をご覧になった折、「こんなの初めて見た~~~。」「うわ~ブツブツが凄~い」「マジ、これやばいっす」
などの
歓喜きわまる絶叫が街に響くわけであります。
 その中で秀逸だったのが、
「うお~地球みたい!」。きっと、このご婦人は月ぐらい遠いところから地球を見たことがあるのでしょうね。きっと。想像ですが。
 

20150425 連日、ここ、セントラルスクゥエアでこんな感じでやっています。先日お伝えした「看板」が絶大なる効果を発揮しております。目印は県S協会OBのT氏3号のオレンジ色のC8シュミットカセグレン望遠鏡。そして須坂市S嬢の32cmドブソニアン望遠鏡、アルゼンチンタンゴダンサーT氏の元祖ツインボーグ双眼式屈折望遠鏡でしょうか。
 そして、「スマホで月が撮影できます!」という小さな看板がさらに人を呼び込むわけであります。
 スマホでの撮影、これが私の主な任務であるわけでありますが、いままでの晴れた3日間で数百台のスマホで撮影することができました。統計的に言うと圧倒的にiPhoneのシェアが高いことがわかりました(笑)。iPhoneはちょっとアンダー気味に写るのでマニュアルで明るめにして撮影します。
 
「一生の記念になりました。」「御開帳に来てご利益(ごりやく)がありました。」なんて言われてしまうと仕事の疲れも飛んで、毎日でもやっちゃうゾ、と思ってしまいます。ありがたい限りです。(金曜などの平日、ほとんどのスタッフは仕事を終えてからやっています。私とかパートナーTくんはネクタイ姿で奮闘しております。)
 回向柱のライトアップに向かう方が帰りにもお寄りいただいたり、近所のコンビニのバイトを30分繰り上げて、見に来てくださった方もいらっしゃいます。

20150424 看板の横には巨大な「旗」。これは長野市の門前町大縁日実行委員会様に特別に製作していただきました。これも絶大なる効果です。
  あと5回、5/1、2、23、24、30にセントラルスクゥエアでお待ちしておりますのでぜひぜひスマホを持ってお立ち寄りくださいませ。

2015年4月27日 (月)

北信州の花。春爛漫。

 ようやく、北信州にも本格的に美しい花を見ることができる季節がやってまいりました。やっぱり信州は寒いから遅いんですよね。
 東京のソメイヨシノが開花してから、早1ヵ月。
 

 で、平地のサクラは散ってしまったのですが、まだまだ「満開」の花がたくさんあるんです。 

 というわけで、今回は小布施のカメラ女子S嬢とともに、春爛漫の信州の花の撮影に行って参りました。もちろん、仕事の一環です。S嬢は我が社の撮影班です。 

 天気予報も晴れの連続なので、朝7時半に集合。早速、高山村の有名なサクラに向かいます。まずは、黒部のエドヒガン。これはいいですえ。1本サクラ?と思いきや、右後方奥のサクラと重なってボリュームアップ(笑)。
1
2 そして、水中の桜。有名な美しいサクラです。枝を支える木とかがなくてもボリュームがあるわけであります。今回、少し遠くから狙ってみました。
3 私が開発(自作)した「自撮り棒」ならぬ、「伸縮棒」で、撮影を試す小布施のカメラ女子S嬢。の後姿。これは、先日、善光寺に取材に行った折、観客が何層にも重なっていてほとんど撮影ができなかった経験を踏まえて、少しでもいいので高い位置から撮影できるように開発した逸品。いや、単なる一品。ウオーキング用のポールを使用。小布施橋の小布施側付近は、八重桜、ハナモモ、菜の花の花盛り。とても美しいです。地元、NBSのテレビクルーが撮影に来ていて、カメラマンさんと顔見知りだったのでご挨拶しました。

4 そして飯綱町に移動し、有名な「袖之山のしだれ桜」。ここも多くの人が訪れていました。その中に、私の父親がいました。ちょっとビックリ。
5 その後、飯綱リゾートスキー場の傍らの水芭蕉園にて。美しすぎるわけであります。
6 水芭蕉園の中はこんな感じです。
 地元の方々が水芭蕉を大切に育て、保護し、かつ、木道を安全に設置してくださっているのだと思います。おかげさまで、このような美しいものを拝見することができました。地元のみなさん、ほんとうにありがとうございます。
 ここで、またまたNBSのテレビクルーの方にお会いしてビックリ。放送局も注目するほどの春爛漫の場所を撮影しまくって、S嬢も私も大満足でした。
 

2015年4月23日 (木)

まちかど星空観察会の看板ができました!

 いよいよ、「まちかど星空観察会」が本格的に始まります。

 ご協力をお願いいたします。

 とりあえず、中央通りからセントラルスクゥエアにお客さまを誘導するための看板が完成しましたので、披露します。
 こんな感じです。高さ1メートルほどある結構大きなものです。
 4/24(金)、4/25(土)、4/28(火)、5/1(金)、5/2(土)と断続的に開催しますのでよろしくお願いします。

Photo_2

きらきら、お花見の巻

 去る4月19日、きらきらのお花見が開催され・・・る予定となっておりました。

 と、と、ところが、またまた天気が早めに崩れ、本来であれば須坂市臥竜公園で満開の桜の下で、私、料理長がたこ焼きやら焼そばやら腕を振るう予定でありましたが、断念せざるを得ない状況となってしまいました。

 私はと言えば、早起きして、長野マラソンのスタート地点である東和田運動公園に取材に行き、その足で、いやそのチャリで、落合橋まで行って給水ボランティアをこなし、そして楽しみにしていた「きらきらお花見」を迎えるはずであったわけであります。
Takahasi 選手にエールを送るスペシャルゲストの高橋尚子選手。おーピンクが似合っておるゾ。

 前日は既報のとおり登山に善光寺の取材。その日に○○歳を迎えた私にとって、忙しいの一言でありましたが尚子パワーでがんばりました(意味不明)。
 で、天気が崩れたので、しかたなく会長の発案で昼間からカラオケになったわけであります。年に1-2回は行くジャパレンのカラオケに集まったのは6名。
県S協会OBのT氏3号は、お花見に備え、朝から「おでん」を大量に煮込んだ(仕込んだ?)とのことで、カラオケに持込みです。持込み自由なので合法的ですが、鍋ごととは・・・・。まっ美味しかったからいいか。
 Photo 全員、顔出しOKの許可もらったので、載せちゃいます。
 来年は晴れますように。

2015年4月22日 (水)

善光寺前立本尊御開帳、夜の部の巻

 若穂太郎山に登って、いわゆる「膝が笑っている」状態でしたが、にぎわいイベントの「まちかど星空観察会」の下見に善光寺に行ってみました。なぜ、下見かと申しますと、翌週の4/24(金)、4/25(土)と2夜続けて観察会を行うわけでありますが、25日には同じセントラルスクゥエアでカクテルナイトなどのイベントが同時進行するわけでありまして、その混雑感や場所のイメージを把握するためであります。
 「星を見る」。そのとなりで、コンサート?的なイベントなんて大丈夫?と思う方もいらっしゃると思いますが、天体望遠鏡を使えば相当に明るい場所でも、月や惑星ならぜんぜん大丈夫なんです。
 それでは下見の模様を写真にてお伝えします。

Photo_2
 まずは仁王門。おーどこかで見たような角度!
 答えは大本願前からの撮影です。

Photo_3
 山門(三門)の向こうには、宵の明星が。その上部にはぎょしゃ座の五角形も見えています。
Photo_4 そして「回向柱」。先端右に木星を入れました。柱の左側にはしし座のレグルスとかも写っていますよ。

Photo_5 帰る頃には仲見世も人はまばらになっていました。

若穂「太郎山」トレッキングの巻

 既報のとおり、4月の上旬から中旬にかけては天候不順で、降雨量が平年の1.8倍だったとのこと。
 ようやく晴れてくれた4/18、前から行こうと思っていた若穂にある里山、
「太郎山」に登ってきました。今回の同行は、昨年、根子岳に一緒に登った会社のM部長。

 上田市にも太郎山があるらしいのですが、長野市若穂の太郎山は標高996.9mということで、身長1.7mほどの私が山頂で1.4mほどジャンプすれば(不可能ですが・・・)ちょうど1,000mという山であります。
 朝8:15に九品仏で有名な蓮台寺を出発。4,000mで2.5時間との表示があります。

 と、登り始めて5分でいきなり登山道がなくなる!というアクシデントが。
 登山道が間伐した枝で埋め尽くされていて、やむなく道無き道を登るハメに。休む休み30分ほど急峻な坂を登り、ようやく尾根に出ました。

 尾根に登ると木々の間から善光寺平の景色が眼下に見えてきます。ここからは写真中心でお送りします。
1 まだ標高は低いですがこの眺望!
2 途中の「ダルマ岩」。雪だるまのような高さ3mほどの岩。
3 遠く戸隠連峰を臨む。
5 「こしき岩」という高さ6~7mある岩。ここに登って向こう側を見ると善光寺平が一望できる絶景。
6 そして2時間半あまりで山頂に到着です。まだ11時前ですが、おにぎりをパクリです。
 7 右下の集落は「山新田地区」。まるで箱庭のようです。その向こうは須坂市方向。左上は飯縄山。
 
8 須坂市方向をアップで。右手の山際の桜は「大日向観音堂のしだれ桜」。
9 そして下山し、蓮台寺に戻ってきました。蓮台寺の桜も満開です。しかし、下りがきつかったです。
Photo おまけに、さきほど山頂から見た須坂市の「大日向観音堂のしだれ桜」。地元の方が、お茶とか漬物とかおもてなししてくれました。疲れをいやしてくれました。
 

2015年4月13日 (月)

きらきらの総会開催される!

 去る4/11(土)、「しなの星空散歩会きらきら」の総会が開催されました。
 年に一度のこの総会、一応、議長選出から始まり、会計報告、議案審議、役員改選、などが議決される厳かな会であるわけであります。
 主要メンバーならびにパートナー合わせて10数名が土曜日の夜の「権堂」に集まりました。
 1時間ほどの会議で、役員も基本的に留任で特に問題なく議案が承認され終了しました。

 その総会に、今までの写真や会報のストックを整理しなければならないということで、きらきら発足以来の20数年分の写真を霧の川中島I氏に持ってきていただきました。
 みんな当時は若かったね。でも、ときが止まったように
博物館K嬢だけは変わりないね、などと「よいしょ!」しつつ思い出話をしながら宴会は盛り上がりました。なんと、このタイミングでK嬢は博物館を退職いたしまして、言うなれば、普通のきらきらの会員になったわけであります。

 しばし飲んでいるとお開きになってしまったわけでありますが、最後にどういうわけか私がブログ担当ということもあり、20数年分の写真を預かってきてしまったわけであります。
 その中には相当に昔の写真も含まれているわけでありまして、このブログを通じ、差し障りのない範囲内で紹介していきたいと思います。
 総会の模様はこちらです。今年度もみなさんよろしくお願いします。盛り上げていきましょう!
 
Photo

2015年4月10日 (金)

「高田城百万人観桜会」に出動!

 4/9、強行スケジュールで、日本三大夜桜のひとつとして知られている、「高田城百万人観桜会」に行ってまいりました。今年の春は「何か変?」。暖かい日が続き、平年より1週間以上早く平地のソメイヨシノが咲き始めた割りに、満開後の天気が悪い、気温は低い、おまけに雪が降る始末で、私のようなサラリーマンは大したことはないんでしょうが、プロ、アマを問わず、カメラマン泣かせなのではないでしょうか。
 そうなれば、自分で努力するしかないわけでありまして、会社から帰ってからアマチュアカメラマンS氏3号とともに、強行スケジュールで高田に行ってまいりました。
 観桜会の期間中は、約3000個のボンボリや出店がすごいです。高田城もライトアップされ4千本の桜がほぼ満開。お堀の水面に幻想的な風景を映し出します。上野の恩賜公園、弘前城公園とともに日本三大夜桜の一つです。
 まあ、地元、須坂市の臥竜公園の夜桜も見事ですが、やはり高田公園は平日の夜なのに、仕事仲間やカップルなどで大混雑なわけであります。
 長野市付近の天気は崩れ気味でしたが、高田はピーカンの晴れというわけで、桜と惑星のコラボが撮影できました。

1 まずは、お堀と橋と金星。美しい光景です。
2_2 桜の枝の先に木星です。あとは、おまけ2枚です。
とても格調の高い桜を撮影することができました。

3お城と噴水。
0_2満開の桜とお城。
明日は天気がよければ、高遠に向かいます!!







 



 

2015年4月 6日 (月)

にぎわいイベントでの「皆既月食」観察会の巻

 いよいよ善光寺前立本尊御開帳が昨日4月5日から始まりました。57日間の御開帳期間中、700万人の観光客を見込んでいるとのことです。

 その前日の4月4日、我々の企画「まちかど星空観察会」の第1回目を開催しました。ちょうど皆既月食が起こるということで準備万端。集まったメンバーは、アルゼンチンタンゴダンサーT氏、「日本酒命」(ニホンシュノミコト)M氏1合、霧の川中島I氏、県S協会OBのT氏3号アルゼンチンタンゴダンサーK嬢、久々登場のドブソニアンS嬢、小布施のカメラ女子S嬢、急遽参戦してくれたT嬢、N氏ご一家、そして宴会部長M氏2号の私、という豪華絢爛なメンバーがセントラルスクゥエアのメモリアルパークに集合し、来るべき大勢の観光客を迎える準備を整えたわけであります。望遠鏡は史上最多の7台が集結!
 が、早くもトラブル発生!
 月が既に昇ってきているはずなのに見えない!わけであります。なんと、真東にあるビルが邪魔しているわけであります。移動できる望遠鏡は何とか少し南に移動して視野を確保し、まだ欠ける前の満月を入れることができたわけであります。
結果として、この満月だけでも見ることができた方はとてもラッキーでありました。つまり、そのときの空は東の低空を除いて結構濃い雲に覆われていたのでした。
 しかし、「普段のおこない」が良いのでしょうか。濃い雲の中から2~3回ほど欠けた月が顔を出してくれました。
 それを
県S協会OBのT氏3号が何とか写真に収めました。
Photo 
 こんな感じでセントラルスクゥエアで観察会やってました。記念撮影です。
Photo_2
 晴れている時間があまりにも短い皆既月食でしたが、仲間の連帯感を強くしました!都合が悪く応援できなかったメンバーからも応援のメールをいただきました。あと8回、にぎわいイベントがありますのでよろしくお願いします。次回は4/24、4/25です。
 この後、早めに撤収して
反省会会場にて反省?していると、須坂は晴れてる、小布施は晴れてる、博物館もまあまあ見えているとの緊急連絡をいただきましたが・・・残念ながら対応することはできませんでした。

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »