フォト
無料ブログはココログ

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月26日 (火)

一夜山、奥裾花自然園トレッキングの巻 その①

 月曜日から金曜日まで働いているサラリーマンの私にとっては、土日は「ひとときの休息」でありますが、最近は忙しいわけであります。去る5月24日(日)は、会社の先輩M部長に誘われてトレッキングを強行したわけであります。
 というのも、前日は曇るはずの
「まちかど星空観察会」が催行でき、おまけに24日(日)も曇りの予報だったのが、朝、天気予報を確認すると長野県の北部は晴れになっているではありませんか。ほどなく、先日、太郎山に登ったM部長から連絡が入り、長野市から北西方向なら晴れる可能性が高いという認識で一致。じゃあ、天気を見ながら奥裾花自然園に行くことになったわけであります。それが朝6:30の出来事。
 前日、大学のOB会で昼間からワイン三昧で、観察会もこなした私にとってはちょっと辛いものがありましたが、50分後には迎えに来るということで、急いで準備したわけであります。
 7時台だというのに早朝から渋滞している善光寺界隈を車で抜け、鬼無里方面に向かうと
「快晴」なわけであります。
 そこで、いろいろと考えて、時間的にも早いし、「よーし、一夜山(いちやさん)に登ってしまえ!」ということになったわけであります。昼過ぎには下山して、奥裾花自然園も行ってしまおうという贅沢な、しかし過酷な決断をしたわけであります。
 鬼無里で唯一?の信号を戸隠方向に右折し、ほどなく「一夜山の登山口」の看板を左折。15分ほどすれ違いができないくらいの山道を登ると駐車場に着きます。
 まだ車で登れそうですが、できるだけ歩こうということで登山開始。

11 登り始めて開けたところから、戸隠連峰「西岳」を臨みます。ゴツゴツしてますねえ。それにしても、掃いたような雲が美しい。
21 おそらく、「二輪草」だと思われます。登山道の脇には美しい花がたくさんあります。
31 「西岳」を見つめるM部長。相変わらず、空が美しい。
 1 山頂まであと僅か。と思ったらまだ雪が残っています。
51 北側に目をやると、乙妻山、高妻山、雨飾山が見えます。
61 そして、一夜山の頂上1562.2mに到着しました。下の駐車場から90分ほどの行程でした。北を見やって、標の左に雨飾山、右側は乙妻山、高妻山なんですが、遠く残雪の山は妙高山でしょうか。
7 頂上から臨む北アルプス。右は白馬岳から左は蓮華岳まで見えています。ちょっとだけ木を切って欲しいと思いました・・・自然破壊になってしまいますね。
81 南方向は、虫倉山。1847年(弘化4年)3月24日(旧暦)に起きた善光寺地震で、この辺りは地すべりや犀川の決壊など甚大な被害を受けたわけでありまして、そのことを記す「むしくら日記」が有名です。
91 東を見ると、長野市民おなじみの飯縄山。この山、元々は25万年前から噴火を繰り返してきた成層火山で、現在の標高は1,917mですが、当時は2,500mほどあったのではないかと言われています。この写真、真ん中付近は自らの噴火で崩れちゃってますが、左右をつなげると富士山型の成層火山だったのだということを彷彿とさせます。

 というわけで、まずは
「一夜山」登山の巻でした。この一夜山には伝説があります。この山の名前の由来となっているようですので最後に紹介します。

 「昔むかし、天武天皇は信濃遷都を計画し、三野王、小錦下采女臣筑羅らを信濃に遣わしました。使者は信州各地を巡視して候補地を探し、水内の水無瀬こそもっとも都にふさわしい地相をそなえた山里だということになりました。そこでこの地の図を作ってたてまつり、天皇に報告しました。
これを知った土着の鬼どもは大いにあわて、「都など出来たら俺達の棲み家がなくなってしまう」「都が出来ぬよう、山を築いて邪魔しよう」と、すぐさま一夜で山を築いてしまいました。
これでは遷都は出来ません。鬼を憎んだ天皇は、阿部比羅夫に命じて、鬼どもを退治させました。
この時から、この山里に鬼は居無くなり、鬼無里と呼ばれるようになりました。」

2015年5月25日 (月)

長野市民新聞に掲載されました!

 久しぶりになりました。
5月21日の長野市民新聞にきらきらが活動している
「まちかど星空観察会」の記事が掲載されました。
 一応、紹介しときます。

20150521_2
 スキャナ読み取りなので解像度はイマイチですみません。

 「たまたま訪れた人を含め毎回200人以上が参加」という部分は「たまたま訪れた人ばかり、毎回数百人が立ち寄っている」でしょうか(笑)
 最後の「参加を呼び掛けている」も「お気軽にお立ち寄りください」ですかね。そんなに仰々しいものでもないし。
 その後、5月22日(金)は、またまた好天に恵まれ、大勢の方にお立ち寄りいただきました。
 翌、23日(土)は曇りの天気予報でしたが、何とか薄雲を通して月や惑星が観察できました。この日は、セントラルスクゥエアで秋本奈緒美トーク&ライブがあり、大変な混雑でした。
 

 というわけで、初回の4月4日の皆既月食のときが雲間からときどき月が顔を出す程度で、最も条件が悪かったので「引き分け」として、あとは全勝!ってわけであります。
 9戦(戦っているわけではありませんが・・・)8勝1分けです。まさに「夜の市街地のにぎわい創出にも一役買っている」わけであります。

 あと1回、5月30日(土)、晴れますように。

2015年5月16日 (土)

善光寺回向柱と北極星の巻

 連日、善光寺前立本尊御開帳のお話ということで、飽きてしまわれないか非常に心配でありますが、「まちかど星空観察会」のときにも参考になるかもしれないので載せちゃいます。
 数日前の平日の夜、ちょうど待ち合わせ時間まで時間があったので、善光寺に行ってまいりました。誰と待ち合わせしたのかは極秘。
 19時半ぐらいでしょうか、まだ、回向柱や本堂はライトアップされています。参拝者は昼間よりかなり少なめですが、まあまあいらっしゃいます。宿坊の浴衣の方もいらっしゃいました。
 この日も快晴で、金星や木星、スピカなどがよく見えています。ならば、ポラリス(北極星)は見えんのか???
 目をこらして、よーく見ると回向柱のちょっと左に何とか確認できます。ライトアップが邪魔で、「何て日だ!!!」とギャグを口ずさみながら、それでも何とか撮影できないか挑戦です。
 会社帰りの私は、一眼レフカメラは持ち合わせておらず、NIKONのコンデジであります。本堂と回向柱が一直線になる場所を確保し、いろいろなシーンモードで例えば「夜景モード」とか「花火モード」とか試しますがうまくいきません。コンデジのシーンモードを理解していないからにほかなりません。
 そしたら、一番単純な「風景モード」が1秒露出かけられることがわかりまして、ハイ、撮影です。

Photo 回向柱はオーバーですが、何とか手持ちで撮影できました。
 
 「まちかど星空観察会」を手伝っていただいている皆さん!北極星はこの位置であります!
 おわかりいただきましたか?
 しかし、中央通り沿いのセントラルスクゥエアまではかなりの距離がありますので、全くアテにならないとは思いますが・・・・・。あと3回、観察会にお付き合いくださいませ。

2015年5月15日 (金)

自撮り棒、大活躍の巻!

 少し更新の間があいてしまいました。
 仕事が忙しいのと、プライベートも忙しく、青春時代ならぬ、おじさん時代を謳歌しております。
 そんな中、朗報がございます。今週の火曜日、我が家の車、すなわち
日産セレナ号でありますが、無事、ユーザー車検が通りまして、あと2年寿命が延びました!シートベルトの警告灯が一時点灯しないというトラブルが発生しちょっと焦りましたが、あとは何の問題も無くOKとなりました。
 望遠鏡の5本や6本は楽々積み込めるし(実際に「まちかど星空観察会」に行くときはそうなってますが・・・)、キャンプ、バーベキューと今年も大活躍の予感です。

 そんな私ですが、土日は会社の広報と自分の趣味のため鋭意、写真撮影に励んでおります。5月9日は善光寺前立本尊御開帳のイベントの中でも最大級の「中日庭儀(ちゅうにちていぎ)大法要」(浄土宗)が営まれるということで、朝6時には善光寺にいたわけであります。大法要は10時からというのに、既に「場所取り」されていて、超混雑の予感がします。
 我が家の娘が、世尊院という宿坊で字書きをしている私の父親・・・娘にとってはおじいさんの姿に感動し、いま流行の
「御朱印ガール」になってしまうというサプライズなどもあり(家族ネタですいません)、朝の善光寺を楽しんでいたわけであります。
 いよいよ10時が近づいてくると、まさに人の波が押し寄せてきて、とてもではありませんが、あの赤い傘が並んでいるポスターみたいな写真は撮れるはずもありません。山門の南で、北上してくる行列を撮影しようと思いましたが、判断が遅く、人垣の最後列付近にしか近づけません。ちょうど隣に、イスを持参してそのイスに登って見ている優しそうな地元のおじさんがいたので、参道の状況の解説をお願いしました。私の周りの、特にご婦人の方々も全く見えていないということで、そのおじさんは丁寧に説明してくれます。行列が近づいてきたゾ、とか、解説してくれるわけであります。
 話はとても長くなりましたが、ようやく本題です(笑)。私は意を決して、自撮り棒ならぬ自作の伸縮棒を使うことにしたわけであります。はっきり言って、トレッキングポールを伸ばしてカメラをつけて撮影するなんて
恥ずかしいわけであります。
 混雑していたのでCANON一眼レフは断念し、NIKONのコンデジを装着し、10秒タイマーで撮ってみます。

1 おやおや、ちょっと下向きすぎて、石畳を撮影してしまいました。しかし、何枚か撮るうちに慣れてくるわけであります。
2 ほうら。なかなかでしょ。手前の人々と同じ場所に私はいるわけですが、トレッキングポールを惜しげもなく上に伸ばし、心の中で10秒数えるとこんな写真が撮れるわけであります。おまわりさんにも怒られなかったし、完璧です。
3 鷹司誓玉大僧正を乗せた輿(こし)が通過するときもこのとおり。カメラを持って手を伸ばして撮影する方が、はるか下界に見えます(笑)。ちょっと薄い方も目だってしまいますが、ミスターマリック調に言うとこれがハンドパワーです、いや、自撮り棒パワーです、って感じでしょうか。
 隣にいらっしゃったご婦人が、「私のカメラでもお願いできます?」と言うので、私は快諾し、その方のコンデジを装着し動画で撮影してあげたり、さすが善光寺さんですから和気あいあいな雰囲気。
 ちょうどこのあと、ニュースでご存知の方も多いと思いますが、横浜市の中学生が飛ばした
「ドローン」が墜落したわけであります。
 私はどうしても赤い傘が10個ぐらい並ぶ法要の様子を撮影したくて、このあとウロウロしていたわけでありますが、何と500円を払えば「山門」に登ることができる!と思ったわけであります。しかし、係員が、山門に登っても法要が行われている北側は見ることができません。って連呼していて山門に登る人はほとんどいません。が、私はスキをみつけたわけであります。山門の階段に登る直前か1段登ったあたりで撮影可能であることを。
 そして500円払って撮影したのが下の写真。ちょっとしょぼいので500円の価値があるかどうか・・・。

Photo 松の木がちょっと邪魔でしょうか。でもなんとか、赤い傘の並びを撮影することができました!
 あとは山門に登って南側、すなわち長野駅方向しか見ることができないわけでありますが、見てみてビックリ!南側はこのありさまです。

5 ちょっと混雑しすぎなのではないでしょうか!
 以上、長くなりましたが、このへんで中日庭儀大法要の中継を終わりにします。

2015年5月 6日 (水)

初の「臨時まちかど星空観察会」開催の巻

 既報のとおり、「まちかど星空観察会」は全9回シリーズで開催しているわけでありますが、昨日5月5日は子供の日でもあり(?)、「さかなクン」が来てトークショーを開催する日でもあり、ましてや長野県を代表する歌手「葦木美咲」がコンサートを開催する日でもあり、初の「臨時まちかど星空観察会」を開催したわけであります。

 当然にして我々が集合して観察会を始めるのは夕方の18時ぐらいでありまして、「さかなクン」はどこにもいません。でも観察会がはじまると歌手「葦木美咲」の美しい声は聞こえてくるわけであります。しかし、いつものごとく人通りが途切れることはなく、そのコンサートを見ることはできません。
1 「今日は、金星と木星が見えていま~~す。あそこで~~す。」
 初めて臨時で開催したため、我々スタッフ側の人数が集まるか心配していましたが、10人ほどが集まってくれて、特に、ほろ酔いの(?)
須坂の星を愛するS嬢パートナーK嬢、3月まで女子高生だった同じくパートナーI嬢が中央通りで呼び込むわけですから、どんどんお客さまがくるわけであります。ましてや、パートナーYくんの32cmドブソニアンはインパクト抜群です。(前回5月2日は須坂の星を愛するS嬢の同じく32cmドブソニアンの共演がありました。)
2 20時を過ぎ、昨日満月を迎えた月が昇ってくると、さらに立ち寄ってくれる方が増えてきます。月なら簡単にスマホで撮影できるので、またまたお客さまが長蛇の列。ありがたい限りです。月が上がってくるまで1時間ほどお待ちいただいた方もいらっしゃいました。
 21時の撤収予定を大幅に過ぎてしまいましたが、この日も大盛況でした。次回は5月22日、23日、そして最終回5月30日に開催します。(臨時で開催する場合もきっとあります。)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »