フォト
無料ブログはココログ

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月27日 (木)

32nd「胎内星まつり」ツアーの巻 その②

 「胎内星まつり」ツアーの巻その②であります。
 
アクアマリンコンサートや、天文ガイダーズのコンサートを楽しんだ後は、当然ながらテントで寝るわけであります。早朝に出発しているので明日に備えるわけであります。
 

0_2 ふと起きると既に朝。朝霧が出ています。6時ごろです。寒くもなく、暑くもなく、風もなく快適に寝ることができました。
 
 そこからはなるべく早く撤収するべく片付けが始まります。やはり早く起きている、いや、体質なのか年齢なのか早く起きてしまう
「日本酒命」(ニホンシュノミコト)M氏1合県S協会OBのT氏3号が率先して作業を進めてくれます。
 星まつり会場のブースの多くは既に撤収していて、早朝でもあり閑散としています。まだテントで休んでいる方も多いようです。
 若手も起き、さらには何と「K嬢」が
すっぴんで現れます。ゆうべの夜の顔はそれはそれは美しかったわけでありますが、さて朝のすっぴんはいかに!
 ここは
特定個人情報となりますので、割愛しますね。

 全員協力のもと、早々に準備を完了し今日の観光目的地
「喜多方」に向かいます。そうです、喜多方ラーメンを食すためにコストをかけて向かうわけであります。 
 途中で、先日3週間ほど前に日本経済新聞に紹介されていた新潟県阿賀町にある国の天然記念物
「将軍杉」に立ち寄ります。私の研究であります。
 とにかく大きいらしく、
日本一の巨木であります。樹齢が推定で1,400年、幹周19.31m、樹高38m。環境省が行った「全国巨樹・巨木林フォローアップ調査」での杉の部において、それまで日本一であった鹿児島県屋久島の縄文杉(16.1m)を抜いたとのことであります。「杉の部」のほかには何があるのか興味津々でありますが話を進めます(笑)
    「将軍杉」という名の由来は、晩年をこの地で送ったとされる将軍
平維茂(たいらのこれもち)にちなんでつけられたものであります。平維茂といえば信州にもゆかりがある人物。鬼女紅葉伝説で信州鬼無里(きなさ)で鬼退治をしたと伝えられ、墓所も上田にあるらしい。となれば寄るしかない、ということでツアーに組み込んだわけであります。
1_4 再度登場のK嬢であります。スマホで記念撮影をしている模様であります。
2 こんな感じの巨木であります。真ん中の幹は、第2室戸台風により昭和36年に折れてしまったとのこと。ちょっと地味な観光地かな、と思いましたが、一部を除いて高年齢化が進んでいることもあり意外と喜んでもらえました。けっこう観光客の方もいらしていました。

 将軍杉を後にして、一路、喜多方に向かいます。セレナ号車中は、まだ午前中というのに一部の者が後部座席にて宴会を始めている模様であります。「食べすぎ!飲みすぎ!将軍杉!」などとバチがあたりそうなギャグがどこかから聞こえてきます。
 磐越自動車道を東進し会津坂下インターで降り、喜多方市を目指します。既に車内ではどこの店に行くのかスマホとタブレットで十分な市場調査がなされ、ちょっと郊外にある人気店
「長谷川」「ふなっしーナビ」に入力し車を進めます。が、何ということでしょう!田園風景とも思えるそのお店の近くで大々渋滞が発生しているではありませぬか!まだ11時半なのに・・・・・。というわけで、7人パーティーの我々は断念せざるを得ず、いつもどおりの喜多方市役所へ向かいます。そこに車をとめて市内に50はあろうラーメン屋めぐりであります。が、全員お腹ペコペコでありまして、ほどなく歩いたところにあるお店に入ります。
3 まあ、こんな感じの喜多方ラーメンであります。有名店ではないみたいですが、おいしくいただきました。その後、ラーメン館にてお土産を仕入れます。喜多方ラーメン試食コーナーもあり楽しめます。県S協会OBのT氏3号が○回試食しました。

 いつもどおり話が長くなっておりますので、ここからは写真です。
 帰りは「日本海フィッシャーマンズケープ」でお土産購入であります。パートナーコーディネーターY氏がイカ焼きにかぶりつきます。
4
 そして、素敵な夕日が我々を迎えてくれます。
5 何という美しい夕日でしょうか。
6 また、来年、みんなで胎内星祭りに行こう!と誓い、帰路についたのでした。
 

2015年8月25日 (火)

32nd「胎内星まつり」ツアーの巻 その①

 私としては2年ぶりに「胎内星まつり」に行ってきました。第32回にもなるんですね。スタッフ、関係者の皆さま、ありがとうございます。
 今回の参加者は、
県S協会OBのT氏3号、「日本酒命」(ニホンシュノミコト)M氏1合、アルゼンチンタンゴダンサーT氏、パートナーコーディネーターY氏、パートナーTくん、アルゼンチンタンゴダンサーK嬢、そして料理長のというわけで、過去最多に迫る7名。ことにアルゼンチンタンゴダンサーK嬢は紅一点であります。今回は車2台体制であります。
 
 8月22日、早朝に出発し、いつもどおり越後川口インターに向かいます。越後川口インターからは北陸自動車道を北上し、日本海東北自動車道に入り、聖籠新発田インターで降ります。セレナ号はとても順調であります。車内の様子と言えば、おやじギャグが交錯し、まだ午前中というのに収拾がつかない状況であります。5人しか乗っていないのに6人いるかのような状態であります。何故かと言えば、ナビが
ふなっしーなのであります。それと到着前にフライングをして、一部の者が後部座席にて宴会を始めている模様であります。「間もなく到着なっしー。」
 そして、いつものスーパーで買い出しをして、つまり、到着次第始まる本当の、そして夜中まで続く「宴会」に備えてタップリ買い込むわけであります。クーラーボックス3個体制であります。
 ほどなく、お昼前に会場に到着しますが、やはり混んでる混んでる。それでも何とか大量の荷物を降ろし、100m圏内に駐車することができました。そして、ちょっと雨の予報もあったので管理棟の近くの場所を確保し、宴会準備であります。いや、乾杯をして宴会開始であります。
 パートナーコーディネーターY氏とパートナーTくんは初めての胎内ということで、まずは会場内のブースを見て回ります。私が案内します。
 完成品の望遠鏡なども当然に売っているわけでありますが、我々も天文マニアですから、まあだいたい揃ってもいるわけで、吟味しながらブースを回ります。おおよそ、この部品と、この双眼鏡と・・・と目星をつけておくわけであります。
 そうこうしていると、
お腹が減るわけであります。
 というわけで、料理長の私は、第1弾として
「昔ながらのナポリタン」の調理を開始します。ほどなく完成であります。

1_2 我が家で採れたピーマンがポイントであります。アルゼンチンタンゴダンサーK嬢が初登場であります。
 みんな、美味しい美味しいと褒めてくれました。コツは、ギリギリまで昼食の時間を遅らせる、ということであります(笑)
 引き続き、お好み焼きであります。
3 やはり、お好み焼きは「メレンゲ」を入れるとホクホクになるわけでありまして、暇を持て余して飲んでいるメンバーの運動不足解消の意味もこめて、メレンゲをお願いして、このとおりできあがり、まさにこれから焼く状態であります。こちらも、でき上がりはコンガリしておいしくできました。
 そしてようやく夜を迎え、楽しみな
アクアマリンのコンサートであります。
5 コンサート後は、いよいよ主食であります(笑)
 赤ワイン、しょうが、国産牛肉、タマネギたっぷりの「牛丼」であります。当然ながら、アルゼンチンタンゴダンサーT氏宅で収穫されたコシヒカリを5合ほど炊飯します。そう、バーベキュー&キャンプ体制で、飯を炊く!
これが喜びであります。
 まだまだ、ブースは開いているし、お客さんもたくさんいらっしゃいます。ここらへんで、値段が下がったものはないか、もう一度ブースを一周するのがコツであります。私は、アルミ素材や小型雲台を購入できましてラッキーでした。それと、小型経緯台も。4 それぞれ、メンバーは思い思いのものを購入できたようです。そしてお腹もいっぱいになったようです。夜が更けてまいりましたので、第1日目の様子はこれにて終了します。

2015年8月17日 (月)

諏訪湖祭湖上花火大会の巻

 お待たせいたしました。
 第67回を迎える「諏訪湖祭湖上花火大会」に出かけてきました。今回も
アマチュアカメラマンS氏3号と同行であります。またまた花火ネタで恐縮しております。
 諏訪湖祭湖上花火大会といえば、打ち上げ数4万発ということで、全国的にみても最も大きい規模の花火大会のひとつであります。
 渋滞が非常に心配でありましたが、昨年も「新作花火」に行ったこともあり、何とかなるであろう(笑)ということで現地に向かいます。途中、霧が峰高原や車山あたりで高山植物の写真でも撮ろうかな、と思っていたところ、既に長和町のあたりでもところどころ渋滞が発生しています。まだ昼前だゾ。
 楽しみにしていた
「八島湿原」も、あいにく駐車場が満車で入れず、その先の「霧の駅」付近で八ヶ岳連峰を撮影します。
0 よい天気であります。このまま天気がもつことを願います。
 いやおうなく早めに現地に向かうこととなり、昨年、下見をしておいた目的の場所に到着したのは14時。おいおい、花火の打ち上げまで5時間もあるゾ。
 首尾よく駐車し、ヒマなので一応撮影する場所取りをして、おじさん二人は徘徊するわけであります。やはり、上諏訪駅前とか、有料席がある湖畔を見ておく必要があります。というわけで、坂を下っていきます。

1 やはり混雑しています。浴衣の方が多いです。出店もすごいです。暑いです。
 そして、元の場所に戻るわけでありますが、キツイ坂を登らなければならないわけであります。このあと有名な「立石公園」も行ってみました。さすがによい眺望でした。
 そしてようやく、夕方になり打ち上げが始まりました。
21 まだ、夕焼けの中、キレイな花火が打ちあがりました。以下、いつもどおり写真でお送りします。
3 おーなかなか美しい!
5 繊細であります。
7 いい感じです。
8 というわけで、どこの花火かわからないとは思いますが、中継を終わりたいと思います。
 最後に、動画をどうぞ。

 「suwa_douga.mp4」をダウンロード (注:音有り、852KB、11秒)

2015年8月11日 (火)

野反湖トレッキングの巻

 なかなかハードスケジュールではありますが、原村星祭りの翌日は、群馬県北部の野反湖(のぞりこ)に行ってきました!
 今回のお供は、我が社のM部長。いや、お供しているのは私の方で、まさに「カバン持ち」?。
M部長は最近になってトレッキング、いや、登山に目覚めてしまい、ガマンできないらしいです。毎回、装備が充実してきてます(笑)。金かけてます。しかし、要人といえば要人ですから、私のような下々の者がお供しないといけないわけであります。
 この日は早朝に出発し、野反湖を目指します。菅平経由、万座道路経由、志賀・白根がありますが、景色優先で往路は志賀・白根ルートを選択。
 そして、志賀高原の一番入り口にある「一沼」にて撮影。

1 毎年キレイな花を咲かせる「ヒツジグサ」の一輪。あー美しい。可憐であります。
2_2 こんな感じで優雅に、そして美しく主張している花です。
 この後は、昨年も行った「熊の湯」にて温泉タマゴの製作であります。生タマゴを入れた鍋に湧き出す温泉を入れ、15分ほど待ちます。温泉の流れの勢いで、タマゴはクルクル回っていますが、1/3200秒で流れを止めての撮影です。この後、もう一度「タマゴ」の話題が出てきます。
Photo_2
        【昨年の熊の湯タマゴ記事はこちら】
http://skyquest.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/3-52d8.html

 そして昨年以来、噴火警戒レベルが1(平常)から、2(火口周辺規制)に引き上げられている「白根山」の脇を通って群馬県へ。有名な草津温泉の街を通過したら北上し、くねくねした山道を登りきると「野反湖」が姿を現しました。
 4 おっと、その前に野反湖には1周5時間ぐらいでしょうか、複数のトレッキングコースが整備されています。今回は時間の都合で、2時間弱ぐらいのコースを選択します。歩き始めるやいなや、高山植物が目に飛び込んできます。
8 まずは我々を「ヤナギラン」の群生が迎えてくれました。キレイ過ぎです。
5 ついで、おなじみ「マツムシソウ」。
 6 可憐な「ハクサンフウロ」。群生しています。
Photo 「ツリガネニンジン」でしょうか。
1653 そして「弁天山」頂上1,653mから望む「野反湖」であります。

 このあと、昼食はアウトドアを楽しみました!なんと、温泉タマゴの写真にある100円ショップの鍋で、ご飯を炊いちゃいました!が、その写真を撮り忘れました(汗)。
 それでもまあまあの炊き具合でしょうか。このご飯のおかずはもちろん、温泉タマゴであります。しょうゆ、ポン酢、タバスコ?などを持ち込んでいます。たいへんおいしくいただきました!
 長くなりましたので、これにて野反湖トレッキング、アウトドアツアー中継を終わります。















2015年8月10日 (月)

サマーホリデー in 原村星まつり に行ってきました!

 第22回となる「サマーホリデー in 原村星まつり」に行ってきました。
 今回のメンバーは、
アルゼンチンタンゴダンサーT氏元プラネのおねいさんA嬢、そして私の3人であります。元プラネのおねいさんA嬢は、博物館勤務時代、原則として土日勤務でしたので、こういった「星祭り」系への出動が何と初めて。意外と言えば意外。しかし会場の「八ヶ岳自然文化園」には仕事の都合で何度か行っているとのこと。
 この日、8月8日土曜日、朝出発して、一路、原村に向かいます。一応、日帰りの予定です。
 私のセレナ号と言えば、既設のカーナビが、この暑さのせいか壊れてしまい、急遽、通販で購入。このカーナビを朝6時から突貫工事で取り付けて出発したわけであります。
 「300メートル先、右
なっしー!」
 このカーナビは特殊なもので、また記事にしたいと思ってるなっしー!

 そうこうしているうちに会場入りです。この日はちょうど「立秋」。でも暑い暑い。でもこの暑いのが星祭り。

2_2 たくさんの望遠鏡が林立し、いつもながらの風景が広がっています。常連さん(笑)達も元気な姿を見せています。初めて見る人には「異様」な光景に見えるかもしれませんが・・・
 3_2 美しい空、掃いたような白い雲に似合う、フジノンの対空双眼鏡。
4_3 我々はと言えば、当然ながらアウトドア体制でありますから、たこ焼き、焼そば、ゆでもろこしなどでお腹を満たします。あとのお楽しみはいろいろなブースでの買い物であります。ちょっと今年は掘り出し物に出会えませんでしたが、楽しまさせていただきました。 
 そして、
公式写真の撮影です。屋根の上にいるのがカメラマン。これ、星ナビ、天文ガイドに掲載されます。ちなみに私は目立つように、オレンジ色のAC長野パルセイロTシャツ(横山久美サイン入り)を着用。(するとこの夜、東アジアカップ対中国戦に途中出場した横山選手が決勝「GooooooL!」を決めてくれたわけであります!)
5_2 とそこに「上部タンジェントアーク」のようなものが出現しました。七色の横の帯状(ちょっと上向き)がお分かりいただけるでしょうか?太陽の左右には幻日も見えていました。
 その後、楽しみにしていた
「アクアマリン」のライヴコンサートを堪能しました。アクアマリンさんは、なんと、お子さま2人連れ。ミマスさんのお母さんがお子さまの面倒を見ておられます。何と言う家族愛!
6_2 そして、まもなく日没です。ここから見る夕日は、いつ見てもすごくきれいです。真ん中より下、やや左側にでっかい黒点があり写ってくれました。
7_2 さらに沈んで、下部は山の稜線、上部は雲でこんな形の太陽が撮れました。
 やはり黒点が写り込んでいます。
 そして、暗くなり星を見るのを楽しみにしていましたが、あいにくの曇り空となってしまい、しばらくして撤収、長野に戻ってきたなっしー!
 この次は、胎内星祭りに行くなっしー!楽しいなっしー!みんなで行く
なっしー!

信州千曲市「千曲川納涼煙火大会」に今年も行ってきました!

 これだけ花火大会の話題が続くと、花火専門のブログのようでありますが、やはり星と同じように美しいものは撮影したくなるわけであります。
 というわけで今回も
アマチュアカメラマンS氏3号とともに「戸倉宿キティーパーク」からの撮影であります。
 花火の撮影の醍醐味と言うと、画角がピッタシで、露光時間も適切、そして背景もしくは下のほうに街の夜景が適度に写り込む。といったところでしょうか。これがなかなかうまくいかないわけであります。撮影現場は、ため息だらけ・・・・・。例えばスターマインなら、打ち上げが始まったあたりで、この後、どのような展開を見せてくれるのか、予想をするわけであります。予想が当たると露光時間とかがうまくいって、多少はマトモな写真になるわけであります。

 話が長くなりましたのでここからは、今回も、写真を中心にお伝えします。

2 背景には「上山田温泉」という赤い灯と、善光寺大本願別院でしょうか、建物がライトアップされています。3 けっこうでかいです。10号玉でしょうか。
4_2 色彩がキレイです。
5 どんどんいきましょう。
6 これも色彩がキレイです。こういう花火をたくさん上げてください!コストは高いでしょうけれども(汗)
7 おー、四方八方に不規則にひろがっているゾ。こういうのもいいですね。
 それではこのへんで中継を終わりにします。

2015年8月 9日 (日)

「長岡まつり大花火大会」の巻

 前週の「ぎおん柏崎まつり海の大花火大会」に続き、アマチュアカメラマンS氏3号とともに、「長岡まつり大花火大会」に行ってまいりました。8月2日(日)の出来事です。長野びんずる祭りの翌日であります。更新が遅れております。

 最近の休日はなかなかハードスケジュールではありますが、この日も猛暑の中、下見もしていないのに(笑)、行ってきました。
 やはり、すばらしい花火大会だけに「渋滞対策」がこれまで以上に必要なわけであります。しかもこの日は日曜日。私だけは翌日、仕事なわけであります。
 考えた作戦が、車で直江津に移動、直江津からJRで長岡へ。というもの。

 14:00ちょうどの「特急しらゆき」に乗り込むとなかなかの混雑。55分ほどで長岡駅に到着。早速、信濃川の方向に歩き始めます。おっと、その前に、ちゃんと帰りの切符を買っておきましょう。
 灼熱地獄のメイン通りを歩くと、いろいろなイベントが開催されています。
 そして事前調査のとおり、スーパー
「ウオロク」さんの駐車場に一旦、場所を確保し、河川敷によい場所がないか物色します。
 見やすい場所のほとんどが有料観覧席ということで、今回は河川敷を断念し、ウオロクさんの駐車場に戻ります。16時半過ぎぐらいですかね。この頃から、浴衣姿のアベックやら家族連れやらがどんどん河川敷に向かっていきます。ウオロクさんが好立地であるため、相当数の観客が飲み物や食べ物を買っていました。そのため店内の20以上のレジに並ぶお客さんの列がどんどん長くなり、ピークは50mぐらいですかね。店内の冷房はフル稼働しているものの、人の熱気がムンムンで、アイスクリームなどは購入前に確実に融けてしまいます(笑)。

 猛暑の中、待ちに待った花火がようやく上がり始めました。
 以下、いつもどおり写真を中心にお伝えしますね。

1 色彩が豊かです。
2 やはり前方右側の木が少し邪魔ですかね。
3_2 これも色彩が豊かです。
4_2 木が邪魔なので、怒りのドアップです(笑)
5 これでは、どこの花火かわかりませんね。

 というわけで中継を終わりにします。この後、早めに撤収して22時過ぎの快速列車で直江津に移動。自宅到着は25時前後となりました。
 とても色彩豊かな花火が多く、スターマインも時間が長く、贅沢な花火大会で大変満足いたしました。関係者の皆さま、ありがとうございました。




2015年8月 4日 (火)

第45回長野びんずる祭り開催!

 いよいよ本格的な夏祭りのシーズンであります。
 ここ信州でもいろいろな祭りが開催されるわけでありますが、県庁所在地の長野市では8月1日、恒例の
「第45回長野びんずる祭り」が開催されました。
 私はと言えば、なかなかのハードスケジュールの中ではありますが、ハッピに着替えて午前11時半に集合であります。

 

1 まだ明るいわけでありますが、そろそろ各連が出動準備です。オー、そこにいるのは、パートナーTくんではないですか。というわけで、我々、きらきらは趣味のサークルでありますが、こういう機会に出会うわけであります。
2 だいぶ暗くなってきて踊りが始まります。2万人あまりの踊り手が一斉に踊ります。
3 すれ違う連と連の間から撮影です。(態とピンボケ写真使ってます。)
 というわけで、びんずる生中継を終わります、が、きらきら連で出よう!って話、20年ぐらいからありますよね・・・。

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »