フォト
無料ブログはココログ

« 野反湖トレッキングの巻 | トップページ | 32nd「胎内星まつり」ツアーの巻 その① »

2015年8月17日 (月)

諏訪湖祭湖上花火大会の巻

 お待たせいたしました。
 第67回を迎える「諏訪湖祭湖上花火大会」に出かけてきました。今回も
アマチュアカメラマンS氏3号と同行であります。またまた花火ネタで恐縮しております。
 諏訪湖祭湖上花火大会といえば、打ち上げ数4万発ということで、全国的にみても最も大きい規模の花火大会のひとつであります。
 渋滞が非常に心配でありましたが、昨年も「新作花火」に行ったこともあり、何とかなるであろう(笑)ということで現地に向かいます。途中、霧が峰高原や車山あたりで高山植物の写真でも撮ろうかな、と思っていたところ、既に長和町のあたりでもところどころ渋滞が発生しています。まだ昼前だゾ。
 楽しみにしていた
「八島湿原」も、あいにく駐車場が満車で入れず、その先の「霧の駅」付近で八ヶ岳連峰を撮影します。
0 よい天気であります。このまま天気がもつことを願います。
 いやおうなく早めに現地に向かうこととなり、昨年、下見をしておいた目的の場所に到着したのは14時。おいおい、花火の打ち上げまで5時間もあるゾ。
 首尾よく駐車し、ヒマなので一応撮影する場所取りをして、おじさん二人は徘徊するわけであります。やはり、上諏訪駅前とか、有料席がある湖畔を見ておく必要があります。というわけで、坂を下っていきます。

1 やはり混雑しています。浴衣の方が多いです。出店もすごいです。暑いです。
 そして、元の場所に戻るわけでありますが、キツイ坂を登らなければならないわけであります。このあと有名な「立石公園」も行ってみました。さすがによい眺望でした。
 そしてようやく、夕方になり打ち上げが始まりました。
21 まだ、夕焼けの中、キレイな花火が打ちあがりました。以下、いつもどおり写真でお送りします。
3 おーなかなか美しい!
5 繊細であります。
7 いい感じです。
8 というわけで、どこの花火かわからないとは思いますが、中継を終わりたいと思います。
 最後に、動画をどうぞ。

 「suwa_douga.mp4」をダウンロード (注:音有り、852KB、11秒)

« 野反湖トレッキングの巻 | トップページ | 32nd「胎内星まつり」ツアーの巻 その① »

コメント

暑い中の取材ご苦労さまです。
実はわたし、諏訪湖の花火大会を知りませんでした。国内最大のひとつということもです。

私事で恐縮ですが、先週木曜は総勢6名のアルコール軍団に襲撃されて翌金曜は休み、日曜にようやく本来の体に戻りました。月曜は仕事場に行くぞ!と勇んで出ましたが、乗換駅の四ッ谷で急に悪魔の声が聞こえ、簡単に屈してしまい、帰途につきました。今日は久しぶりに仕事場の机で過ごそうと思いますが、いまいち仕事の流れに乗れない自分であります。

来月中旬に、家内と伊香保に行きます。

またの写真とご健筆のお便りを期待しております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1406084/61214480

この記事へのトラックバック一覧です: 諏訪湖祭湖上花火大会の巻:

» 諏訪湖祭湖上花火大会 2015 [ぱふぅ家のホームページ]
諏訪湖祭湖上花火大会は毎年8月15日に行われる花火大会で、総打ち上げ数は約4万発で国内最大。見物客は50万人を数える。湖面に半球状に開く水上スターマインや、全長2kmのナイヤガラ。周囲の山に反響する破裂音が身体を揺さぶる。... [続きを読む]

« 野反湖トレッキングの巻 | トップページ | 32nd「胎内星まつり」ツアーの巻 その① »