フォト
無料ブログはココログ

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月29日 (日)

毎月第4土曜日は博物館観望会!

 毎月第4土曜日といえば、お待ちかね、博物館観望会であります。

 最近になってテレビをはじめメディアが取り上げている「火星大接近!」。これが注目を集めているのか、5/28の夕刻には長野市立博物館に多数の・・・100人ぐらいでしょうか。親子連れやカップルが押し寄せました。
11
 火星との距離、明るさなどは、先日のブログに書いていますので参考にしてください。

 

http://skyquest.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/2-01b4.html

 そんな中、ながはくパートナーときらきらメンバーは、望遠鏡を用意してお客さまを迎えます。まずは順番に木星であります。シーイングがよく、縞模様と衛星がよく見えています。

その後、東の空から火星が昇ってきますが、あいにく雲が低い位置にあり、出たり入ったり。それでも時間を追うごとに雲の状況はよくなってきました。
2
 木と木の間にマイナス2.0等で輝く火星が確認いただけるでしょうか。
 それにしてもこの日のお客さまは、星に関しても望遠鏡に関しても高度な質問が多く、世の中が高度化!?していることを実感しました。

 そうこうしていると、私のスマホにメッセージが。数分後に国際宇宙ステーション(ISS)が通過するというメッセージであります。このことに詳しい元博物館プラネのおねいさんAにも確認すると、そのとおり。A嬢は、並みのアプリより詳しいんです。

 この日のお客さまは何というラッキーでしょうか。観望会の最中にISSが見られるなんて!
 私がお客さまに、「このあと数分後に国際宇宙ステーション(ISS)が通過しま~す!明るさは木星と同じぐらい。すごく気持ちいい速さで通過して行きま~~~す。」と告知すると、即座にどこかから「気持ちいい速さ」ってどのくらいですか?との質問が。「まあ見てみてください。」と答えたわけであります。

 まもなく南西の空からISSが現れます。予告どおりであります。そうですねえ、マイナス2等ほどの明るさで、一定の速度で北東方向に飛行していきます。私的にはこの寸分の狂いなく一定で、しかもその速さが遅くもなく速くもなく移動する姿が気持ちいいわけであります。ほどなく、質問をされた女性でしょうか。「確かに気持ちいい速さですね!」って言ってくれました。
Iss しかし、カメラの手持ちでは苦しいですかね。ISSであります。

 その後、また惑星観察に戻り、例のスマホによりコリメート撮影。ちょっとしょぼいですが、火星であります。鏡筒はMT-160であります。でも模様が見えちゃってるかも!?
011 
 以上、観望会の状況をお知らせいたしました。次回もよろしくお願いします!



2016年5月23日 (月)

「満月酒り場」とのコラボ観望会の巻

 その昔、きらきらに「満月の会」なるものが存在していました。「満月のときには星はよく見えないのだから、毎月、飲み会をやりましょう!長野駅前の千歳公園に来れる人は来てください!」というようなノリでありました。確か、鯖江に嫁に行ってしまったM嬢の提唱でありました。何ヵ月間は連続して開催しましたが、徐々に頻度が減り、しばらくして行われなくなってしまいました。
 
 今回、それに近い催しがあるとのことで、その名も「満月酒り場」であります。
 
「満月酒り場」とは?

 

 「ワインがおいしくなるといわれている満月の夜にだけ開催される特別な社交場」ということで、いろいろなお店を会場にして30回以上開催されているとのことであります。今回、パートナーC嬢、ワイン好きスキーヤーE嬢らが以前参加していたとのことで、今回のコラボが実現したわけであります。
 私はと言えば、毎晩飲んでいるワインでありますが、満月の日だけ特別においしく感じたことはないような気がしているわけでありますが、どちらかというと毎日おいしいわけであります(笑)。でも今回お店の中でいただいた白ワインはとてもおいしかったです。

 

 今回の参加者は、パートナーC嬢、ワイン好きスキーヤーE嬢のほか、アルゼンチンタンゴダンサーT氏、宙(そら)ガールC嬢、パートナーコーディネーターY氏、パートナーTくん、博物館S氏1号、博物館S氏2号、パートナーC嬢のお友達らであります。場所は昨年、「まちかど星空観察会」を実施したセントラルスクウェアであります。
 

 今回、私は諸般の事情により「電車通勤」でありましたので、リュックにて参加であります。しかし、リュックには本格的な装備が入っているわけであります。鏡筒はBORG76ED、赤道儀の代わりにポラリエ、マンフロットの三脚に天頂プリズムやら接眼レンズやら、例のスマホ撮影用自作アダプタなどの一式であります。
 リュックはこんな感じであります。誰も入ったことがない私の書斎であります。AC長野パルセイロのカレンダーが貼ってあります。
Photo

 この日はもちろん
満月(詳しくは午前614)。月出は1858。現地は「お街」なので、ビルやマンションがあったりして、ようやく昇ってきたのは19時半ぐらいでしょうか。今回の望遠鏡は、アルゼンチンタンゴダンサーT氏のツインボーグ、パートナーコーディネーターY氏のドブソニアン、そして私の3台態勢であります。
1
 
3台は分担して、ほぼ南中している木星満月、そして火星を導入し、今回の参加者や通りすがりの方に見ていただきます。私は「満月」、やはりスマホでの撮影を主に担当したわけでありますが、皆さん、本当に喜んだり、感動してくれたり、時のたつのを忘れるぐらいに楽しめました。
2
 
 さきほど
(そら)ガールC嬢」から投稿がありました。「宙ガール」の前に「天然」ってつけちゃおうかなぁと思っておりますが、彼女のタブレットで撮影した「満月」であります。素敵であります。
Full_moon_by_chie
 
 参加者全員がすばらしい一体感で楽しいひとときを過ごすことができましたので、今後も今回のようなコラボができれば素敵なことですね。

2016年5月17日 (火)

AC長野パルセイロレディース!ホーム6連勝・・・ならず。

 またまたAC長野パルセイロレディースであります。強豪との連戦が続いているわけでありますが、今回5/15は、目下首位を走り、かつ、昨年の覇者である「日テレ・ベレーザ」が相手であります。さすがに厳しい試合が予想されます。
 という状況ではありますが、この日から私と
「日本酒命」(ニホンシュノミコト)M氏1合は、いわゆるオーセンティックユニフォームを新調しての会場入りであります。
 すると、会場入口でおもてなしであります。

 

0 おやおや、ちょっと安っぽく見えてしまいますが、妙に○クシーな感じであります。日テレの応援マスコット?と思いきや、その名も「ハイぶりっ子ちゃん」という現在売り出し中の地元キャラらしいゾ。
 詳しくはこちら。

    http://www8.shinmai.co.jp/odekake/article.php?id=ODEK20140329001956

 地元、信濃毎日新聞の記事から。

 私の名前は「ハイぶりっ子ちゃん」。佐久市民有志が、JR小海線を走るハイブリッド車両「キハE200形」を頭部にした「非公認」のご当地キャラクターを生み出した。来年の小海線全線開通80周年での活躍を夢見て、このところ市内各所に「出没」。「かわいい」などと見かけた人の反応も上々だ。
 とのことであります。

 負けじとパルセイロは顔出しであります。 
「リアルおしのちゃん」であります。毎試合、おつかれです。可愛いです。
Shino
 私はと言えば、不敗神話を続けるために、オレンジ色のアディダスの靴下、○○色の○ンツを着用してのゲン担ぎであります。
 そしてこの日の観戦は、我が社のテニス部所属で、いつも正確無比なレシーブ、ボレー、スマッシュで、私が鍛えている(×)・・・いや・・・鍛えられている・・・「元インハイ選手Y嬢」らとともに観戦であります。

 そして試合が始まりました。
1 またまた、このピッチに何人の日本代表がいるのでしょうか。
 と、ところが、肝心の試合でありますが、終始、圧倒され前半で0-3。
 
 ハーフタイムにまた「ハイぶりっ子ちゃん」の登場であります。堂々としております。確実に○クシーであります。

2 
 後半早々に大宮選手が1点を返したときには、例のラインダンスで大盛り上がり!選手たちも前節、逆転したときのように運動量が増え、たびたびチャンスが訪れます。必死であります。
 エース横山選手のフリーキック。

3 空中にボールが見えていてゴール左隅に向かっています。
4 残念ながら、キーパーにキャッチされてしまいました。でもみんな必死です。
 
 しかし、その後にも2点を献上し、万事休す。1-5で敗れてしまいました。
 非常に残念でありますが、この日も5,100人余が詰めかけ、おそらく我らがパルセイロが一番観客を動員していると思います。
 こういう日もあるさ。また、がんばりましょう!我らがパルセイロ!


 


2016年5月16日 (月)

「ゲリラ観望会in小布施」の巻

 先日の5月14日、予定どおり「ゲリラ観望会」を実施しました!
 この日は天気予報的に言えば、午後から曇り、ということで、私はと言えば、午前中またまた若者に混じって「テニス」であります。しかも女子部員がぜんぜん来ない!というわけで、さながら体育会系男子テニス部の練習であります。厳しかったわけであります。

 それは置いておきまして、観望会であります。曇りの予報どおり、15時ぐらいには雲が厚くなりましたが、
アルゼンチンタンゴダンサーT氏が我が家に迎えに来てくれた17時ごろには、雲が薄くなり、既に上弦より少しだけ太った月が見えています。
 そして、小布施町の
「道の駅オアシス小布施」に向かいます。
1 こんな感じであります。まさに長野市のシンボル「飯縄山」に太陽が沈みかけています。その右は「黒姫山」。そのまた右は「妙高山」であります。
 この太陽を、久々の登場、太陽観測では右に出る者はいないと言われる
「霧の川中島I氏」が魅せてくれます。
2 安全に見られるのは、やはり太陽投影版ですね。まさに稜線に沈みかけています。
 この日は、ゲリラ観望会に飢えている(?)会員が大勢集まり、大いに盛り上がりました。

3 私は、中央部、BORG76EDをVixenポラリエに載せております。簡易ながら見え味にもこだわったわけであります。例のスマホによるコリメート撮影であります。天頂プリズム使っているので裏像ですが。
Kakudai
 というわけで、ゲリラ観望会の報告を終わりにします。パートナーコーディネーターY氏、パートナーTくん、M下さんご夫妻、パートナーC嬢、博物館S氏1号、博物館S氏2号さん、お疲れさまでした。またお願いします。

2016年5月14日 (土)

ちょこっと天体!(その2)

 続編であります。
 からす座の次は、しし座であります。

Photo マイナス2.2等の木星をお腹の下あたりに従えています。写真の右部にはしし座の「逆クエスチョンマーク」があり、木星よりちょっとだけ上にあるのが1.4等のレグルスであります。

 そしていよいよ東南東方向の山から顔を出した3つの星。すなわち、
火星、土星、アンタレスの登場であります。3 右上の赤っぽい一番明るいのが火星。マイナス1.9等であります。その真下の同じく赤っぽい星がアンタレス。1.0等であります。その左、ほぼ同じ高度で輝いているのが土星。0.0等であります。アンタレスの部分が直角になっている三角形ですね。火星の上、右上の星はさそり座を構成する星たちです。

 ちょっと火星を拡大してみましょう。約200mm、ISO800、25秒露出であります。
Photo_3 しかし、これ、実は25秒露出ということで、
Vixen「ポラリエ」にて自動追尾しています。ただ、ベランダなので、極軸は適当であります。
 追尾しないとこうなります。
Photo_4

 ところで、アンタレスという星を詳しく説明すると、「さそり座α星の固有名。その名はギリシア語に由来し,「火星に対抗する者」の意味をもち,夏の宵空に真紅色に輝く。その赤い色のために赤星 (あかぼし) の和名もある。地球から約 420光年の距離にある脈動変光星で,光度を 0.9等から 1.8等まで周期約 4.7年で変化させる半規則変光星。」ということであります。現在は1.0等とのことで、明るい方ということであります。火星と並べてみましょう。
Photo_5 やっぱ、火星の方がひときわ明るいですね。火星も15~17年周期の「大接近(地球から5,600万kmぐらい)」だとマイナス2.8等になるわけでありますが、現在は5/31の中接近(7,500万km)に向けて接近中ですが、マイナス1.9等であります。5/31には、マイナス2.1等まで明るくなります。
 アンタレスのすぐ右上に「ゴニョゴニョ」とした星団が写っています。拡大してみましょう。

M4 ちょうど中央部に球状星団M4が見えています。距離は約7,200光年とのことであります。
 いやー自宅のベランダから球状星団とは・・・。(そんなに田舎ではないですよ。住宅街です。)よほど空の状態がよかったのでしょうか。
 空がクリアな日にはまた観測してみよう!という「やる気」がでてきました!いつまで続くことやら・・・。今日はこのへんで。

2016年5月13日 (金)

ちょこっと天体!

 最近、星のネタがないゾ!という声が聞こえてきそうな今日この頃ですが、昨日、今年度に実現されるであろう「美しい天体写真」?撮影の練習を兼ねて、「自宅」にてちょびっと撮影してみました。
 最近この季節は、中国から頼んでもいないのに「黄砂」なる「大迷惑」なものが飛んできてしまい、個人的には「水をまいてくれ!」と言いたいわけでありますが、この日は日中が強風だったこともあり、透明度は高レベル。
 ベランダに赤道儀を設置し、まずは昨年おなじみの「スマホで月の写真が撮れる!」の復習であります。約1年ぶりなので、アタフタしましたがほどなくOK。

1_2 月齢5.7の月を、私の古~いスマホで撮影。反射望遠鏡のコリメート撮影です。
 そして今度はカメラレンズにて。ほぼ南中しているのは「からす座」付近であります。

2 となりの家のアンテナが入り込みました。

 

 今日はこのへんで。この続きをお楽しみに。

2016年5月 9日 (月)

AC長野パルセイロレディース!ホーム5連勝!

 あ~ゴールデンウィークが終わってしまいましたねぇ。今日から仕事が始まってしまいました。
 そのGWの最終日5/8、またまた、AC長野パルセイロレディースの試合を観戦であります。

  この日も「日本酒命」(ニホンシュノミコト)M氏1合と共に、オレンジ色で身を包み、南長野運動公園に向かいます。
 しかし、今日の相手は首位を走る
INAC神戸レオネッサ。日本代表である「なでしこジャパン」のメンバーが7人もいます。川澄、大野、近賀、鮫島、田中、中島、高瀬・・・おまけに韓国代表のチョ・ソヒョンまでいるスター集団であります。新参者のパルセイロに勝ち目はほぼありません。どのくらい通用するのか、どのくらい健闘できるのか・・・会場の観客の多くはそう思っていたと思います。
 そして試合が始まりました。今日は相手がスター集団ということで、会場までの道路は大渋滞。会場も今季初めて2階席を開放しております。
 

Photo いったいこの中に日本代表が何人いるのでしょうか・・・? 
 我らがパルセイロには現在、横山選手しかいませんが。
 前半早々からやはり押されます。サイドを何度も突破されます。そんな中、27分、日本代表の中島選手に、我々パルセイロサポーターの目の前でボレーシュートを決められます。その直後、キーパーのクリアミスをやはり日本代表の大野に決められ、あっという間に0-2になってしまい前半終了。
 後半は
MF齋藤選手を投入。パスがつながり始め、パルセイロは我々サポーター席に向かって度々攻めてきます。そして後半5分、横山選手のコーナーキックからDFの田中選手が頭で合わせてゴーーーーーール!
 そして後半25分、横山選手が相手のボールを強引に奪って、我々の目の前の角度のないところから反対側のサイドネットを揺らす、まさにワールド級の彼女にしか打てないシュートで
ゴーーーーーール!これで2-2の同点となり、2回目のラインダンスであります。超、ものすごい盛り上がりであります。
そしてこの日の入場者数は6,733人!今年のなでしこリーグの最高であります。
6733 そして、大盛り上がりの中、後半36分、ドラマが起こります。
 横山選手が右からコーナーキック。
1 これが反対側のゴールポストに当たります。
2
3 それが跳ね返ってワンバウンドします。この時点ではまだゴールラインを割っていません。
4 それを國澤選手が頭からボールに突っ込みます。命がけであります。前のおにいさん、両手を挙げちゃってますがまだ入ってませんよ。
5 そして、見事にゴールに吸い込まれます。これで3-2。大逆転であります!
8532
 さらにこのあと、横山のフリーキックの場面。
 「free.mp4」をダウンロード (233KB 音声なし)
 
 残念ながら、わずかにはずれてしまいましたが、この後も、相手の攻撃を守り切って、大大大逆転勝利となりました!
Photo_2 会場は割れんばかりの大騒ぎであります。
 選手たちも「感無量」の様子であります。いや~、歴史が変わっちゃった、
といっても過言ではないでしょう。まさかの大逆転勝利であります。
 試合後、本田監督曰く、 
「ゴール裏のお客さんに吸い寄せられるように得点が生まれた」・・・。すばらしいことおっしゃるではないですか。われわれが掃除機のように吸ったということであります(笑)。この日、前半の相手の2ゴールも目の前だし、パルセイロの3点も同様。つまり、5点すべてが目の前のゴールで生まれ、ちょっと得した気分でありますが、相手の2得点も吸い込んじゃった、ということでしょうか(!?)。
 選手、監督、お疲れさんでした。よくやってくれました。もはや長野の誇りです。これからもガンバレ!

2016年5月 4日 (水)

「子檀嶺岳」登山の巻

 「子檀嶺岳」。これは「こまゆみだけ」と読みます。一応、信州百名山であります。標高は1,223.1m 。
 この日、5月3日は午後から天気が崩れる予報のため、M部長とともに8時前に出発、上田市方面に向かいます。またまた
「真田丸」ネタか!!
 いや、違います!今日は一応、里山登山であります。まさに藻谷浩介氏著の「里山資本主義」ではありませぬが、多少なりとも「まち・ひと・しごと創生総合戦略」にも通ずるものがある?かもしれませんので、私が好きなのはやっぱ里山登山なのであります。
 ほどなく、坂城町の「びんぐし」から西方の山に車を進めます。真田丸に出ていましたねえ、信州小県(ちいさがた)の「国衆」のひとりである室賀正武の故郷、室賀地区を目指しているわけであります。(
真田丸ネタが思わず出てしまいました(笑)・・・)そして室賀峠を越え、「ささらの湯」という日帰り温泉施設に到着しました。

Photo やはり、イチオシは真田丸であります(笑)。六文銭ののぼりがたくさん立てられています。
 この後は、「子檀嶺岳」を目指すわけでありますが、3つほどある登山コースのうち、「修那羅峠(しゅならとうげ)」方向から登る「田沢嶺浦コース」を選択しました。
 
 そして、山菜を探しながら登ること、ちょうど60分。山頂に着きました。
 山頂までは林間で、さほど眺望はよくなかったわけでありますが、すごい世界が広がっていたわけであります。
 
Photo_2 ものすごい高度感!東南方向をみています。右のお椀型の山は「夫神岳(おがみだけ)」1,250m。眼下は青木村の中心部。
Photo_3 ちょっと望遠にしてみましょう。中央奥に昨年11月に登った「独鈷山(とっこさん)」1,266.3m 。そのまた右の奥には「蓼科山」2,531m。このほか、お馴染みの浅間山や美ヶ原などもよく見えていました。眺望がよいときは、富士山が見えるそうです。
Photo_4 西方向に目をやると北アルプスであります。右に五竜岳、中央に鹿島槍ヶ岳、左に爺ヶ岳。いわゆる「仁科三山」であります。
 頂上にはGWとあって、山ガールや山おじさんらが10人ほど。思い思いに写真を撮り、そしてちょっと早いですが、昼食です。私は今回初めて!冷凍の「味噌煮込みうどん」(88円也)を「保冷剤」としても役に立つのでは?ということで持ち込んで食したところ、けっこううまくいきました。皆さん、参考にしてみてください。ホント山頂は和気あいあいでした。
 そして1時間弱かけて下山。近くの修那羅峠近くにある石仏を見にいきます。以前に30年前とか見にいったような気がしますが、記憶が定かではありません。

Photo_5 こんな感じでした。
 「願」をかけに信者が訪れ、「願」がかなうと石仏をお礼にこの地に持って行くという慣習があったとのことで、800体以上の小さな石仏があるそうです。
 そして上田市の旧真田町方向から菅平、須坂を経て帰ることに。

 Photo_6 その途中、青木村の街道沿いから撮影した「子檀嶺岳」。特徴的な山の形。 ちょうど、こちら側が頂上から断崖絶壁のように見えます。どおりで高度感があったわけだ、と思ったわけでありますが、はっきり言って、登る前にこの山容を見なくてよかった・・・と思いました。
 このあと、国宝「大法寺」三重の塔に立ち寄り、須坂の日帰り温泉「湯っ蔵んど」で癒して帰りましたとさ。
Photo_9

2016年5月 1日 (日)

AC長野パルセイロレディース!ホーム4連勝!

 4/30、またまた、AC長野パルセイロレディースの試合を観戦であります。
 最近、この話題しか書いておりませんが、大丈夫です!ネタは作りつつありますから!ただし、天文ネタは天気に左右されてしまうので・・・。責任は持てませんが・・・。
 
 この日も
「日本酒命」(ニホンシュノミコト)M氏1合と私はオレンジ色で身を包み、会場入りであります。この日はテレビ中継があるということで、解説者は何と、なでしこのレジェンド「澤穂希」元選手であります。
1 澤選手、一番左ですね。

 そして今日の相手は、本田監督、横山選手の古巣
「岡山湯郷Belle」であります。
 試合が始まって早々の時間。前半の8分、早くもエース横山選手が相手のブロックから身を反転させると、左足でゴール左隅を狙って回転をかけてシュート!これがポストの右側に当たって
ゴーーーーール。であります。サポーター席は早くもラインダンスで大盛り上がりであります。
2
 しかし、相手には日本代表キャプテンの宮間選手がいて、たびたびゴールを脅かされます。これはパルセイロ反則後のフリーキックの場面。
3 
 横山選手と地元出身の
牧井選手が「壁」になり、宮間選手のキックを邪魔します。この場面では守りきりましたが、29分、簡単に相手のクロスから頭でゴールを決められてしまいます。このあたりが課題でしょうか。前節と同じ取られ方です。
 そして前半を終え、ハーフタイムに。
 後半は、ちょうどサポーター席に向かって攻めるので楽しみであります。
 すると、後半11分、ゴール前の混戦から児玉選手が右にちょっとドリブルし相手を避けてからシュート!これがキーパーの手をかすめて
ゴーーーール
 これで止まらないのが今年のパルセイロ。その2分後には、横山選手が相手からボールを奪い、ドリブルから右足でゴール右隅に技あり
ゴーーーーールを決め、3-1とリードします。超大盛り上がりであります。
 その後、1点を献上するも、3-2でまたまた勝ちました!
5 今後の試合は、5/3にアウェイで
伊賀フットボールクラブくノ一」と戦い、そして5/8(日)にホーム南長野で「INAC神戸レオネッサ」と注目の一戦が行われます。GW中、過密日程ですが、応援するぜ!ガンバレ、パルセイロ!

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »