フォト
無料ブログはココログ

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月26日 (火)

「真田街道」に行ってきました!

 相変わらず長野県内では、「真田丸」の視聴率が好調のようでありまして、始まったばかりの1月には30%超えを連発。最近も好調を維持している模様でありまして、私の周りにも大勢見ている方がおります。 

日本銀行松本支店が真面目に「長野県における大河ドラマ「真田丸」の放映に伴う経済効果」と題するレポートを発表するなど非常に「熱い」状況となっているわけであります。 

そのレポート(PDF)はこちら。大真面目です。 

http://www3.boj.or.jp/matsumoto/toku/tr1606.pdf#search='%E7%9C%9F%E7%94%B0%E4%B8%B8+%E8%A6%96%E8%81%B4%E7%8E%87+%E9%95%B7%E9%87%8E%E7%9C%8C'

  地元、長野市松代の「真田宝物館」「真田邸」などは当然ながらだいぶ前に行ったし、春先には上田城や信州上田真田丸大河ドラマ館にも行ったし、ましてや、大坂夏の陣で真田信繁(幸村)が戦死したと伝えられている「安井神社」にも行ったし。(「関西旅行の巻(その0)」しか本ブログに掲載していなくてスミマセン。機会があったら載せます。)
 
というわけで、週末、いよいよ「上州沼田」に馳せ参じてまいりました。どうやら、上田市から群馬県片品村までの国道144号、145号、120号を「真田街道」と呼んでいるようでありまして、その道を通って沼田に向かう予定であります。http://www.city.ueda.nagano.jp/contents/sanadakaidou/

 長野市を出発した私は、まずは菅平を過ぎ、鳥居峠を越え、あの有名な「八ッ場(やんば)ダム」を建設中の長野原町を目指します。しかし、このあたりは後ほど出てくる「岩櫃山」をはじめ、奇岩や断崖絶壁の山ばかりであります。吾妻川がつくる谷を何本もの近代的な橋梁が横切り、ある意味、壮観ではありますが、ご承知のとおり巨額の資金が投じられ、自然破壊も甚だしいものがあります。

 そんな中、1本の橋を渡ったところに「滝」を発見したわけであります。道の駅近くの「不動大橋」を渡りきったところにある、高さ約90m「不動の滝」であります。

Photo

 ここ「不動大橋」は、下の川から高さ100mぐらいはありそうで、下を覗き込むと足がすくんでしまいますが、その昔、この吾妻川沿いを真田一族が歩いていたのだろうと想像するわけであります。
 橋の上から上流方面の写真です。Kawa_3 しかし、調べてみてびっくり。このあたりは「八ッ場(やんば)ダム」が完成すると
「水没」するらしく、真田一族が歩いていたであろう昔の道も水没してしまうとのことで非常に残念であります。どうりでこんな高い位置に橋がかかっているわけで、2020年の完成後の景色は全く違うものになってしまうと思われます。このあたりはダム湖になってしまうのでしょうね。
 
 先を急ぎます。東吾妻町や中之条町、高山村を通過し、いよいよ沼田入りであります。ここまで一般道で寄り道も入れて3時間半ほど。
 
まずは、沼田駅前の「真田丸展」を見ます。ちょっと上田の「真田丸大河ドラマ館」に似ている感じであります。
 真田丸展の公式HPはこちら。

      http://numata-sanadamaru.com/

 入口のでかいポスターをパチリ。
Photo_2 まるで本物?のようであります。Photo_3 
 金500円也を支払い入場すると、歴史が詳しくわかるような工夫がなされ、全部見ていると1時間ぐらいはかかりそうなくらいです。当時の甲冑や手紙などを展示している松代の「真田宝物館」とは志向が異なり、上田の「真田丸大河ドラマ館」と同様、ドラマの真田丸についての展示という感じであります。なので、展示の甲冑はドラマ撮影で使用された甲冑であります。

 ここを見終わると、歩いて数分の場所にある正覚寺に向かいます。ここは「小松姫」の墓所がある寺で、小松姫ファンの私としては是非とも行きたかった場所であります。静かにお参りしてきました。長野市松代の「大英寺」にも小松姫の御霊屋がありますが、ここ正覚寺と小松姫が没した鴻巣の勝願寺、上田の芳泉寺の3カ所に分骨されているというのが定説だそうです。お墓の写真を撮るわけにはいきませんので、解説文です。
Photo_4


 そして次は、
「沼田城跡(沼田公園)」であります。五層の立派な天守閣があったそうですが、明治に取り壊され、今は本丸・二の丸跡が整備され公園となっています。1590年、真田信之が初代城主だったそうであります。この場所はブラタモリをご覧になった方ならお分かりですが、かなりの高台にあります。下を流れている利根川が削ったものでしょうか。下のほうの様子が良く見えます。
Photo_5


 そして次に立ち寄ったのが、ドラマでもよく出てくる
「名胡桃(なぐるみ)城」であります。ここは、国道沿いにあるため、山城ではないのかなと思いましたが、奥に歩いていくと、城跡の向こうは絶壁になっており、沼田城と同じく眼下の様子が良く見えたことでしょう。地元の方により大変きれいに整備されていました。Photo


 そろそろ帰路につく時間になってきました。私もアマチュアカメラマンの端くれ。何とか帰りに、かっこいい「岩櫃(いわびつ)山」の写真を撮ろうと、場所探しであります。吾妻川を挟んで反対側に良い場所はないかと細い道をクネクネ。何とか数カ所から、
かっこいい「岩櫃山」を撮影することができました・・・が、夕方でずいぶん暗い写真となってしまいました。

Iwa1 標高は802mとのことでありますが、立派な山であります。

Iwa3 ではこのへんで。

 そしてまた「八ッ場(やんば)ダム」付近を通り、真田街道を走破しての帰り道となりました。

2016年7月19日 (火)

「ながはくパートナー観望会」の巻

 海の日を含む3連休。残念ながら関東甲信越は未だ梅雨明けせず、空の状態はイマイチ。その1日目、7/16(土)は、長野市立博物館ながはくパートナーによるプラネ&観望会が開催されました。この日のテーマは「望遠鏡をのぞいて、月面写真を撮ろう!」であります。きらきらを含むメンバーの間でも、最近のブームであります。この日もまたまたパートナー&きらきらメンバーは充実した布陣であります。
 博物館前庭には、パートナーコーディネーターY氏のNinja-320、私が借用しているMT-130などを並べて、この日お越しの天文ファンに、「最高の木星、火星、土星、月」などをご覧になっていただこうと、準備万端であります。・・・が、19時を過ぎ、暗くなっても雲が南の空を覆っています。チラチラと月は見えているのですが。
 ほどなく、時間の関係で撤収を決定。一般の天文ファンの方々も帰路につきます。しかし、それを前後して、どんどん空は晴れてきます。
 早く反省会をやりたい私は撤収を優先しようと思いましたが、どんどん晴れてきます。

3_2 火星、土星、アンタレス、そしてもちろん月もいい感じです。
 2_2 こんな感じで、アイピースの近くにスマホやタブレットのカメラを近づければ、簡単に撮影できます。一応、透明なアクリル製の撮影補助装置が役に立っている模様であります。
 1_2 その後も、一般のファンの皆さんには申し訳ありませんでしたが、メンバーだけで星空を楽しんでしまいました。また来月もありますので是非お越しください。長野市立博物館のHPはこちらです。
http://www.city.nagano.nagano.jp/museum/

「ながの祇園祭 御祭礼屋台巡行」の巻

 日は前後しますが、7/10(日)に「ながの祇園祭 御祭礼屋台巡行」が催行されました。
 この祭りは・・・長野市長いわく、
「かつては、
日本三大祇園祭の一つとして教えられておりました弥栄神社の祇園祭は、善光寺門前町の各町から毎年多くの屋台が奉納され、町衆の勢いを競い合いながら開催されておりました。社会・経済情勢の変化等から、一時は中断を余儀なくされていた屋台巡行ですが、平成24年から毎年の開催が復活し、今年はその5年目ととなり、一つの節目を迎えます。祭りの定着が図られてきておりますことを大変うれしく思います。」
 とのことであります。
 私の勤務する会社の関係者も大勢参加しているとあって、午前中から取材であります。
 まずは10時に「お先乗り」のK少年が、「神の代理として」馬に乗り、綱切りの儀式です。綱を切った瞬間であります。

1 その後は、4つの町(権堂町、桜枝町、南千歳町、東町)の屋台が中央通りを中心に練り歩きます。
 権堂町の「勢(きおい)獅子」が善光寺仲見世付近にやってきました。

2 
 そして、このあと善光寺山門で奉納の舞いを披露します。どうやら今日はニュースでお騒がせの大勧進のG.K住職の姿は見えない模様であります。3 ほうら、普通のカメラマンの上から撮影。お気づきでしょう。自作の自撮棒ならぬ伸縮棒による撮影であります。絶大なる効果であります。久々の登場であります。
 その後、山門の北側に回り込み・・・。

4 赤い傘の下には、おそらく最高に偉い方がいらっしゃるわけですが、勢獅子が真正面に。まるでトトロのようであります。
 その後、各町が奉納するなど、蒸し暑い1日ではありましたが、終日、善光寺界隈はにぎわっておりました。
 午後になって、桜枝町方面で屋台に出会いました。
8 こんな感じで、暑いなか、屋台の上で踊ります。この方は、平成21年7月の「きらきら上海皆既日食ツアー」に同行した知る人ぞ知る、Yさんです。
 ところで、桜枝町にはこんな素敵なお店もありますよ。三河屋洋傘店であります。
 店内は、所狭しと洋傘が置かれています。ここのご主人さんと奥さんで、本当に生地から創っているそうです。蒸し暑いなか、扇風機が良い雰囲気出してます。これ、エアコンだとダメです。

9 その後は、長野駅~善光寺の七福神巡りガイドの練習(笑)の経験がある私ですから、散策であります。
 さてここはどこでしょう?

6 石畳の石にまるでシールのように描かれていますが、ちゃんと彫られています。
7_2 ほうらここにも。粋な取り計らいであります。
Kasa というわけで、最後の3枚の写真は、ある人に教わりました!こういうの楽しいと思いませんか!
 七福神巡りガイドの練習では教えてもらわなかったし~。楽しいお祭り&散策でした!

2016年7月14日 (木)

宇宙見会(そらみかい)の巻

 昨日7/13、梅雨の真っ只中ではありますが、観望会開催であります。その名も「宇宙見会(そらみかい)」。後で出てくる「真子ちゃん」さんが名付け親であります。
 この日の開催場所は、善光寺門前に近い「新小路カフェ(SHINKOJI CAFE)」が入居しているビル?倉庫?の屋上であります。ちょっと、この場所について説明します。
このあたりは町名で言うと、大門町と東町の間。この二つの町を東西に繋ぐ細い小路があり、何十年前には洋食屋、鰻屋、文房具屋などが立ち並ぶ賑やかな小路だったようであります。しかし近年、建物も古くなり、当時の賑やかさが影を潜めてしまいました。しかもその文房具屋さんが数年前に倒産したようであります。しかし、ほどなく文房具屋さんが本社兼倉庫として使っていた建物をリノベーションするプロジェクト、その名もSHINKOJIプロジェクト」が立ち上がり、2年ほど前にリノベーションが完成したとのことであります。最近、空き家となった古民家を再生(リノベーション)してお店をオープンするような例が多々ありますが、その倉庫版であります。

7/2のばてぃお大門での「善光寺表参道ギャラリーウィーク」でのイベントで、博物館S氏1が星の話をしたわけでありますが、そのときに「何かの縁」があり、今回の観望会実施に至った模様であります。おそらく後で出てきますが、主催した「たまちゃん」さんによるお誘いだと思われます。

この建物は4階建てで、カフェのほか、貸しオフィスやシェアハウス、アトリエもあり、ずいぶんな広さがあります。その屋上での開催であります。

この日のGPV天気予報は、日中は雨、夕方は曇り、そして夜は雨。しかし、会社を終え、徒歩で現地に向かう途中、雲間から上弦の月がチラホラ。到着すると、いつものメンバー(約10人・・・名前省略!)が揃い、パートナーコーディネーターY氏のドブソニアンと県S協会OBのT氏3号のセレストロンC8をセッティング中であります。

まあ、全天のうち89割が雲で覆われているわけでありますが、運がよいことに南の空は雲が薄く、なんとか月が見えます。

1 すると、望遠鏡を覗いた「たまちゃん」さんだか「真子ちゃん」さんだか分かりませんが、「ギャー」だの「ウー」だの、やや動物的な声(失礼)を発し、飛び上がって喜びを表現しております。超ラッキーガールであります。
2
 ましてや、暗くなり、「木星」や「火星」そして「土星」を見ちゃったものですからどんどんエスカレートしていくわけであります。
 どうやら、この建物の向かいにある「東町ベース」というところで、毎週水曜日に「まちくらしたてもの会議」なる会議というか、寄り合いが開かれているとのことで、有識者を含め「まちづくり」を継続的かつ前向きに検討しているわけでありまして、このメンバーらがこの日集まったメンバーとのことであります。皆さん、一様に驚かれ、喜んでいただきました。「真子ちゃん」さんはタブレットのカメラで月の撮影に成功し、その日のうちにFacebookにアップしておられます。スバラシイ!
 なお、「東町ベース」ですが、1階は「WANDERLUST」と呼び、お花やさん/フローリストの「聖子さん」と「真子ちゃん」さんで場所をシェアしているとのことであります。

https://www.facebook.com/wanderlust.japan/

 私はスマホでコッソリ撮影した土星を載せちゃいます。たいしたことありませんが、この市街地ではGOOD。(セレストロンC8で撮影)
3

ほどなく、「宇宙見会(そらみかい)」が終わり、向かいの「東町ベース」に移動して、お茶を一服。「たまちゃん」さんと「真子ちゃん」さんに普段の活動内容などをお聞かせいただきました。仕事柄、興味津々であります。
4 手前右が「たまちゃん」さん。右上でガラスに向かって絵や字を描いているのが「真子ちゃん」さん。
51
 
というわけで、これからも楽しそうなコラボの実現でありました!
 注:土星の写真以外はプライバシーの観点からわざとボカしてあります!

 

AC長野パルセイロレディース、仙台に逆転勝ち!

 更新が遅れております。きらきらの行事・イベントもさることながら仕事も気を遣うわけであります。
 先日の7/9(土)なでしこリーグカップ戦の第6節はベガルタ仙台戦であります。
 仙台は日本代表の川村選手らを擁し、3/26のリーグ戦第1節(2-3)、リーグ戦第1節(1-2)でいずれも敗れている相手であります。何とか雪辱を期し、
「日本酒命」(ニホンシュノミコト)M氏1合天然宙(そら)ガールC嬢と共に会場入りであります。
 つい数日前に、なでしこジャパンのスウェーデン遠征に、我らがAC長野パルセイロから、エース横山選手と国沢選手が選出されました。
国沢選手は初招集ということで、ホントおめでたいことであります!
 そして試合が始まります。

Off
 先発選手の平均身長は仙台のほうが5cmほど高く、CKなどのセットプレーに気をつけなければならないわけでありますが、さすがは日本代表の川村選手。前半終了5分前ぐらいにCKからキレイにヘディングシュートを決められてしまいます。
 ところが、これでハートに火が点いちゃったのか、その2分後に守備の裏に走り込んだのが、
「日本代表」の国沢選手であります。GKが来る直前に右足の先を伸ばしシュート。蹴った瞬間、ゴール方向にボールが来ますが、まるでスローモーション。「は・い・っ・て・く・れ・!」って感じであります。入るまでの時間がとても長かったです。まさに「固唾(かたず)を飲む」とはこのことでありましょうか。(注:このとき3人は「固唾」ならぬ、生ビールまたは日本酒またはワインを飲んでいた。)
 勢いはありませんでしたが、ツーバウンドしてゴール左隅に吸い込まれます。「日本代表」ですから精度が高いです!やったー!というわけで本日第1回目のラインダンス!。
 そして後半に入りますが、蒸し暑いということもあり点は入りません。ホント選手は頑張っているのですが。
 しかし、ここを打開するのがエースの仕事。
 後半40分。MF齋藤選手が倒され直接フリーキックをもらいます。距離は45m。ゴール前の密集地帯に放り込んで、1点もぎ取りたい!と思ったわけでありますが、横山選手が蹴ったボールは、グングン勢いを増し、何とGKの頭を越え、直接
入っちゃいました~~~!。
 外人GKでしたが、まあ、世界のエース横山選手には全く歯が立たなかったようであります。
 というわけで2回目のラインダンス。
 そして終了前のピンチをGK池ヶ谷選手が凌いでくれて、試合終了!
 雪辱を果たしてくれました~!
 やったぜ、我らがAC長野パルセイロ!ガンバレ!

21
 ここまで、文字と2枚の写真だけで説明いたしましたが、なでしこリーグのオフィシャルサイトに動画があります。 
 こちらをどうぞ。(注:音が出ます)

 http://www.nadeshikoleague.jp/news/2016/0712_1007.html#modal-video01

 なお、スウェーデン戦は、7/21(木)日本時間で23時キックオフです。BSフジで生中継があります。皆さん、応援しましょう!

2016年7月 3日 (日)

「ライトダウンキャンペーン2016inながの」に出動!

 先日、7/1の金曜日、既にお伝えしてあるとおり、「ライトダウンキャンペーン2016inながの」に出動してまいりました。帰りの通勤時間帯というか、これから飲みに行く時間帯の長野駅前であります。
 この日は午後から曇りという天気予報でしたが、なかなか雲が現れず、木星やら火星やら土星やら、見映えのする惑星が空をにぎわしているので大いに期待できそうであります。
 集合したのは、
アルゼンチンタンゴダンサーT氏、「日本酒命」(ニホンシュノミコト)M氏1合、元博物館プラネのおねいさんA嬢、県S協会OBのT氏3号、パートナーコーディネーターY氏、パートナーTくん、働くサラリーマンK氏、天然宙(そら)ガールC嬢、ワイン好きスキーヤーE嬢、博物館S氏2号、星のソムリエ公務員S嬢、パートナーC嬢、とそのお友達でしょうか(笑)。最近、活動が非常に盛んでありまして・・・漏れがないといいんですが・・・。
 そして、長野駅前の如是姫像の周りに、キャンドルが並べられ、始まりであります。
Wa 今日のコンサートの出演者は葦木啓夏(美咲改め、あしきひろか)、清水まなぶ、ラフダイヤモンズの皆さんです。心地よい音楽で人々を和ませてくれます。
 我々はというと、望遠鏡を5台並べて、行きかう人々に星を見せたい・・・ところでしたが、天気予報どおり、徐々に雲が厚くなってきてしまいました。
Mati 我々は、パートナーコーディネーターY氏のドブソニアンのほか、MT-130、C8、ETX90などを並べて、雲間から惑星が現れないか、ワインならぬ固唾(かたず)を飲んで空を凝視します。
 すると、 
「火星でたゾ!」という大声が。長野駅の大屋根の上付近の雲間から確かに出ています。木星のほうが可能性が高いと思っていた私でしたので、慌ててMT-130に火星を導入します。LV5mm、160倍であります。続いて、ETX90にも導入します。こちらはLV10mm、125倍であります。ポラリエにて自動追尾しております。
 ちょうど周辺におられたラッキーな方々だけ見ることができました。
 その後は、雲に入ったり、またきまぐれに出てきたりしていましたが、ついに木星と土星はみることができませんでした。残念。この行事、梅雨時期に開催されるので、やはり晴れる確率は低いですかね。
 
 ところで、最初の写真の「キャンドル」はアップにするとこんな感じです。
Bin 我々参加者の誰かが自らのメッセージをこのキャンドルに託したようであります。ちなみに当然ながら女性であります。
「楽しい毎日が過ごせますように」。まさに同感であります。
 午後9時近くなってきましたので、そろそろ撤収。そして今年度に入って最大規模の「反省会」を高級イタリアンレストランサイ○○ヤにて開催。今後の活動予定やらを確認しながら夜が更けるまで続けられました。
 どうやら、8月6日(土)は「原村星まつり」に出動することが決定したようです。

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »