フォト
無料ブログはココログ

« 「第68回諏訪湖祭湖上花火大会」に出動の巻 | トップページ | 「胎内星まつり」に今年も出動!の巻 »

2016年8月21日 (日)

上越市「星のふるさと館」訪問の巻

 けっこう近くにあるのは何となくわかっていたけど、行ったことがなかったプラネタリウム。それが、上越市にある「星のふるさと館」であります。
 何と行ってみたら長野市北部の我が家から、わずか1時間!で到着。上越市清里区青柳の坊ヶ池湖畔にあるこの施設。

S20160821_140318 こんな感じの施設であります。ちょっとした山の上のほうにあります。かたわらには「坊ケ池」という湖があります。
S20160821_145448 早速、入場し、プラネタリウムを見ます。約1時間の番組で、前半は「夏の星空」、後半は「HAYABUSA2」。プラネタリウムが終了すると写真の天体ドームで昼間の星の観察であります。やたら面倒見のよい職員さんです。
 まずは、
アークトゥルス。そしてミザール。ちょっと雲が多かったのですが、見えている星を見せてくれました。昼間ですよ!
 さすがはNishimura製65cmF12カセグレン式望遠鏡。どうやら、新潟県下で最大の模様であります。

S20160821_130824 スペックはこちら。
S20160821_131813 (株)西村製作所のリンク先はこちら。
 
http://www.nishimura-opt.co.jp/
 
 北側はこのとおり晴れています。直江津港が左端のほうに見えています。透明度よいです。

S20160821_140824 レストランの展望席から日本海方向。
S20160821_144703 おもてなしの看板の向こうに「坊ケ池」が見えています。
 
 帰りは近隣の
櫛池隕石落下公園へ。
 1920年にこのあたりに隕石が落下。現物はさきほどの「星のふるさと館」で見ることができます。
S20160821_151401_2 子供たちが興味津々に覗いておりました。
 今日も天体三昧の充実した1日でした。

« 「第68回諏訪湖祭湖上花火大会」に出動の巻 | トップページ | 「胎内星まつり」に今年も出動!の巻 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1406084/67117206

この記事へのトラックバック一覧です: 上越市「星のふるさと館」訪問の巻:

« 「第68回諏訪湖祭湖上花火大会」に出動の巻 | トップページ | 「胎内星まつり」に今年も出動!の巻 »