フォト
無料ブログはココログ

« 信州の紅葉(その4)「清水寺」 | トップページ | 第111回「長野えびす講煙火大会」の巻 »

2016年11月17日 (木)

「きのこ狩り」大収穫の巻

 私はと言えば、カメラを持って紅葉や山の写真を追いかけているだけだと思っておられる方もいらっしゃるかもしれませぬが、パートナーコーディネーターY氏の「お誘い」、すなわち「きのこ狩り」に参加したわけであります。きのこっておいしいですよね。
 今回の参加メンバーは、だいたい「いつものとおり」でありますが、
Y氏のほか、イケメンパートナーTくん、天然宙(そら)ガールC嬢、アルゼンチンタンゴダンサーT氏、そしてY氏の釣り仲間でありながら、「きのこ名人」のK氏。以上6名であります。これは11/13(土)の出来事であります。
 きのこ狩りと言えば、私も何回か行ったことはありますが、きのこを探しているうちに仲間とはぐれたり、雑木林でケガをしたりというような危険もある一方で、採れたらごちそうであります。
 早朝に飯山に集合した我々はK名人に従い、舗装していない山道を車で登ります。
 そしてポイントが近いのでしょうか、やおら車を停め、山に入ります。ズボンは破れてもいいようなボロっちいものを着用します。
 入山して1分。
S20161112_092321  何ということでしょうか。このような状態でナメコが・・・。
S20161112_092333_2 天然のナメコであります。丁寧に収穫すること5分(笑)。1カ所でこんなに採れるなんて。
S20161112_094826  チャナメと言われるナメコの仲間。

  30分ぐらいで皆のビニール袋はいっぱいになってきます。大豊作であります。
 しばらく採りに採りまくって、名人は「湧き水」の出る場所に移動します。その湧き水で「きのこ」を洗って、いよいよ「きのこ鍋」の始まりであります。
S20161112_114505_3 そしてY氏とK名人で「きのこ鍋」の仕込みであります。
S20161112_122131 こんな感じであります。おいしそうであります。
S20161112_122053 こうして我々は好天のもと、きのこ鍋を堪能したのでした。自家製の七味を大量にかけると「きのこ鍋」は最高であります。私は辛党であります。ハバネロを栽培しております。

« 信州の紅葉(その4)「清水寺」 | トップページ | 第111回「長野えびす講煙火大会」の巻 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1406084/68470443

この記事へのトラックバック一覧です: 「きのこ狩り」大収穫の巻:

« 信州の紅葉(その4)「清水寺」 | トップページ | 第111回「長野えびす講煙火大会」の巻 »