フォト
無料ブログはココログ

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月25日 (日)

今年最後!長野市立博物館「星空観察会」の巻

 昨日、12/24、今年最後となる長野市立博物館「星空観察会」が開催されました。
 12/24ですよ!世間一般に言う
「クリスマス・イブ」ですよ。普通は恋人同士がラブラブで過ごす日。
 でも、第4土曜日です。なので「星空観察会」、やるんです!

 この日、集まったのは、だいたいいつものメンバーであります(大笑)。いったいメンバー達はどんな生活をしているのでしょうか?
Skai 朝は我が家で積雪が2cm。その後の天気予報も悪かったわけでありますが、午後から夕方にかけてどんどん晴れてきます。
 しかし、やはり長野盆地は夜になると冷えてきます。そして、「星空観察会」の開始。西の空に
金星が輝いています。
 この写真、
星のソムリエ公務員S嬢がボーナスで思い切って買ってしまったEOS KISS X8iでの撮影であります。金星のほか、すばる、アンドロメダ、h-x、などを観察します。

 ほどなく終了し、いつものとおり高級イタリアンレストランサイ○○ヤへ。まさにクリスマスパーティーであります。10人の大所帯であります。
 普通の家庭は鳥のモモ肉かケンタッキーフライドチキンを食べている時間でありますが、我々はサイ○○ヤの「辛味チキン」であります(笑)。もちろん、アラビアータ、ペペロンチーノ、シーザーサラダ、チョリソー、アイスティラミスも注文であります。
 そして、だんだん盛り上がり、何故か「手品の時間」。
 Stejina 何ということでしょうか。私がやった手品を
星のソムリエ公務員S嬢が再現している場面であります。千円札の上に10円玉が乗っています。結構、ピンと千円札が伸びているのに、アーラ不思議。
 種あかしは次回以降に。皆さんも挑戦してみてください。

 
 

2016年12月12日 (月)

「きらきら大忘年会」開催の巻

 去る12/10(土)、恒例の「きらきら+ながはくパートナー」大忘年会が開催されました。
 場所は例年のごとく、長野市権堂町のスナック
「ベニス」であります。コストパフォーマンス最高、お値打ちなお店であります。
 この日は、
副会長S氏1号、県S協会OBのT氏3号、星のソムリエ公務員=カモシカガールS嬢、パートナーコーディネーターY氏、ワイン好きスキーヤーE嬢といった主力メンバーが多忙で欠席となってしまいましたが、それでも15名の参加であります。
 17:30ちょうどに第1回目の乾杯!

 年に1度の大忘年会とあって、メンバー一同、気合はノリノリであります。乾杯直後の1枚はこちら。

S1 どうやら、天然宙(そら)ガールC嬢が、細いパイプ状のストローで飲み物を吸うと、管がメガネのようになっているという、何十年か前にはやったパーティーグッズ???に挑戦であります。いったい、どこを見ているのでしょうか(笑)。
 30秒ほどで、生ビールの半分以上をチューチューしちゃった模様であります。

 S2
 おやおや、こちらの怪しい二人は、イケメンパートナーTくんと妙高高原美人R嬢であります。そして、ビンゴ大会に突入であります。
S3 ビンゴ大会が始まると、徐々にハイテンションな方が増加するわけであります。ここにも一人、いったい誰かと思ったら、元博物館プラネのおねいさんA嬢ではあ~りませんか(笑)。
 奥の方にはビンゴ大会で、幸か不幸か当たってしまい、パーティーグッズの
「クリスマス調の衣装」と、クリスマスには全く関係がない「アヒルのかぶり物」をしている「妙な」二人が。どうやら「自宅に帰るまで着用義務」を課せられちゃったM夫妻のようです(笑)。
S4 続いて「ベニス」のマスターであります。ノリノリであります。「今日のお客は楽だな」・・・。

 一旦お開きのあとは「カラオケ」であります。お正月早々に開催される?予定の「きらきらカラオケ大会(仮称)」の予行演習であります。
S5 皆さん、あ~、今日もだいぶ飲んでしまいましたね。いい忘年会でしたね、来年もがんばりましょう!

2016年12月 9日 (金)

またまた「ゲリラ観望会」を敢行!

 去る12月3日。この日の長野県北部は「またと無い」快晴!。というわけで、きらきら会長の発案で「ゲリラ観望会」の連絡網が急遽、入りました。
 連絡はその日の10時前後でありましたが、もちろんオッケーであります。
 前回も実施した小布施ハイウェイオアシスに場所を決め集合であります。この日の集合は、だいたいいつものメンバーであります(笑)。 当日の連絡網でありましたが7人が集まりました。全員、ヒマなのでしょうか?
 そのような愚問には、「いや、使命感に燃えているだけですが、何か?」と答えちゃいます。なんちゃって。
Simg_4281  日没前、槍ヶ岳が見えています。小布施町からも見えちゃうんです。直線距離で70kmはありそうです。
Simg_4284  三日月と金星が西の空に。肉眼でも地球照が見えています。
Simg_4290_2  1秒ちょっとの露出であります。
Simg_4296_3  2時間ほどお越しになる人々に月、金星、すばる、二重星団、M57などをご覧いただきました。そろそろお開きでしょうか?スタッフ全員、防寒具に身を包み・・・お菓子を食べているの模様であります。
S20161203_185707_2  この日の月の写真はこちら。私の古いギャラクシーにて。
 その後は、反省会であります。前々から行こうと思っていた長野市三輪の
「がじゃもんや」へ移動。
S20161203_210810  おしゃべり(笑)のマスター(店長)が焼いてくれます。こちらは
「お好み焼き」
S20161203_220156 こちらは
「もんじゃ焼き」を焼いている途上であります。参加メンバー7人で楽しんじゃいました。なかなか美味しかったゾ。またみんなで行ってみましょう! 

2016年12月 5日 (月)

「仙台市天文台」に行ってきた!

 先週の11/26(土)に、出張(笑)して「仙台市天文台」に行ってきました。
 こんなに簡単に仙台に行けるのも、JR東日本の
「大人の休日倶楽部」のおかげであります。15,000円で4日間、新幹線も含め「乗り放題」。しかしながら、読者のお若い皆さんはダメなんです。私のように、50歳以上でなければ・・・。ああ、我が人生、先は短し・・・(笑)。誰と行ったかは秘密であります。
 
 仙台市天文台といえば、そのまた昔は仙台駅からほど近いところにあったことを記憶していますが、今は移転し、ローカル線(仙山線)で愛子駅まで行って、バスに乗ります。
 さて問題です。「愛子駅」は何と読むのでしょうか?
 
 そしてこの日は快晴。到着は昼過ぎごろ。

1 すばらしい外観であります。
2 別の角度から。左のドームに、この下の写真にある「1.3m望遠鏡ひとみ」があります。
3 カセグレン式1.3m。東北地方では口径が最大の公開望遠鏡とのこと。確か最大は、西はりま天文台の「なゆた」の2.0mですかね。
 写真のとおり、1.3mの望遠鏡を支えるためには、人の背丈の5倍?ぐらいの高さの経緯台が必要であります。4 ドームを開けて、このあと、こと座の0等星「ベガ」を見せてくれました。サッカーチームの「ベガルタ仙台」はこの「ベガ」が語源になっているようです。
5 こちらは展示室の一角であります。左は昔のイプシロン30cm。
 右下は反射の双眼!にしか見えません。
6 展示室は宇宙のこと、星のことを考えさせるすばらしい展示ばかり!そんな中、小学生の低学年と思しき宇宙少年が、熱心に展示物を見ている姿を目にします。

 皆さんもぜひ機会があれば行ってみてください。

 そして仙台駅前の様子。ハピナ名掛丁商店街(はぴな なかけちょう しょうてんがい)のアーケード。
8 さてさて、牛タンの美味しいお店「利休」に向かいます。
9_2 すると何ということでしょうか、長蛇の列であります。
 10 今度はラーメン店にも列が。Oh、No!
 そして仙台の夜は更けていきました・・・。
 仙台市天文台のお土産はこちら。
 例のキャンディーは種類が増え、今回は木星を買ってきました!7

2016年12月 1日 (木)

第111回「長野えびす講煙火大会」の巻

 またまた更新が遅れております。
 去る平成28年11月23日、第111回となる「長野えびす講煙火大会」が開催されました。
 この日は寒波が列島を覆い、非常に寒いわけであります。翌日には54年ぶりに東京都心や関東平野、千葉などにも積雪をもたらした、あの前日であります。
 
 例によって前日に場所取りを完了。
 
私はと言えば、久しぶりにアルコール無しでの花火観戦であります。とにかく毎年飲んじゃってるので、トイレが大変なわけであります。しかもトイレは大混雑なので、写真撮影の時間がかなり減るわけであります。
 そして18時を迎え花火開始であります。

Simg_3784_2 新作花火のひとつでしょうか。
Simg_3795 以下、写真を中心にお伝えします。
Simg_3796 美しい色彩であります。
Simg_3814 某地方テレビ局のキャラでしょうか。
Simg_3841 そしてだんだん盛り上がり、私的には真田丸の音楽とともに打ちあがる「ミュージックスターマイン」が感動的でした。
 動画を見たい方はこちらのYouTubeをどうぞ。(注:音が出ますよ)

https://www.youtube.com/watch?v=gBi8r8W73Pw
 Simg_3848_2 やっぱり明るい花火は露出オーバーに。
Simg_3863 またまた大好きな七色に輝く花火。
Simg_7998_2 カメラは2台体制。TAMRON製18-270mmズームレンズにて18mmで撮影。このレンズ、確か一昨年のえびす講煙火大会のときにトラブルに見舞われ、手振れ補正装置が壊れたので使用していませんでしたが、花火撮影では手振れ補正は必ず解除しますので今回活用であります。現在の同社製の同スペックレンズは口径62mmで中国製若しくはベトナム製なのですが、これは口径72mmで日本製なので何となくいいかもです。
Simg_7979 これも同レンズにて。
Simg_3927 これがベストショットでしょうか?こちらはSIGMAの単焦点レンズ。対角魚眼10mmF2.8にて。お隣さんのカメラまで写ってしまいました。
 寒くてもこの花火は人気があります。観客数は30万人、40万人とも言われています。
 先日の日本経済新聞の「何でもランキング」の
「澄んだ夜空に色鮮やか あなたと見たい冬花火10」で、堂々の全国一でした。
 その記事はこちら。
http://style.nikkei.com/article/DGXKZO09646930X11C16A1W01001?channel=DF260120166506

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »