フォト
無料ブログはココログ

« ちょっと自宅から撮影。 | トップページ | 長野市立博物館「ほしぞら観察会」の巻 »

2017年1月26日 (木)

長野市役所旧第一庁舎、解体の巻

 前回の更新から非常に久しぶりになっております。前回は自宅ベランダから「星」の写真を撮影し掲載しておりましたが、まるで夢のような環境にあったわけであります。というのも、その2日後あたりから、ここ信州の北部は大雪に見舞われて5日間ほど連続で降雪。長野市中心部でも50cmの積雪となりました。我が家のベランダもかなりの積雪であります。
 というわけで、天文に関するネタがないため、今日は、おもしろい?ものを掲載しちゃいます。

 昨年の夏から解体が始まった長野市役所旧第一庁舎でありますが、実は私の通勤途上にあり、その解体の様子を「定点観測撮影」していたわけであります。
 この庁舎は1965年(昭和40年)に新築されました。その後、人口増加や機能強化のため1987年(昭和62年)に第二庁舎が新築され、機能は半減しますが、長野市の象徴的な建物でした。私の父親も市の職員だったため30数年間、この庁舎を中心に勤務していたとのことであります。
 今般、隣接の長野市民会館の建て替えと同時に旧第一庁舎は解体されることとなったわけであります。現在、長野市民会館は「長野市芸術館」として生まれかわりました。
 というわけで、解体される直前の旧第一庁舎はこちらです。2016年7月13日のスマホによる撮影であります。

0713_2 私はこの市役所の近くに勤務しているわけでありますが、天気が良ければ約6kmの道のりを自転車通勤しているわけであります。しかしながら、この秋は、通勤途上の橋が工事で通れないため遠回りを余儀なくされ、長野電鉄の利用が増えたわけであります。そして、撮影を始めたのが2016年7月13日。撮影の最後が同11月2日。4カ月弱ですから約100日のうち、長野電鉄で通勤した約40日間、すなわち40枚、定点から写真を撮影し、これを動画にしてみました。
 それがこちら。

 「347kb.mp4」 

 ちょっと、斜めになったりギクシャクしていますが、こうして、ほぼ私が生まれたころに建てられた思い出の建物が解体されました。
 残念でありますが、時の流れは速いもの。意外と人間のほうが長生きですね。おしまい。

« ちょっと自宅から撮影。 | トップページ | 長野市立博物館「ほしぞら観察会」の巻 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1406084/69384436

この記事へのトラックバック一覧です: 長野市役所旧第一庁舎、解体の巻:

« ちょっと自宅から撮影。 | トップページ | 長野市立博物館「ほしぞら観察会」の巻 »