フォト
無料ブログはココログ

« 「きらきら定例会」開催の巻 | トップページ | タンジェントアーク現る!の巻 »

2017年2月28日 (火)

長野市民新聞の記事

去る、225日の長野市民新聞にこんな嬉しい記事といいますか、投書が載っていました。ホント嬉しいことですよ。

  「2月19日に八幡原のプラネタリウムへ娘と行って来ました。満天の星空タイムと題して、40分間の星空解説と星の観察会です。」
 なるほど、お母さまと娘さんでプラネタリウムにお越しになったのですね。

 「学芸員の方の解説の声が素敵で、その日の夜8時の星空解説が中心でした。」
 なになに?誰々?

  この「声が素敵」だった学芸員さんはどちらなんでしょうね。気になりますねえ。しかし、これは、プラネタリウム解説者冥利に尽きますね。さらに続きます。

 「早速8時に星空を眺めました。素晴らしいほど晴れ、オリオン座、ふたご座、おうし座、おおいぬ座、こいぬ座が解説のとおりに見えました。」
 なるほど、プラネタリウムは忠実だったのですね。と言いますか、本当の星空を、忠実に(どんな天気でもお手軽に)屋内で見ることができるようにした機械がプラネタリウムなんですかね。さらに続きます。

 「250円の入館料でこんなに星空が楽しめるなら、季節ごとに行きたいと思いました。」

  「季節ごと」と言わず、毎週来てくださいね。それと第4土曜日は晴れていれば望遠鏡で本物の星々をご覧いただくこともできますよ。月が出ていればスマホで撮影もできちゃいますよ。
Simg_0884_2 ぜひともお越しくださいませ。
 それにしても「声が素敵」だったのはどっちなのだ?

 
20170225

« 「きらきら定例会」開催の巻 | トップページ | タンジェントアーク現る!の巻 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1406084/69761390

この記事へのトラックバック一覧です: 長野市民新聞の記事:

« 「きらきら定例会」開催の巻 | トップページ | タンジェントアーク現る!の巻 »