フォト
無料ブログはココログ

« 長野市民新聞の記事 | トップページ | 久々の軽井沢の巻 »

2017年3月13日 (月)

タンジェントアーク現る!の巻

 まだまだ朝晩が冷え込む今日この頃の信州でありますが、昨日3/12、少しは暖かくなってきたので、軽井沢方面に写真を撮りにでかけました。
 松代町を通って、地蔵峠へ。すると、北方向に美しい山々が見えてきます。

S1 まずは、左から戸隠連峰。左の険しい山々は西岳連峰と言われているところです。中央やや右がいわゆる戸隠山。そして右のピークは長野市の最高峰の高妻山。
S2
 高妻山の右になりますが、スキー場の真上が飯縄山。その右にピークがありますが、飯縄山の一部の霊仙寺山でしょうか。その右に見えづらいですが黒姫山。その右の台形の最も高いピークは妙高山です。

 そして、地蔵峠のピークを越えて、旧真田町の傍陽(そえひ)付近を走行中のことでありますが、空に七色の部分が!
 おーっ、これは得意の「環水平アーク」かな?いや、あれは梅雨とか夏に出るのだゾ。それがこれ。
S1_2 はて、何でありましょうか?最初に目に飛び込んできた部分で、水平に見えるのでありますが・・・。
 ところがさらに上を見上げるとこんな感じ。

S2_2 この円形のものは、あまり見たことがありません。真円だったら、太陽を中心として22度付近に出る「暈(かさ)」でありますが、このつぶれた様子を見ると、どうやら太陽の上の七色が「上部タンジェントアーク」、太陽の下の七色が「下部タンジェントアーク」のようであります。上部の七色部分は、左右にツノが生えているようにも見えます。
 
 この日の夜に、大西先生が長野市で月にかかる「タンジェントアーク」を撮影されていますので、参考にどうぞ。
https://twitter.com/koujiohnishi/status/841129559969808384/photo/1 

 このあと、軽井沢方面に向かいます。続きは次回のお楽しみに。

« 長野市民新聞の記事 | トップページ | 久々の軽井沢の巻 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1406084/69913042

この記事へのトラックバック一覧です: タンジェントアーク現る!の巻:

« 長野市民新聞の記事 | トップページ | 久々の軽井沢の巻 »