フォト
無料ブログはココログ

« 「家観望会」実行の巻 | トップページ | 久し振りの「タケノコ狩り」の巻 »

2017年6月 8日 (木)

「環水平アーク」現るの巻

 私はと言えば、ソフトテニスだけは今も趣味でやっております。会社のクラブに入っていて、若者らと練習をしているわけであります。前にも書いたとおり、7月に県大会がありますので、その大会での優勝を目指して頑張っているわけであります。なお、この県大会は予選などはなく、「出ます!」と宣言すれば出場できる仕組みになっているわけであります(笑)。
 その練習があった
6月3日の土曜日。いつものように長野市北部の我社のテニスコートで練習をしていたわけであります。この日は、上空に寒気が入り、6月なのに肌寒い天気。
 もしや、例のやつが・・・出るかも。それは何らかの原因により、空で起こる現象であります。経験上、それを感じていたわけであります。
 そしてまさに「乱打中」に見えてきました。それがこれ。
S1 これはスマホでの撮影であります。七色が鮮やかに現れています。テニスコートの隣は野球場であります。
S2 これは、慌てて(車で5分の)我が家に戻り、EOSで撮影したもの。かなり濃い色が出ています。後方の雲の位置、濃さがめまぐるしく変化し、環水平アークの七色の濃さもその都度、変わります。
 そしてテニスコートに戻ります。

S3 拡大するとこんな感じ。練習している仲間に、これは珍しいからスマホでの撮影を勧めます。
 夕方の民放ニュースで、このような見え方の部分が放映され、これを「彩雲」と言っていましたが、それは間違いです。ちゃんと「環水平アーク」と言ってくださいね、NBSさん。

S5 何回か見ている現象でありますが、今回のものは、色が濃く出ていました。後方の雲の出方で、環水平アークの見え方も変わることを、よく理解できました。
 毎年、5月~7月に見られる現象です。まだまだ見られるチャンスはありますので、昼間も「空」に注目です!

« 「家観望会」実行の巻 | トップページ | 久し振りの「タケノコ狩り」の巻 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1406084/70803812

この記事へのトラックバック一覧です: 「環水平アーク」現るの巻:

« 「家観望会」実行の巻 | トップページ | 久し振りの「タケノコ狩り」の巻 »