フォト
無料ブログはココログ

« パルセイロトップチーム、富山に辛勝! | トップページ | 「環水平アーク」現るの巻 »

2017年6月 5日 (月)

「家観望会」実行の巻

 最近の夜と言えば、月と木星が絶好の観望時期を迎えております。というわけで、6月1日(木)の夜、今シーズン初となる「家観望会」を実行いたしました。
 まあ、暖かい時季に年間数回以上やっておりますので、珍しいわけではありませんが。ただし、気まぐれであります。
 しかし、家の配置の関係、また、となりの道を隔てた3階建てのアパートの関係で南中付近に対象がいないとダメなわけであります。

 GP赤道儀・三脚は車に積んであったので、あとはMT-130を乗せて電源をつなぐ程度の軽作業。
 
Sp6010902 そして現在83歳の父親と81歳の母親を庭に招待します。既にパジャマに着替えている模様であります。頭には1本の毛も生えていないように写っておりますが、耳の上から後頭部にかけては奇跡的に毛が生えている状況にあります。天頂?付近は何も生えていない状況にあります。(将来、不安な筆者であります。)
 Sp6010904 まるで記念撮影のように構える父母。どうやらカメラを向けられると、それなりの恰好をしなければならない、そういう時代を生きてきた模様であります。「自然体に!」と5回ぐらい言ってもこのとおり。
 しかし、この老夫婦、意外や意外。星が大好きなのであります。ものすごいリアクションで喜んでくれるので、このような機会を増やしたいと思っています。

 ところで、この日の月齢は6.7ということで、ほぼ上弦。
 LV-4mmだと200倍になりますが、老夫婦とともに月を観望していると、奇妙な谷のような構造を発見。スマホでの撮影ですがこちら。
Stuki1 左下にナイフで切り付けたような細い谷が。
Stuki2 中央やや上部の谷。調査したところ、
「ヒギヌスの割れ目」という谷だそうです。
 ほどなくガスが出てきてしまい、観望会は終了であります。
 お気軽なこのような観望会の機会を増やしたいと思っています。

« パルセイロトップチーム、富山に辛勝! | トップページ | 「環水平アーク」現るの巻 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1406084/70775952

この記事へのトラックバック一覧です: 「家観望会」実行の巻:

« パルセイロトップチーム、富山に辛勝! | トップページ | 「環水平アーク」現るの巻 »