フォト
無料ブログはココログ

« 「星と自然のフェスタ2017」に参加の巻! | トップページ | ライブコンポジット in 日の出埠頭! »

2017年11月 7日 (火)

「黒斑山」登頂の巻!

 先日、11/5でありますが、秋晴れのもと、浅間山の外輪山である黒斑山(くろふやま2,404m)に挑戦いたしました。
 この日のメンバーは、
「私、最近、登山に目覚めました♡」と言い放った星のソムリエ公務員S嬢であります。どうやら、昨年、八ヶ岳山麓の高見石小屋に行くために買った登山靴を活用できていない、との理由らしいわけであります。基本的に優しい私でありますので、じゃあ、天気が良かったら、レーティング1の「黒斑山」に登ってみよう!みたいな雰囲気になり、参加を募集したところ、この日の登山は女子4名、運転手の私ということになったわけであります。
 
星のソムリエ公務員S嬢のほか、天然宙(そら)ガールC嬢パートナーラーメン大好きA嬢、のほか、初登場の、物質研究系山ガールA嬢であります。
 車を走らせ、高峰高原ホテルを目指します。が、その前のミッションとして、博物館S氏2号のS藤くんがご結婚されたので、我々有志でお祝いを贈ることになり、博物館に立ち寄ります。何故か博物館の2階の秘密の部屋から出てこないS藤くんを待つこと15分。ようやく渡すことができまして、喜んでもらいました。しかし、この15分のロスが悲劇を生むことに!!!

 秋晴れの中、セレナ号は順調に高峰高原の登山口に到着。ここは標高が約2,000mあるので気温は5℃ぐらいでしょうか。おまけに風が強い!
 それでも我々一行は元気に出発です。
 登り始めるとすぐに、美ヶ原が見えます。まさに美しい。
 
Spb053240 左には富士山も。絶好の天気に恵まれました。Spb053244 左が穂高連峰。右におなじみ槍ヶ岳が見えています。Spb053280 後方には鹿島槍ヶ岳、五竜岳。Spb053279 さらに北には焼山、火打山、妙高山!Spb053277 そして90分あまり、槍ケ鞘(やりがさや)に到着。浅間山がバカでかく見えていて圧倒されます。
Spb053315_2 平らなスペースになっていて、ほかのグループの皆さんは昼食タイム。我々も、しばし休憩、お食事タイム。
Girl
 前方には、そそり立っているというか、長年の風化に耐えている岩。ガンバレ!Spb053318 次のピーク、「トーミの頭」を望みます。Spb053319 浅間山の頂上からは、時折り、水蒸気が。Spb053322 そして絶景の
「トーミの頭」。浅間山方向は断崖絶壁なので安易に近寄らないほうが良いです。物質研究系山ガールA嬢と天然宙(そら)ガールC嬢。本格的かつカラフルであります。Spb053344 山ガールの正面画像は、とても美し過ぎてお見せできないわけでありますが、本日は特別にレトロ調の画像処理にてご開帳(笑)。Spb053373 いやいや、カラフルな山ガール!黒斑山頂上、2,404mにて。Spb053365 そして、この日は、菅平の峰の原高原で、あの「ダイヤモンド槍ヶ岳」が観測されるとあって、セレナ号を飛ばします。
 しかし・・・Ssimg_8160 わずか5分ほど「遅刻」!太陽は北アルプスの槍ヶ岳の向こうに沈んでしまっていました。残念!
 あの、S藤くんの、秘密の部屋15分がなければ、計画どおりバッチリ見えたはず!
 峰の原高原には県S協会OBのT氏3号、パートナーコーディネーターY氏、そして、長野高専の大西教授らがいらっしゃいまして、どうやら皆さん「ダイヤモンド槍ヶ岳」の撮影、うまくいったようであります。それにしても美しい夕焼けです!

 みんな頑張って登ってきました。息を飲むような絶景を見ることができました。
同行の皆さんありがとうございました!

« 「星と自然のフェスタ2017」に参加の巻! | トップページ | ライブコンポジット in 日の出埠頭! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1406084/72160915

この記事へのトラックバック一覧です: 「黒斑山」登頂の巻!:

« 「星と自然のフェスタ2017」に参加の巻! | トップページ | ライブコンポジット in 日の出埠頭! »