フォト
無料ブログはココログ

« 本日、好天に恵まれました。 | トップページ | 「きらきらクリスマス会」の巻! »

2017年12月31日 (日)

「こぐま座流星群」?の巻

 この日は12/2312月の第4土曜日ということで、1730から長野市立博物館の観望会であります。諸般の事情により、ちょっと遅れ気味に到着。
 
 観望会のあと開催される「きらきらクリスマス会」を目当てに!?メンバーも大勢いるので、ちゃっかりEM-10Ⅱでライブコンポジット撮影することに。
 しかし、博物館の前庭は、「光害」がものすごい。どうせなら天体ドームを入れて撮影したら、というどなたかの意見を採り入れ、カメラを北方向に向け、北極星を入れ、日周運動が分かるような位置にセッティング。
 この日の機材は、オリンパスEM-10ⅡにキャノンマウントのSIGMA 10mm F2.8をマウントアダプターを介しての撮影であります。とにかくピントが完全マニュアルなので、何回か撮影しては画像をチェックするという作業を繰り返し、納得いくところまで追い込みます。そして露出も何枚か撮影して確認し、ISO1600 各コマ2.0秒に設定。これ以上の露出は光害でオーバーとなります。

 この日は、確か「こぐま座流星群」の極大日付近とのことで写ったらラッキーであります。しかし、アストロアーツの説明によると、「多くても1時間あたり3~5個程度の小規模な流星群」とのことであります。
 
 そして何とか撮影にこぎつけました。
そして何枚か撮影した中の1枚に、シメシメ、3個の流星が写っておりました。ちなみに肉眼では1個も見てません(笑)。
 それがこちら。約14分相当の露出による自動比較明合成写真です。このカメラ、モニターで写っている状況が常時確認できているので、「おっ写ったゾ!」ということを確認してから、止めることができてすごく便利です。
S20171223 お分かりいただけますでしょうか?
 下の写真だとお分かりですね。

S201712232 左下にはみだしちゃってるのが一番の大物ですので拡大してみます。調べてみると、さまざまな星たちも写っていました!キレイですね!
S201712233 

« 本日、好天に恵まれました。 | トップページ | 「きらきらクリスマス会」の巻! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1406084/72584313

この記事へのトラックバック一覧です: 「こぐま座流星群」?の巻:

« 本日、好天に恵まれました。 | トップページ | 「きらきらクリスマス会」の巻! »