フォト
無料ブログはココログ

« 「ふたご座流星群、ウィルタネン彗星」撮影の巻 | トップページ | 今年最後の博物館観望会の巻 »

2018年12月30日 (日)

「さいたま市宇宙劇場」に行ってきた。

 12/21(金)、この日は大宮に出張であります。決して、休暇をとって行ってきたわけではありません。ここは、さいたま新都心。
 内緒ですが、財務省と経済産業省がコラボした説明会であります。

Sbill とにかく関東平野は天気がよくていいですね~~~。
 しかし、この日は仕事。うわ~、ダウンジャケット(厚め)を着ているのは私ぐらい!?
 固くて濃い~内容の説明を4時間ほど聞き、ほどなく17時、終了であります。 S3 駅へ向かう通路から。二日後に満月となるお月さまが出てきました。とりあえず、18時から始まる「さいたま市宇宙劇場」のプラネタリウムを見るために隣の大宮駅に向かいます。

 この日のプラネタリウムのプログラムは超ラッキー。クリスマスが近いとあって、こんな感じのプログラム。
Sgamen 一つ一つのプログラムは45分とのこと。通常の生解説のほか、クリスマス特別プログラム「星夜のクリスマスソング」が組まれているようです。倍楽しめそうです。帰りの新幹線、20時頃を予約。
 そして610円を支払い、いそいそと入場。やはり、クリスマスが近い金曜とあって、アベックならぬカップル、そして親子連れが多いですね。おっさん1人は皆無(笑)。
 
そして受付のお姉さんに、「2つのプログラムの間に休憩はありますか?」と、ちょっとトイレも心配だったので訪ねます。すると、おねいさんの表情が「???」。
 
 「あの~、今日はクリスマスが近いので特別プログラムでして・・・」
 「うん、そのとおりだね。そだね~。」
 「クリスマスソングの番組、45分やりますよ。」
 「うん、そだね~。」
 「なので、生解説番組はないんですよ。」
 「うん、そだね~?????。」
 「そうではないだろう!!!」「まさか、
ぬぬぬっ!」

 というわけで、普段の生解説の「代わり」に、クリスマス特別番組なんだとか。スマホの番組表見せて説明しても、ぜんぜん相手にしてくれません。
 たぶん、生解説要員がいないので無理は無理。
 しかし、これ、絶対におかしいでしょ!!!

 というわけで、おっさん1人で入場。
S5 ほうら、アベックが(笑)。撮影はここまで。
 
 そして番組が始まりました。寝てしまうかなあ、と思いましたが、クリスマスソングが意外と古い曲ばかりで・・・。世代を感じさせる曲ばかりで、けっこう楽しめちゃいました!!!恋人はサンタクロースとかクリスマス・イブとか。あと、司会のお姉さんの声がとても素敵でした。
 総合的に、まあまあといったところでしょうかね(笑)。

« 「ふたご座流星群、ウィルタネン彗星」撮影の巻 | トップページ | 今年最後の博物館観望会の巻 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1406084/74857713

この記事へのトラックバック一覧です: 「さいたま市宇宙劇場」に行ってきた。:

« 「ふたご座流星群、ウィルタネン彗星」撮影の巻 | トップページ | 今年最後の博物館観望会の巻 »