フォト
無料ブログはココログ

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月24日 (木)

「イプシロンロケット4号機」打ち上げ成功!の巻

 去る1月18日、革新的衛星技術実証1号機である「イプシロンロケット4号機」の打ち上げが成功しました。めでたいめでたい。
 このロケットは、「革新的衛星技術実証1号機」というらしく、どうやら7つの人工衛星が搭載されているようであります。(写真はイメージ)

Sip  そのうちの一つが、人工的に流れ星を創り出す!というベンチャー企業の人工衛星。株式会社ALE(エール)という企業。
 直径10mm程度の特殊な素材の粒をこの衛星から放出し、ある一定の範囲内に人工流れ星をつくる!という計画であります。2020年春に広島・瀬戸内地域で見られるよう、初回の放出を行うらしい。200km四方程度から見ることができる、というほどの精度で放出され、どうやらエンターテインメント的な要素が強いらしい。

 これに対し、天文ファンをはじめ違和感どころか「なんじゃそれ」的な意見がSNSで交錯しているわけであります。

 まずは、(株)ALEの説明。
https://shootingstarchallenge.com/

 そして、反対意見。
http://reflexions.jp/tenref/orig/2017/11/13/2685/

 それぞれ意見があるとは思います。(株)ALEの思いもあると思います。
 私の意見です。(株)ALEは現在のところJAXA等から技術的な支援を受けてようやく衛星の打ち上げに成功しましたが、一切、事業所得は得ていないと思われます。スポンサーに支えられているわけです。
 スポンサーが投資をする、という時点でビジネスなんですね、これは。投資して、その後、資金を回収する、というのが投資です。美しい星空や、ましてや偶然に観ることができる流れ星を投資、そしてビジネスにしてはいけませんね。一定の侵してはいけない領域があると私は思います。
 既に多額の投資がなされていますし、打ち上げちゃったので、どうか、岡島社長さん!これっきりにしてもらえませんか!
 今回のミッションで、正当化している研究の目的のすべてを成就していただき、少なくとも次号は断念して天文少女・少年に戻りましょう!

2019年1月 9日 (水)

1/6(日)、部分日食観測会の巻

 今年最初の天体イベントは1月6日(日)の部分日食でしたね。まあ、1月4日のしぶんぎ座流星群はほとんど天気に恵まれず・・・というか寒くて無理!
 
 この日午前中のscw天気予報は「どん曇り」。それでも実際は何となく雲が薄い部分もあるし、会場の長野市立博物館に向かいます。博物館に向かう途中の空はこんな感じ。

Smae_2 
 到着したのは日食が始まる8:42ピッタリ(笑)。だいたいいつものメンバーがいます。この日の私の機器と言えば久しぶりの「ポラリエ」+自作部品?にカメラを搭載。将来、(皆既)日食をまだまだ見ると思うのでいろいろ試したいわけであります。
Sjibun
 前の日の長野市民新聞には博物館S氏1号執筆の記事が。
Skiji
 以下、写真を中心にお伝えします。
S0930 空は曇りがち。セッティング後、ようやく雲間からでてきた。9:30。
S0946 9:46頃。薄い雲が常時かかっており、ときおり濃い雲が覆って見えなくなるようなコンディション。それでも、天文ファンがどんどん集まってきて50人以上お越しになっています。我々、きらきら、パートナーは11名が参加し、おもてなししています。
S1003_3 最大食あたりの10:03。
Skyokudai 皆さん、専用の日食グラスでご覧になっています。
S1006 これは別のカメラでノーフィルター、手持ちで。ちょうど、雲がフィルター代わりになり、肉眼でもよく見えます、ラッキー。10:06。
S1012 10:12。だんだん天気がよくなってきました。常時、見えている状況です。
Stouei 霧の川中島I氏はいつものとおり、太陽投影版で。わかりやすいですね。
S1116 11:16。そろそろ楽しかった日食観測も終わりに近づいてきました。
S1131 最後のカット。11:31。

 天気予報では絶望的でしたが、たまたま南方向が薄い雲ということで、ハラハラしましたが終わってみれば、ほぼ、始まりから終わりまで観測することができました。お越しになられた方々も楽しそうでした、2035年7月、ここ長野市付近でも見ることができる皆既日食が迫って?います。こうして一部始終をご覧になった方は、良い予行演習ができたのではないでしょうか。
 やっぱ、私は日食が好きです。今回もいいものを見せてもらいました。ヤッター!!!大成功!!!

2019年、今年もよろしくお願いします。

 あけましておめでとうございます。
 100万人(笑)の読者の皆さま、今年も本ブログをよろしくお願いいたします。
 まあ、天文に関することを中心に・・・?なるべくたくさん綴っていければと思っております。地域の情報や、美しい写真の紹介、AC長野パルセイロのことなども随時お届けしていきたいと思います。
 
 今年の1月元旦の朝は、快晴に恵まれましたね、ここ長野市は。

ここで???と思った方は正解です。「元旦」とは、「1月1日=元日の朝のこと」を言いますので、さきほどの文章の冒頭は間違いですね。正しくは「今年の元旦は、快晴に・・・」ですね。
 うんちくはこのぐらいにして、まさに元旦=1月1日の朝方に、近所から撮影した写真です。

1 左は笠ヶ岳、右は横手山。志賀高原の方向です。
2 長野市のシンボル、飯縄山。昨年、45年ぶりに登頂しました。
3 飯縄山の左(西)の稜線の向こうに戸隠の西岳連峰と思われる雪山が見えていました。
4 こちらは中野市方向。高社山(こうしゃさん)と長野市民病院。
5 こちらは左が根子岳、右後方のピークは四阿山。(買い物に行く途中、長野大橋付近から撮影)

 天体観測は「晴れ」が基本。今年は元旦から縁起がいいですね。特に週末やイベントの際、晴れることを大いに願っています。
 今年もどうぞよろしくお願いいたします。

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »