フォト
無料ブログはココログ

« 「臥竜公園の桜」が満開! | トップページ | 北信濃は花盛り(その2) »

2019年5月 7日 (火)

北信濃は花盛り(その1)

 皆さま、「令和」初めてのブログ更新であります。
 まさに、明けましておめでとうございます、って感じです。
 
 史上初の「10連休+改元」ということで、私は10連休してしまいましたが、特にシステム系に携わる方々に
おかれましては、大変な忙しさだった方も多いのではないでしょうか。
 そんな中ではありますが10連休の2日目、平成31年4月28日(日)、まさに曜日感覚はありませんが北信濃のいたるところから花便りが伝わってきましたので撮影してきました。

 まずは、長野市泉平(芋井地区)にある素桜神社の「神代桜」。素戔嗚尊(すさのおのみこと)がこの地で休んだとき、手に持っていた桜の杖を池辺にさしたものが大きくなったものと伝えられていて、国の天然記念物。樹齢は推定1200年。
Sp4284698
 続いて、飯綱町に向かいます。目指すは、飯綱リゾートスキー場駐車場隣接の「水芭蕉園」。
Sp4284750

 黄色い花は「リュウキンカ」。
Sp4284726

 撮影後、「水芭蕉園」の駐車場に戻ります。すると、車の窓になぜか「七色」の光が見えています。反射しているのでしょうか。車検のとき洗車してもらったのでキレイに太陽光が反射しているのかな。と思ったのですが、なんと隣の車の窓にも見えています。
 そのとき、「ピーン」ときました。空で光学現象が起きているなと。
 そして空を見上げるとこのとおり。
Sp4284759
 この日は、望遠から魚眼まですべて持って行ったので、魚眼レンズで撮影。7.5mmF2.8。
 内側が半径22°の日暈(ひがさ、にちうん)、外側が半径46°の日暈。前者を内暈、後者を外暈という場合もあるらしい。
 いずれにしても、色がこれほど濃いのはなかなか現れません。おまけに外暈と環水平アークが重なっているように認識しました。どうやら上空には氷の粒が大量に存在し暴れているようであります。ちょうど小布施町にいる「スタンプラリーコンプリートガールH嬢」からもメールが入りました。けっこう、広範囲で見られているようです。

 
Sp4284769
 環水平アークの部分。きれいな七色であります。

 この足で、飯綱町が誇る「大山桜」に向かいます。
Sp4284795
 ちょっと逆光なので分かりづらいかもしれませんが、環水平アークが見えています。
 今回は「その1」というわけでこのくらいにしておきます。このあとは小布施町、須坂市に満開を求めて移動します。

« 「臥竜公園の桜」が満開! | トップページ | 北信濃は花盛り(その2) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「臥竜公園の桜」が満開! | トップページ | 北信濃は花盛り(その2) »