フォト
無料ブログはココログ

« 「天文はじめてシリーズ」開催の巻 | トップページ | 「人工流れ星」計画がお流れに!? »

2019年8月21日 (水)

長野市民新聞に掲載されました!

   先週の8月15日(木)でありますが、夏はやっぱり星を見る季節ということで、長野市民新聞が特集を組んでくださいまして、そこに我々の活動や関係者の記事が大々的に報道されました!なんと、2ページ「ぶちぬき」(笑)であります。長野市民新聞さん、やってくれました!!!
 長野市民新聞は、長野地域の市民の身近なニュースをもれなくお伝えする地域紙。「市民が作る市民の新聞」という独自の編集方針。であります!!!

ありがとう、可愛らしいY記者!!!それがこちら!!!。
S11 
 上には長野市のお隣、小川村の小川天文台の紹介が。右下は、おなじみ、長野市立博物館のプラネタリウムの紹介です。左が霧の川中島I氏による初心者へのアドバイスと我々きらきらの活動紹介。ちなみにアンドロメダ大星雲の写真は私の提供です。ぶちぬきのもう1ページ がこちら。
S2_20190821211401 
 まずは有名人の大西先生が「長野県は宇宙県」をPR。そして博物館S氏2号による夏の星の解説。
 我々メンバーは、このように地域に根ざした活動を継続してまいりたいと考えております。よろしくお願いいたします!!!。 
 

« 「天文はじめてシリーズ」開催の巻 | トップページ | 「人工流れ星」計画がお流れに!? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「天文はじめてシリーズ」開催の巻 | トップページ | 「人工流れ星」計画がお流れに!? »