フォト
無料ブログはココログ

« 第3回長野県星空継続観察ミーティング開催の巻 | トップページ | 長野市民新聞に掲載されました! »

2019年8月19日 (月)

「天文はじめてシリーズ」開催の巻

 前回記事の「第3回長野県星空継続観察ミーティング」と同日の8月10日の夕方、「天文はじめてシリーズ」が開催されました。このシリーズは、ながはくパートナーが天文の楽しさをお伝えする初心者向け天文講座で今年は3回予定されています。今回のテーマは『眠っている望遠鏡を使ってみませんか』(お家で眠っている望遠鏡があれば、この機会にぜひ使ってみましょう!)であります。
 詳しくは長野市立博物館のHPを参照してください。いろいろやってます。
 https://www.city.nagano.nagano.jp/museum/planetarium/index.html

 この日は暑い暑い。ミーティングは13時ごろ終了し、「天文はじめてシリーズ」 が始まる夕方までの数時間、私とパートナーコーディネーターY氏は長野市立博物館近くのラーメン店で昼食をすませた後、近所のホームセンターやスーパーに「涼」を求めウロウロ(笑)。最近のスーパーマーケットはイートインがあって具合いいですね。

 そして、17時過ぎに博物館に戻ります。実は、私の勤務する会社の後輩が、まさに「 眠っている望遠鏡 」を持ってくる予定となっていたわけであります。といいますか、あらかじめ依頼をしておいたわけであります。
 そして彼がお子さま2二人を連れてお越しになりました。
 どうやら彼のお兄さんが愛用していたモノらしく、実家の4階から重いモノをおろして持ってきてくれました。重厚なピラー脚は重い重い、赤道儀も何とか動きそう。鏡筒はかなりホコリ感がありますが10cmF10でしょう。ミザール製であります。それがこちら。
Smiya
 ほぼ部品がそろっていたこともあり、組み立て完了。アイピースのホコリも何とか拭って「セカンドファーストライト!」。ちょうどこの日は月齢8.5の月が南東方向に上がってきており早速導入・・・しようと思いましたが、ファインダーが欠落。しかし何とか手動で導入に成功、子供たちは大喜びであります。(以上、予行練習(笑))
 Sp8105916
 その後、暗くなり 本番のイベントの様子。一番左がさきほどのミザール製望遠鏡。ファインダーが無いながら周囲の人が協力し合って木星と土星の導入にも成功!お子さまはもちろん、後輩もビックリ仰天でありました。導入時の体制が悪く、私の膝と腰はガクガクになりましたが、実際に月、惑星を見ることができ、後輩家族に喜んでもらえました!!!天体を見ることができた、ということと、望遠鏡を捨てなくてよかったということ。教育にとても良い!!!と思いました!!!
 Sp8105920
 南の空が少しずつ曇るころ終了となりました。いい企画でしたので、また開催して欲しいですね。おわり。

« 第3回長野県星空継続観察ミーティング開催の巻 | トップページ | 長野市民新聞に掲載されました! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第3回長野県星空継続観察ミーティング開催の巻 | トップページ | 長野市民新聞に掲載されました! »