フォト
無料ブログはココログ

« 恒例の「胎内星まつり」に今年も参戦の巻(その2) | トップページ | 「きらきら定例会」開催の巻(その2) »

2019年10月31日 (木)

「きらきら定例会」開催の巻

 お久しぶりでございます。更新が大幅に遅れております。
 私こと、85才になる父親が9月中旬に文字どおり「ひっくり返って」しまい、闘病生活を
余儀なくされてしまいました。おかげさまで、リハビリ生活となりましたが概ね順調です。
 
 それはさておき、先日、10月26日(土)に、恒例のきらきら定例会が開催されました。
 今回のテーマは「天文現象で振り返る平成の30年」!講師は元博物館長O氏。
 それでは始まり始まり。
Spa266298 
 始まりました。
Spa266302
 これは平成1年12月2日の金星食の写真。あれっ、これ記憶がない。
Spa266303
 平成2年4月24日には、ハッブル宇宙望遠鏡が打ち上げられました。
 当初はピンボケでしたが、修復後はご承知のとおり、大活躍!
Spa266305
 続いて平成6年7月には、木星に彗星が飲み込まれる!という衝撃的な
出来事が。うわ~、このあたりから私の心の潜在的だった天文分野への
興味が顕在化していったように記憶しています。この1カ月前にビクセンの
GP赤道儀+反射望遠鏡を購入しました。晴れるたび、ベランダに望遠鏡を
設置し、観測?というレベルではなかったかもしれませんが、楽しんで
おりました。息子が3歳、娘が1歳ぐらいの感じですかね。

今回はこのくらいにしておきます。第2弾をお楽しみに。それにしても
O氏の話はおもろい。

« 恒例の「胎内星まつり」に今年も参戦の巻(その2) | トップページ | 「きらきら定例会」開催の巻(その2) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 恒例の「胎内星まつり」に今年も参戦の巻(その2) | トップページ | 「きらきら定例会」開催の巻(その2) »