フォト
無料ブログはココログ

« 「きらきら定例会」開催の巻(その3) | トップページ | きらきら忘年会兼祝賀会開催の巻 »

2019年11月 6日 (水)

台風19号の被害状況について

 先月、10月12日~13日にかけて、長野県は台風19号により甚大な被害を受けました。多くの皆さまからご心配をいただき本当にありがとうございます。本ブログの主旨とは異なりますが、現状を手短かに報告させていただきます。
 Spa206264
 これは長野市穂保(ほやす)地区、国道18号線(通称:アップルライン)。1週間後の10月20日に撮影したものです。無造作にひっくり返った車が放置されています。
Spa206262
  泥が数十センチ以上。
Spa206268
 このレストラン、そして駐車場は大変なことに。
Spa206291
 右に見えているのは北陸新幹線の高架ですが、赤沼地区のりんご畑は壊滅的でした。
Spa206283
 最後に、こちらは赤沼地区にある「洪水水位標」。これは看板にあるとおり、『何世代にもわたる千曲川の氾らんによる「人と水との戦い」の歴史の中で、洪水に対する先人の苦労を偲び、昭和16年8月に深瀬武助氏が私費で建設したものです。』とのこと。
 おそらく、今回の洪水で水に浸かったのは、写真の絡まっている「わら」の高さ以上と推定されますので、1847年(弘化4年)の洪水とほぼ同様の高さまで冠水したようです。この1847年の洪水は今回のような大雨でなく、善光寺地震により現在の長野市信州新町で犀川が土砂崩れでせきとめられ、14日後に決壊し長野盆地を洪水が襲ったときの水位だと思われます。
 写真はこのくらいにしておきますが、我が家の先約1kmまで浸水しておりますので、とても他人事ではありません。当日は何回も確認しに行きました。
 本当に、全国からボランティアの方がお越しくださり、着実に復興しています。ありがたい限りです。以上、本ブログにおいてもっと惨状を伝えるべきか分かりませんのでこのへんにしておきます。まだまだボランティアが不足しているらしいので、近々参加しようと思っています。

« 「きらきら定例会」開催の巻(その3) | トップページ | きらきら忘年会兼祝賀会開催の巻 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「きらきら定例会」開催の巻(その3) | トップページ | きらきら忘年会兼祝賀会開催の巻 »